fc2ブログ

エゴノキの実ぷらり

雑木林に育った見上げるほどの高木
エゴノキの実01 エゴノキの実02
枝先にぷらりと無数の球体の実がついています。果実の形状からエゴノキですね
エゴノキの実03
見た目サクランボのようで美味しそうにもみえなくありませんが果皮にエゴサポニンという有毒物質が含まれているそうで、誤飲したりすると胃の粘膜をやられるという話も


桜の木の実

桜の木の実といえば「サクランボ」ですけど食用のさくらんぼと比べると花が咲く品種からできる果実木の実。って印象が強い感じがします
サクラの木の実01 サクラの木の実02
こちらの公園で見かけたサクラの実たちも小さく固くておおよそ食べようとも思えません
サクラの木の実03
それでも小さいながらも赤や紫と様々な色づき具合に差があってちょっと面白いかな

陽当りと紅葉

11月上旬、秩父の山道を歩いているときにみかけた葉っぱや果実が赤く色づいた一本の樹木
日当たりと紅葉の関係01
野生なので正確な名前は不明ですが、実や葉の形からガマズミの仲間「オトコヨウゾメ」かな?
日当たりと紅葉の関係02 日当たりと紅葉の関係03
サクランボのような綺麗な実がなっていますが、オトコヨウゾメならばそのままでは渋くて食用に
適さず、果実酒などに利用されるとのこと、さすがに自然のものなので採るのはマズイですし
日当たりと紅葉の関係04
また、よく葉をみてみると日の当たっている場所は赤く色づき、当たらない場所はまだ緑色を
していることに気づきました。人間や動物がふれたり、風などが吹けば日の当たり具合も
変わるんでしょうけど、ここ山道はそういうものがないのでしょうかね

ミドリの回廊

に濡れた葉っぱ達の草いきれが漂ってきそうなミドリに包まれた小道
ミドリの回廊

場所は別に山奥などはなく、都内の文京区六義園の園内です。
ただ、こちらの道はあまり花も少なく、見所らしいものも無く
しいて言えば、夜間開放のときに灯篭がならぶ場所。といった一角です

でも、この小道。四季の花が咲き誇り園内に多くの来場者が賑わう時期などは、
園内で喧騒を離れるにはもってこいの場所なので、個人的には好きなんです
ミドリ ササ
ミドリのひとつひとつはこんな名前もおぼろげな植物たち。
彼らが集まって織りなす光景はまさに森然という言葉そのものです。

おや?こんなところに真っ赤な実がついています。
サクランボ
さすがにで暗かったのでフラッシュをたいてしまいましたが
ソメイヨシノサクランボでしょうかね

六義園|公園へ行こう!
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

公園のサクランボ

公園のサクランボ
都内の小さな公園でみつけたサクランボ
春になるとの花はたくさんみるけれど
ん坊が生っているのはちょっと珍しいでしょうか?

サクランボ
赤々とした、・・・食べることはできなそ