fc2ブログ

新橋の善處稲荷大明神

新橋駅近くの路地を歩いていると建物と建物の間に小さな神社を発見
善処稲荷大明神01
鳥居の文字をみると旧字体で善處稲荷大明神と書かれています(「何と読む??」と思いつつ
善処稲荷大明神02 善処稲荷大明神03
後日、ネットで調べてみると善処稲荷大明神という社名。稲荷大明神と言われてもこのサイズは
善処稲荷大明神04
御社には小さなキツネの像、お稲荷さんもありネットには詳しく撮影している方もいるようですが、自分はこの距離で撮影、参拝。飲み屋、居酒屋の多い場所ですが街に根付いるんですね


ちいさな三峰神社

上野駅近くを歩いているとマンション近くに小さな祠のような神社を発見
ちいさな三峰神社01
鳥居には三峰神社と書かれています、三峰神社というと埼玉県の秩父三峯山が有名な神社
ちいさな三峰神社02
本社と比べると猫の額のような狭い敷地ですがちゃんと険しい霊山を模した岩山にお社
ちいさな三峰神社03 ちいさな三峰神社04
石像もl狛犬キツネとは違う山犬、狼が守護。都会の真ん中にこのような神社があったんですね


横手の街角の稲荷神社

GWに訪れた秋田県横手の町、といっても滞在したのは1時間程度だったのでそれほど町並みを
ゆっくり見物はできませんでしたけど、そのわずかな距離・時間でよくみかけたお稲荷さん
横手の町の稲荷神社01
蛇王神社、蛇の崎橋から横手駅に戻る際に気づいただけでも二社ほど確認
横手の町の稲荷神社02 横手の町の稲荷神社03
『蛇の埼正一位稲荷神社』、鳥居のもとには神社の縁起が書かれており、建立されたのは
今から170年ほど昔、当時の横手城主の催しで捕まえた珍しいから御社に祀ったとのこと

つぎの神社は名前やいわれを確認できませんでしたけど雪国秋田らしく屋根が雪で
つぶれないように大きく滑りやすい構造になっている(のかな?)のが目をひきました
横手の町の稲荷神社04
どちらの神社もそれほど大きくはありませんが、キツネたちにはちゃんと前懸けや帽子まで
横手の町の稲荷神社05 横手の町の稲荷神社06
蛇王神社から数えて数百メートル間隔に神社が確認できただけでも三社、いまでは家内安全、
商売繁盛など信仰されているそうで、稲荷神社が町の人に大切にされていると感じました

市ヶ谷の市谷亀岡八幡宮

2018年は「戌年」ということで都内でイヌに纏わる神社を探してみたら「市谷亀岡八幡宮」がヒット
市谷亀岡八幡宮01
市ヶ谷にそんな神社があったのかと思い、2017年の年末に参拝(できれば初詣したかったの
ですが都合により)、JR総武線の市ヶ谷駅をおりて徒歩5~6分(自分は道を間違えました
市谷亀岡八幡宮05 市谷亀岡八幡宮06
急な階段を上り切ると小高い台地に広がる境内に独特の表情をした狛犬、正面奥に拝殿
市谷亀岡八幡宮02
お参りをすまして辺りを確認しても「いぬ」にまつわるようなモノはありませんでしたが、イヌなどの
ペットと一緒に参拝、ペットのお守りというのもあったのでこれが検索で引っかかったのかも
市谷亀岡八幡宮07 市谷亀岡八幡宮08
ちなみに摂社として祀られている出世稲荷大神や階段横に茶ノ木稲荷神社が鎮座
市谷亀岡八幡宮03
濃い朱塗りの建物で本殿よりもこちらのほうが豪奢に見えるのは気のせいでしょうか?(失敬
市谷亀岡八幡宮04
稲荷さんなので絵馬にはキツネが描かれていましたけど、大胆な構図の狐像。きつねも
イヌの仲間ですけど、神様の使いとしてはイヌとはちょっと違うかなぁ。でもご利益ありそう

市谷亀岡八幡宮
http://www.ichigayahachiman.or.jp/

すやすやフェネック

井の頭自然文化園のフェネックフェネックギツネ)、アフリカなどの砂漠にすむキツネ仲間
すやすやフェネック01
体の大きさにくらべてが大きく近年ではペットとしても飼われるほど人気の動物
すやすやフェネック03 すやすやフェネック06
でも夜行性のため、すやすやと寝息が聞こえてきそうなほど昼間はほとんど眠っています
すやすやフェネック04
飼育されているからか?敵に襲われることもないのであまりに無防備な寝姿
すやすやフェネック02 すやすやフェネック05
こんな姿でも注目度がたかくケージのまわりには結構見物客がおり、ときおり目を
覚まして起きるコもいるのでスマホやカメラを注意深く構えている人も