fc2ブログ

【九州旅行】平和台公園

夏休みを利用して訪れた宮崎県宮崎市内、レンタル自転車での移動での観光。
宮崎駅前を出発し、宮崎神宮を廻って平和台公園へ。

途中、雨に降られたりかんかん照りにあったりと不安定な天候でしたが、
やっとこ小高い丘にある公園に到着すると・・って階段ですか
階段 平和の塔
階段を上りきると目の前に広がるのは日本、海外ともつかない不思議な光景。
平和台公園
もう少し天気がよければ最高だったのですが晴れたら晴れたで暑いですし考えものです
ただ光の加減で写真がうまく撮影できていないのが残念です

一際目立つ、中央に聳え立つ現在は「平和の」といわれている、正式名称は八紘之基柱(あめつちのもとはしら)。
近代史に詳しい方ならばこのに刻まれた「八鉱一宇」が何を意味していたかというのをご存知だと思います
八鉱一宇の塔 公園
本来は『日本書紀』の一説による言葉ですが、かつて日本が大日本帝国として、
この言葉のもとに他国への戦争を引き起こしていたという歴史があるのです。
日本が敗戦した第二次大戦後、「八鉱一宇」の文字を削除し、の四方にいた「荒御魂」、「和御魂」
「幸御魂」、「奇御魂」の信楽焼のひとつ「荒御魂」を撤去し、その後荒廃が続いたそうです。

現在は整備され、戦中のきなくささなどミジンもない
宮崎県の観光名所のひとつにもなっているほど、のどかな公園のオブジェと化しています。
平和の塔
過去にとらわれることなく、純粋に巨大な石柱とあたりに広がる緑の芝生という
この雄大な光景をみると息をのむことでしょう。まわりにはこんなほのぼのとした
ハニワ(ハニ丸、ひんべえ・・)や、とってつけたような白いハト(仕込みでしょうか?)がいましたし。
はにわ ハト
時間の関係上ほとんど観光らしい観光ができずにたちさってしまった
公園ですが施設内には”はにわ園”など見所もあったようです

宮崎県 平和台公園
http://www.heiwadai-bunkakoen.info/

益子のハニワとカッパ

陶器、焼物の町として知られる栃木益子で見かけたちょっと気になったお店。
ハニワ
店頭に埴輪ハニワはにわ・・・・・
はにわ
ハニワって焼き物だけど??益子焼ハニワ?とかいろんなことを考えましたが
とくに看板下のハニワたちが可愛らしく思わずカメラを向けて撮影してしまいました

益子駅と中心街とを結ぶ道路の途中でみかけた単に「かっぱ」と書かれたお店。
かっぱ
陶器のお店なのか?小料理屋さんのようにもみえなくありませんが・・
間口もちいさくあまりじっくり撮影しているとご迷惑かと思い、
即座に目に付いたカッパたちをいそいそと撮影。
リアルかっぱ
こちらの河童さんたちはリアル、生々しいですがポーズが滑稽です

エロかっぱ
入り口付近にいた裸体、裸像のエロちぃママカッパ、足元にチビかっぱが引っ付いてます。
陶器、焼き物でできた芸術品ってことでアダルト、18禁なんていわないで(笑
ママカッパに目が言ってしまいますが、同写真左側の肌色した河童も愛嬌ある顔してます

雪も降っており、時間もあまりなかったため
両方の店とも、内部には入っていないので具体的な場所は記載しませんが
現地で街散策のひとつと思って確認してください(有名なのかも知れませんが)



益子町観光協会のホームページです
http://www.mashiko-kankou.org/