fc2ブログ

『タイチョウ』

都内のとあるシャッターの閉められたお店に何やら貼り紙が一枚
タイチョウ01
近寄ってみると『体調が悪くて』お休みのご様子、ただ揚げ足取りではないのですが『体調』と書くべき場所が体の大きさをしめす『体長』と書かれています
タイチョウ02
さらによく見てみると『長』の隣に『調』の文字、ご主人が後から訂正したのか?筆跡が違うので気がついた人がわざわざ書き加えたのか?(だとしたらまた面白く)とにかく店主の方、お大事にしてください

飛騨高山で見かけたモノ

岐阜県高山市、飛騨高山の街を歩いていて見かけたものいろいろ。こちらは古い町並み地区の
お店のひとつ、いつもは店舗などの写真は控えるのですが、あまりにかわいらしかったので撮影
飛騨高山で見かけたもの01
さるぼぼ」はサルの赤ちゃんですが「ウサギ」をさるぼぼ風に
飛騨高山で見かけたもの04 飛騨高山で見かけたもの03
のれんから足元のウサギの像までいろいろ楽しませてくれるお店でした

古い町並み地区から少し離れた街角に立っていた銅像、
勇壮なコイに乗った童子をかたどったものですが、どこかでみたような顔つき
飛騨高山で見かけたもの02
以前、奈良県、平城京遷都PRマスコットキャラクターとして何かと話題をふりまいた
「せんとくん」をデザインした籔内佐斗司(やぶうちさとし)さんの作品「琴高童子」像
飛騨高山で見かけたもの05 飛騨高山で見かけたもの06
高山の街で出会うとはちょっと意外です。ちなみに隣には「水吹童子」という作品も

市内を流れる宮川にかかる橋の欄干にはこんな強烈な個性をはなつ奇妙な銅像。
飛騨高山で見かけたもの08
川上、川下の左右向かい合ってたつ「足長像」と「手長像」
飛騨高山で見かけたもの07
妖怪変化のたぐいなのかと思っていましたが説明書きによればもともとは
日本神話の神様を具象化彫刻したのもだそうです

高山市観光情報
http://www.hida.jp/


大雪翌日の風景

東京都内に記録的な大雪が降った翌日、都内近郊を散策して見かけた風景
大雪の翌日07
ふだんなら人の多い公園もこの日ばかりは出歩く人も少なく、園内の歩道は
まだ雪に覆われていました。そのぶん、雪の積もり具合がわかるでしょうか?
大雪の翌日01 大雪の翌日02
同じく公園のベンチに積もっている雪。まるでカマボコみたいに積もっています
大雪の翌日05
住宅地や商業地などでは懸命に雪かきをしている姿もみたので
物見遊山で撮影するのは悪いと思いまして撮影はしていません
大雪の翌日03 大雪の翌日04
でもお店住宅の前にはこんな大きな雪だるまが作られていました
大雪の翌日06
雪の多い地方の人には当たり前の光景かもしれませんがめったに降らない
都内近郊での大雪、翌日の光景は(ケガや事故などの被害にあわれた方にはお気の毒ですが)
オトナもコドモも町の表情も、なかなか興味深いものがありました


東京スカイツリーとフユザクラ

墨田区のとある場所、フユザクラ越しに東京スカイツリーが見えました
スカイツリーと冬桜01
すぐ近くには言問団子長命寺桜餅お店もあり、毎年この時期になると
咲いているので場所を聞いただけで知っている人にはわかることでしょう
スカイツリーと冬桜04 スカイツリーと冬桜06
ここの風景は何度か撮影しているのですが、何度撮影していても飽きません
スカイツリーと冬桜02
ソメイヨシノとは違い小さく清楚な花びら。2本ならんで咲いていますが
品種が違うのでしょうか?一本は見事に満開に咲いていますが、一方はちょぼちょぼ。
スカイツリーと冬桜05 スカイツリーと冬桜07
ボリュームがあるとは言い難いですがこれが春に咲くサクラたちとは違った味わいがあります
スカイツリーと冬桜03
もう数か月もするとすぐ近くの隅田川沿いの桜並木のソメイヨシノたちが
咲き始めるのでしょうけど、寒い季節を彩る風物詩です


KITTEと屋上庭園からの眺望【曇天】

JR東京駅付近に行ったのですぐ近くの商業施設「KITTEキッテ)」に足を運んでみました
なお見物、撮影した時期は6月下旬でして、掲載日にズレがありますのでご了承願います
KITTEの眺望01 KITTEの眺望02
東京中央郵便局を改装してつくられた商業施設、オープンからだいぶ経っていたので
落ち着いた頃と思っていましたが、自分が訪れたときはランチタイムということもあり
レストラン街には長い行列、他のテナントにも入れ替わり立ち代わりお客さんがいました
KITTEの眺望03
吹き抜けに飾られた飾りがとても涼しげで他の人やお店が入らないように撮影
6月だったので、広告がまだ「初夏(SHOKA)」と書かれています(たぶん7月なので変わっているでしょう
KITTEの眺望04 KITTEの眺望05
こちらは旧局長室。木造のつくりで当時の面影を残しています。
内部は資料館のようになっており正面には改装された東京駅駅舎が目の間に。
さてここから人波につられて屋上にいくと、屋上庭園にでます
KITTEの眺望07
ここからは東京駅駅舎およびその周辺まで一望できます。
KITTEの眺望10 KITTEの眺望09
何度も言いますが、6月下旬だったのでまだ梅雨っぽい曇り空。
晴れていれば素晴らしい眺望なのでしょうけど・・・悔やまれます
KITTEの眺望08
ぐるりと見渡すと、ちょうど駅に在来線と新幹線が入ってきていました。
向うからもこっちが見えるのかな?今度確認してみたいと思います
KITTEの眺望11 KITTEの眺望12
KITTE自体も個人的興味のあるお店もありましたので
また機会があれば訪れてみたいと思いました

KITTE
http://jptower-kitte.jp/