fc2ブログ

午年なので馬事公苑

2014年は午年うまどし)ということで、都内で気軽にウマに出合えるといえば(?!)
世田谷区の「馬事公苑」(だけじゃないんですけど...)。なお撮影は2013年の年末
午年なので馬事公苑10 午年なので馬事公苑11
年末でしたがすでにお正月の門松や正月飾りなどが飾られていました
午年なので馬事公苑05
ちょうど苑内では実習生の方々でしょうか?メインアリーナで乗馬
練習をしており、ずらりとにまたがった姿は凛々しいものを感じました
午年なので馬事公苑07 午年なので馬事公苑06
となりの馬場でも一頭だけで、最初は緩めだったのを徐々に早めながら
走りの練習を行ってしました。それにしても正面からカメラでとらえると迫力あります
午年なので馬事公苑02
何度か訪れたことがある馬事公苑ですが、時間の関係でしょうか?
このような練習光景はみたことがなかったのでこの日は偶然でしたがラッキーでした
午年なので馬事公苑03
ほかにもビデオやカメラを構えている人、単に眺めている人など馬の走っている姿を
見に来てくる見物客の方は多いようです(たんなる近所の人が散歩にもきてますけど
午年なので馬事公苑08 午年なので馬事公苑09
こちらは馬舎。中に入ることはできませんが柵越しに馬たちの様子が観察できました
午年なので馬事公苑04
アリーナにいたサラブレッドとは違う品種のウマのようで、愛嬌ある姿をしたかわいらしいです
すぐ近くにも撮影しづらいところにいたのは見た目すぐにポニーとわかる子もいたのですが
午年なので馬事公苑15 午年なので馬事公苑14
ちなみに施設内には実際のウマいがいにも馬をかたどったモニュメントなどを見かけます
午年なので馬事公苑01
植木や水飲み場もウマの形。こんな標識もほかでは見ることはありませんね
午年なので馬事公苑13 午年なので馬事公苑12
春は桜の花でも有名な馬事公苑ですが冬の時期は茶色く色づいた
葉っぱがや葉っぱも残っていない枝でいささか寂しい気もしますが、
これはこれでまた風情があり、この中でもいろいろ見かけることができましたし

馬事公苑ホームページ - JRA
http://www.jra.go.jp/bajikouen/

ウマとサクラ

2013年3月最後の週末、東京は寒の戻りで肌寒い日、
そのかわり1週間前に満開を迎えたソメイヨシノなどサクラは散らずに残ってしました
馬と桜01
撮影場所は世田谷区、馬事公苑、この日は出店などもでていて「まつり」のイベントが開催。
馬と桜07 馬と桜06
そのため多くの親子連れなどの見物客が敷地内を散策していました
馬と桜03
並木の多い場所ではシートを広げてお見をしている方々もいましたけど・・ちょっと寒そうです。
馬と桜02
第18回オリンピック東京大会の馬場馬術競技会場であった馬事公苑ということで
ウマも飼育されており訪れた日には3頭が一般に放牧されていました(ほかのは馬舎にいるようです)
馬と桜9 馬と桜10
触れ合うことはできませんが、普段なかなか身近な動物ではないためみなさんカメラを向けて撮影しています
馬と桜04
馬たちの周囲にはサクラびらが舞い散ってますが、エサに夢中であまり気にしていないようです
馬と桜05 馬と桜08
例年なら3月も終わりのころになれば穏やかなお見日和にもなっていたのでしょうけど天気が残念でした。
でも園内のサクラ見ごろで馬たちも見ることができなかなか楽しいイベントでした

馬事公苑ホームページ
http://www.jra.go.jp/bajikouen/

【青春18きっぷの旅】金刀比羅宮の境内

期間限定でJR普通列車乗り放題の「青春18きっぷ」を利用して訪れた
四国・香川県仲多度郡琴平町の讃岐の金刀比羅宮(ことひらぐう)、こんぴらさま境内でみつけたモノ

境内では神事の際に使われる神として厩(うまや)が設けられており
実際のが飼育されていましたが、なかなかこちらを向いてくれません
馬 うま
参拝者のなかには、どうにか撮影しようとずっとそこを動かない人もいましたけど撮影できたのかな

の飼養小屋のすぐ近くには巨大なプロペラがありました。
巨大なプロペラ
海上交通の守り神として船の安全を図るためでしょうか?ちなみにこの日、
海上自衛隊の方々でしょうか?制服に身を包んだ青年達が参拝していました

こちらはウマの銅像(銅)。絵殿(絵馬堂)には宇宙船?いえ航海安全祈願のためにソーラー自動車(だったかな?)が奉納されています
ウマの銅像 宇宙船?
またゾウの銅像なんてのもありました
ゾウ

旭社の建物も横からみると、○に”金”の文字が描かれています
旭社の屋根 旭社 
さらによく見ると屋根の裏にもうずまき模様のようなものが描かれていました
文様


金刀比羅宮
http://www.konpira.or.jp

足立区で動物とふれあう

0719-024.jpg

東武鉄道竹ノ塚駅から徒歩5分、
足立区保木間の元渕江公園内の足立区生物園。
※注意)記事には昆両生類の写真があります。

建物屋外には、草花が生い茂るとんぼ池の周りに
自然の生物、水辺の動物が観察できる多自然型庭園
0719-018m.jpg 0719-017m.jpg
実際に水辺の葉っぱの上にシジミチョウの仲間がとまっていました
池を覗いてみると、オタマジャクシ、別のところにはザリガニもいます
0719-019m.jpg 0719-020m.jpg

子供、親子づれに人気なのは「ふれあいコーナー」。
時間帯によってモルモットを抱くこともできるそうです。
ホントウは09/07/16から上野動物園から世界最小のウマ
ミゼットホースがやってきていたそうですが、あえずじまい。
0719-025m.jpg 0719-026m.jpg
ミニブタとケヅメリクガメ(?)


また、放鳥園はその名の通り、
数種類の鳥が放たれた展示施設なのですが
あまり活発に動いている鳥もなく静かだなぁと思ったら・・・
足元にこんなのがいたー
0719-022.jpg
ホオジロカンムリヅルだそうです
0719-023m.jpg 0719-021m.jpg



さらに屋外端っこのほうにはカブトムシの小屋もあります、
気が付いたら見つけてください。
0719-016m.jpg


足立区生物園
http://www.adachi.ne.jp/users/seibutu/


にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 路上観察へ blogram投票ボタン


渋谷で馬と戯る

0516-047.jpg

渋谷区、明治神宮のすぐちかくにある東京乗馬倶楽部、代々木ポニー公園
都会のど真ん中、まるで郊外の牧場にでもいるかのように
ウマポニーがいます

0516-043m.jpg 0516-045m.jpg
0516-044m.jpg 0516-042m.jpg

自分が訪れたときには、食事中で



って
ずーーーっと食べてる写真しかないよ

0516-046.jpg

一般に無料公開されているポニー公園では
時間によって4歳以下の子供を対象に
ポニー乗馬などもできるそうです(限定8組)
ほかにもウマポニーとふれあうイベントも行われています詳しくはHP。
http://www.tokyo-rc.or.jp/
それでもただ眺めているだけでもなんだか癒されます
このときもベンチに座っているだけの人、写生をしている人もいたりとのどかな風景をみることできました

なお、乗馬場は写真撮影が禁止、ポニー公園もフラッシュ撮影は禁止されているのでご注意を

東京乗馬クラブ
http://www.tokyo-rc.or.jp/

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 路上観察へ