fc2ブログ

エゴノキの実ぷらり

雑木林に育った見上げるほどの高木
エゴノキの実01 エゴノキの実02
枝先にぷらりと無数の球体の実がついています。果実の形状からエゴノキですね
エゴノキの実03
見た目サクランボのようで美味しそうにもみえなくありませんが果皮にエゴサポニンという有毒物質が含まれているそうで、誤飲したりすると胃の粘膜をやられるという話も


曇天のエゴノキ

空一面厚い雲におおわれた梅雨のような天気の5月のとある日
曇天のエゴノキ01
公園でたくさんの白い花をつけた背の高い樹木、エゴノキを発見
曇天のエゴノキ02 曇天のエゴノキ03
チューリップを逆さまにしたような花びらに黄色いメシベが特徴的
曇天のエゴノキ04
背景が白いため写真的には見栄えが悪いですが愛らしい花に出会えたことに感謝

薄緑色の木の実

公園の雑木林、葉っぱの間に目を引く丸い木の実が付いていたのでカメラを構えて撮影
薄緑色の木の実01
天気はあいにくだったのですが丸くて緑。というよりも薄い淡い色をした実がたくさん
薄緑色の木の実02 薄緑色の木の実03
まだ若い実なのでしょうけど、なんだかサクランボウみたくて可愛らしくもみえます
薄緑色の木の実04
後日確認してみると「エゴノキ(野茉莉)」の成熟前の実かな?もしエゴノキだとすれば
おいしそうに見えても皮にエゴサポニンという成分があり、口にいれると「えぐみ」を
感じるとか、ちなみに名前の由来はこのエグさからだとか・・

ハクウンボクの木の実

公園の木々の観察していたら鈴生りに実のつけた樹木を発見。名前を確認するとハクウンボク
ハクウンボクの木の実01
あたりを見まわしてみるとブドウの房のように枝から垂れさがって、いくつもの実をつけています
エゴノキの仲間ですが下に伸びて実が付くのが白雲木の特徴のようです
ハクウンボクの木の実04 ハクウンボクの木の実03
しかも形が真ん丸とも角ばっているとも言い難い、どこかドングリのようなものを彷彿させます
秋になると熟すそうなのでまだ夏の間は若い実。といったところでしょうかね
ハクウンボクの木の実02
ちなみにこちらは1つだけの実?いやすでにほかの実が生っていた形跡もあるので
単に落ちてしまったのでしょうかね。他の枝の果実たちはさながら小さな生き物か
妖精が集まっているように賑やかそうなので、ちょっと寂しそうにも感じます