fc2ブログ

ちかいッポ

都内ならどこにでもいる野鳥ハト、野生の生き物なのでたいてい人間が近寄れば逃げますが
ちかいっポ01
この日みかけた個体は自分の足元をチョコチョコ歩いてまるで逃げる気配なし
ちかいっポ02
種類的にはキジバト?(写真からでは距離感がつかみづらいですが)こんなにカメラを近づけてもあまり気にしていない様子。物怖じしないというか無頓着なのか?奇妙な出会いに感謝



隣のキジバトさん

地面の草花を撮影していたらガサガサと音を立てて何かが近づいてきました
キジバトさん01 キジバトさん02
カメラを構えていると一羽のハト。どこにでもいる野鳥ですけどあらためてみると羽の模様がキレイ。顔つきはいつもの鳩ですけど種類が違うのかな?
キジバトさん03
後日しらべてみるとキジバトですかね、いわゆる公園などでよくみかける灰色のハトたちはドバト。当たり前にいることや知識として名前は聞いていても実際に見てみると案外興味深かったり

モッコクの赤い実と・・・

墨田区向島百花園の集会場、御成座敷のすぐちかくに植えられたモッコクの木
モッコク9
おだやかな秋の日、西に傾きかけたの日差しがあたりやや黄色味がかった葉っぱの間に
モッコク2 モッコク3
ポツポツと赤く色づいたモッコクの実をみることができました
モッコク8
こちらがモッコクの実、ちいさなリンゴのようにも見えます
モッコク10
果実は熟してくると果皮が裂けて中から種が露出するそうです。
モッコク4 モッコク6
裂けているのはよくみかけますが、種子が中にあるのですね。
下から覗いたことが無いので気がつきませんでした

撮影しながら、名前を忘れないようにと名札を確認してみると・・ん?奥に野鳥
モッコク1 モッコク5
実は自分も撮影するのに夢中で気が付かずにいたのですが、
このとき数羽のハト、模様からするとキジバトがモッコクの実を食べに集まってきていたのです

細いモッコクの枝からするとハトの身体では大きすぎるので枝がだいぶしなっていましたが
器用に食べるさまはさすがに野生の鳥なのだと実感させてくれます
モッコク7
なんだかこの構図だと、キジバトがモッコクの名前もらったようですネ

向島百花園|公園へ行こう!
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html