fc2ブログ

雨の開業、高輪ゲートウェイ駅

2020年3月14日、山手線30番目の駅として開業した高輪ゲートウェイ駅
高輪ゲートウェイ駅01
当日はネットやテレビなど各メディアに紹介されてご存じの方も多いはず。営業開始日の高輪ゲートウェイ駅周辺は真冬のような寒さに冷たい雨が降っている日
高輪ゲートウェイ駅02 高輪ゲートウェイ駅03
それでも新しい駅を見ようと多くの見物客、鉄道ファンの人が集結、左上写真の行列は当日の「きっぷ」を買うために並んでいる人たち、待ち時間180分って・・・東京から大阪まで行けますね
高輪ゲートウェイ駅04
すでに(鉄分の多い)利用者が駅構内から行き先版案内などありとあらゆる場所をSNSなどで紹介してますが、自分は気合は入ってないので駅構内には入らず改札周辺をさらっと見物しただけ
高輪ゲートウェイ駅05 200315_006m.jpg
天気がよく感染症の危険性がなかったらもっと構内、プラットホームに多く人が集まっていたのかな・・と思うと天気があまりよくない日の開業というのはよかったのかも、とか思ったり

駅の情報(高輪ゲートウェイ駅)
https://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=1750

雨の開業「とうきょうスカイツリー駅」

2012年3月17日に東武線「業平橋」が2012年5月に開業する
東京の新名所「東京スカイツリー」に合わせ、「とうきょうスカイツリー改名
とうきょうスカイツリー07
この日はあいにくの。都内でも時折強く降るほどの悪天候でしたが周辺には
多くの見物客、カメラマンや新駅名の記念に乗車券、切符を買おうと長い行列ができていました
自分もほしかったのですが、きっぷ買うのにアノ長蛇の列をみるとちょっと・・改札はSuicaで通過しておきました
とうきょうスカイツリー05 とうきょうスカイツリー02
プラットホームや周辺の都バスの停留所などもすっかり「とうきょうスカイツリー」に改名
東京スカイツリー」のお膝元なのにひらがなで「とうきょうスカイツリー」って表記なのもご愛嬌でしょうか
とうきょうスカイツリー10
改名しましたが、駅舎はまだ工事しているようで一部工事中、立ち入り禁止の場所もあります
撮影途中、東武バスの土日運行のバスを発見。都バスで「業平橋駅経由」と書かれていたのが
「とうきょうスカイツリー駅経由」と変更されているのを見かけました(都バスは撮影できず)
とうきょうスカイツリー06 とうきょうスカイツリー01
ちなみにこちらが旧駅名になっていた「業平橋」。とても小さな橋で下は一応水は流れていますが
公園として整備されています。観光名所の誕生で安易に歴史ある駅名を消滅させたと
否定的な意見をいう方もいるかとは思いますが、これも世の流れなんでしょうね
とうきょうスカイツリー09
こちらは業平橋の下ではありませんが、駅すぐ近くの「北十間川」でみかけた野鳥
とうきょうスカイツリー03 とうきょうスカイツリー04
まったくスカイツリーとは関係ないのですが一本足で立っており、羽毛がにぬれてグッショリ。
身体の形状からサギの仲間の子ども、幼鳥なのでしょうか?なぜか偶然見かけてボケボケですが撮影
とうきょうスカイツリー11
なお、少し隣で発見したお子様が「ママー!なんかいるよー、トリー?でも一本足で立ってる、ちがうかなー」
と声を上げていましたが、お母さん気づいてあげて無かったみたいデス
とうきょうスカイツリー08
ではてっぺんまで見えない「東京スカイツリー」でしたが(こちらは同日、言問橋で撮影)
駅同様、ツリーの開業も待ち遠しいものです

東武鉄道ポータルサイト
http://www.tobu.co.jp/

鉄道の日記念きっぷの旅【新潟その3】

鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷで訪れた新潟新潟市内、
駅前でレンタサイクルを借りて萬代橋(ばんだいばし)を渡り新潟タウン市街地から
北端の河口付近までで移動、入船みなとタワーという場所につきました
入船みなとタワー
立派な建物で施設内部は無料ということで自分も入っていました
みなとタワー 微妙な施設?
ちらほら観覧されている方もいるのですが、1階付近のようすから正直にぎわっているという印象はありません。
建物上部には展望施設もあり、日本海、新潟港付近が一望できるのでそちらには人もっといたのかな

