fc2ブログ

ピーンと甲羅干し

樹木に覆われた木陰の、倒木のような場所になにやら気配を感じ撮影
ピーンと甲羅干し01
写真をズームしてみるとどうやらカメ、ミシシッピアカミミガメが甲羅干しをしている模様
ピーンと甲羅干し02 ピーンと甲羅干し03
拡大してわかりづらくなってしまいましたが、足をピーンと延ばして全身に日光を浴びてました


心字池の鏡面世界

何度も訪れている日比谷公園、冬のとある日に心字池の近くを通ると吊されたの植木を含めて風景が鏡のように水面に映しこまれていました
心字池の鏡面世界01
逆さ富士などいった珍しい光景というほどではありませんがちょっと興味深く
心字池の鏡面世界02
それにしてもこの時は、『本格的なの降らない東京では装飾程度のつり』
心字池の鏡面世界03 心字池の鏡面世界04
と思っていましたが、1月初旬に都内としてはまとまったが降ったのでこの吊も活躍したのかな
心字池の鏡面世界05
ちなみに植木の下には光の加減でわかりづらくなってしまいましたが、カモなどの野鳥や池に住み着いたカメがいましたけど、彼らも鏡面世界の住人になってました


池のカメと小魚

小雨のが降っていたに一匹のカメ、首筋の模様からミシシッピアカミミガメ(※)かな
カメと小魚01
外来種ですが全国のや沼、河川で繁殖しているよく見かけるの仲間です
カメと小魚02
雨粒が落ちる水面でプカプカ浮いている姿も何ということもないものですが
カメと小魚03 カメと小魚04
よく見ると水中ではちいさな魚たちが泳いでカメの甲羅、体を突いている模様
カメと小魚04
人間の古い角質を食べるドクターフィッシュというのは聞いたことはありますが、カメの身体についた藻などを食べているのでしょうかね。ある意味、自然の営みが構築されているようにも見えなくないのですけど

※「ミシシッピアカミミガメ」ではなく「クサガメ」という情報をいただきました。
記事本文はこのままにしておくのでご了承ください。

水中は気持ち良いカメ

千葉県郊外のべりを歩いているとプカプカと何か浮いていました
川のカメ01
『ゴミ?』と思いきやよく見たらカメ。おもわずカメラを取り出して撮影
川のカメ02 川のカメ03
詳しい種類はわかりませんが、日本のカメっぽくない模様・・外来種なのかな?
川のカメ04
そのうち観察しているともう一匹おなじような甲羅の模様のコが水中からのそーりと
川のカメ05
ちなみに、すこし歩いてみたら杭の上に日向ぼっこ、甲羅干ししたもいたり。。。。暑さ続きの日本列島、カメみたく水中にでもいれば気持ち良いのかなぁ

ワニやトカゲやカメ

この記事には爬虫類ワニトカゲカメが掲載されています。苦手な方はご了承ください

動物園の爬虫類飼育エリアにいたワニ。まるで動いていないので最初置物かと思ったり
爬虫類いろいろ01
ほんとにカメラでズームしても身動き一つしません。自然界で出会ったら恐怖です
爬虫類いろいろ02
ほかにも大型の爬虫類トカゲ(コガネオオトカゲ)や写真では分かりづらいですが赤と黒の見るからに毒々しい色をしたアメリカドクトカゲ
爬虫類いろいろ03 爬虫類いろいろ04
水槽のケージには首の長いカメ(ヘビクビカメかな?)が飼育されていました
爬虫類いろいろ05
ほかにヘビなどもいたのですが上手く撮影できず、一応昼間だったせいもありみなさん動きは緩慢でほとんど動かずに被写体としてはよかったんですけどね