この施設の真下には「新潟みなとトンネル」という、信濃川の川底(海底)をはしる地下通路があります。
トンネル 地下道
建物から直接エレベーターで乗り降りすることもでき、さらに自転車もOKということで
降りて走ってみたのですが全長数キロという地下歩道は圧巻です
(全長は3.3kmでトンネル部のみは1,423m)

散歩されている歩行者、ちょっとペースをあげてジョギング、ランニングされている方など
写真にはおさめていませんが、結構いらっしゃいます。地上の施設よりもいるかな・・
海底トンネル
なだらかな傾斜があるため、自転車だとかなりの速度が出る箇所もあるので
スピードがですぎないように調整がなかなか難しかったです

地下道を抜けると新潟西港付近にでます。このまま引き返すこともできますし、
もう一本すぐ脇に同じようなトンネルがあるので、帰りはこちらを走ることに。
入り口 トンネル出口

対岸には前述の入船みなとタワーと同じような山の手みなとタワーという施設がありますが、
「同じような施設だろう」と思い、見学していませんでした
でも実はちょっと違いがあるそうだたったので、次回見学ですね


Welcome to Niigata City 新潟市の観光案内
http://www.nvcb.or.jp/

国土交通省 北陸地方整備局/新潟港湾・空港整備事務所
http://www.niigata.pa.hrr.mlit.go.jp/index.html

鉄道の日記念きっぷの旅【新潟その2】

鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」で訪れた新潟新潟市内、
駅前でレンタサイクルを借りて萬代橋(ばんだいばし)を渡り新潟タウンへ。

多くの商業ビルが立ち並び、活気ある商店街が数多くある新潟タウン
町を自転車で走っているとこんなレトロな建物を見かけました。
歴史ある建物
ガイドブックでちゃんと確認しておらず民家、個人のお宅だったのか?わかりませんが
レンガ造りのカベには歴史を感じさせてくれます

さらに信濃川の河口付近まで足を伸ばしてみると、
重要文化財、日本開港5港のうち現存する旧新潟税関庁舎
旧新潟税関庁舎
すぐ近くにある新潟市歴史博物館みなとぴあ
みなとぴあ
港町新潟の歴史文化が展示されており、敷地内も散策可能です。
歴史博物館 歴史博物館みなとぴあ
とても綺麗な芝生だったので、実際散策している人が数名いらしたので
写真はひかえさせていただきました


Welcome to Niigata City 新潟市の観光案内
http://www.nvcb.or.jp/

鉄道の日記念きっぷの旅【新潟その1】

10月14日の「鉄道の日」を記念して毎年「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」(¥9180)という切符が発売されます。期間限定で3回(3日)分、JRの普通列車が乗り放題という「青春18きっぷ」と似たようなシステムですが、期間がこちらのほうが短くなっています(今年は平成22年10月2日~平成22年10月17日)

この切符を利用して一泊二日の旅として「東京」から「新潟」まで行って来ました。
都内を始発で出発して、正午近くに新潟に到着、天気予報では雨の予報でしたが、
現地に到着してみると曇り空に時折晴れ間が見える天気
当初、新潟市郊外で行われるイベントを見学しようかと思っていたのですが
現地で再確認してみると新潟駅からバスで1時間かかり、さらにバスの出発時刻を考えると
開催場所に到着してもイベント終了時刻間近になってしまうので、急遽予定を変更
レンタサイクルを借りて新潟市市街地を観光することにしました

まず訪れたのは観光スポットのひとつ、新潟県新潟市中央区の信濃川に架かる萬代橋万代橋ばんだいばし)。
曇り空 曇天
天気が悪く今にも泣き出しそうな空模様。
礎 バンダイバシ
案の定この後、雨に降られたのですが

そのあと一挙に天気が回復。前述の写真から1時間後に訪れるとこのような光景が広がっていました。
萬代橋
さらに、雨上がりということでが見えました写真ではちょっとわかりづらくてスミマセン
虹と萬代橋
ほんの数時間のうちにまるで雰囲気が違う風景が味わえてちょっと得した気分です
ばんだいばし
新潟市内観光続きます。


Welcome to Niigata City 新潟市の観光案内
http://www.nvcb.or.jp/