fc2ブログ

信楽の窯元散策

信楽の街、タヌキたちを眺めながら観光案内所で教えてもらったおすすめの「窯元」を訪ねることに
信楽の窯元さん01 信楽の窯元さん02
駅からはだいぶ離れたすこし小高いの地域に十数件の信楽焼きの窯元が点在し、案内所には
窯元散策だけを厳選したパンフレットがあるくらい(自分が手にしたのは手書き風で味わいあり
信楽の窯元さん03
自分はひとりだったので(本格的な)見学まではいかなくても窯元ちかくを通っただけですが
それでも敷地内にはタヌキ以外のさまざまな信楽焼きなどが展示?されていて興味がわきます
信楽の窯元さん04 信楽の窯元さん05
そもそも窯元では実際、荷出しなど作業をされているので慌しい雰囲気の場所もありましたが
なかには観光用に製造工程などを見学できるようにテーマパーク風のところもありました
信楽の窯元さん06
とくにこちらの窯元さんは「陶芸村」として信楽焼の型から造られるところから展示していて、
ちょうど観光バスで多くの団体さんが集まっていたので個人、数人でいっても見学しやすそう
信楽の窯元さん07 信楽の窯元さん08
タヌキたちの生まれる工房は詳しい工芸にそこそこ興味あると面白くみることができます
ちゃんと狸の置物以外にも食器などの生活用品、陶器なども作れていますのでご安心を
信楽の窯元さん09
窯元ひとつひとつに独特の雰囲気があるので仕事の邪魔にならないのと、すぐ近くに民家も
あり生活されている方が近くにいる場所もあるのでマナーと節度を守って散策してくださいネ

信楽町観光協会
http://www.e-shigaraki.org/

咲き始め赤城南面千本桜

2014年4月5日~4月20日まで群馬県前橋市で開催された「赤城南面千本桜まつり」。
イベントの存在を知ったので4/6(日)に行ってみたのですが、タイトルに書いた通り「咲き始め」
咲き始め赤城南面千本桜01
ということで、多少薄く色づいている並木通りで、咲けば見事な桜のトンネルも残念の状態
咲き始め赤城南面千本桜05 咲き始め赤城南面千本桜06
いちおう前橋市付近の開花状況を確認し「満開」とでており、JR両毛線前橋駅付近の
市街地ではソメイヨシノは満開、見ごろだったので期待したのですが・・・
咲き始め赤城南面千本桜02
駅からバスで30分強の郊外の赤城南面千本桜桜並木はもう少し。たしかにイベント開催した
週末なのに前橋駅前からでていた有料バスには観光客が少なかったですし
咲き始め赤城南面千本桜07 咲き始め赤城南面千本桜08
せっかくなので少し咲いていたサクラの花たちだけでも撮影。
咲き始め赤城南面千本桜03
サクラ並木から外れた場所には世界の桜や芝桜が植えられていたりしたのですが
こちらもまだまだ咲き始め。こっちもせっかくなので咲いている花だけを撮影
咲き始め赤城南面千本桜09 咲き始め赤城南面千本桜10
桜並木の奥には赤城山も見える風景、ソメイヨシノにしろ
シバザクラの赤紫や白色の花が一面に咲いた光景も素晴らしかったのでしょう
咲き始め赤城南面千本桜04
時期を見誤って空振り感の強かった「千本桜まつり」見物でしたけど、
サクラ並木のすぐ近くには「赤城クローネンベルク」というテーマパークもあったので
こっちに観光目的をチェンジ。このテーマパークの風景は別記事で紹介

前橋まるごとガイド|公益財団法人 前橋観光コンベンション協会
http://www.maebashi-cvb.com/

冬の果樹園

静岡県浜松市北区の「はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)」、フルーツなど
果樹のテーマパークなのですが、タイトルの通り「冬」の時期の果樹園エリアはこんな感じ
冬の果樹園02
一面、丸裸の樹木だけ。東京ドーム9個分の敷地があり、西エリアには別記事で紹介した
温室や売店、フードコートがありますが東エリアのくだもの畑はさすがに冬は何もありません
冬の果樹園05 冬の果樹園06
とても広い東エリアを回るにはチューチュートレイン号という汽車型の乗り物が走っていますが
この日は利用しなかったため、歩ける範囲のごく一部だけを回っていました
かなり奥までいけば冬が旬の時期となった温室イチゴ園などもあったのですが・・
冬の果樹園01
園内にかかる「ときめき橋」からも静岡から長野方面の雄大な山々がみえ、
ところどころ、まばらに残る紅葉などが見える景色なども爽快感あふれる景観
冬の果樹園04
周囲が山々なのでだいたいどんな場所かってのはわかるでしょうか
冬の果樹園07 131228_008m.jpg
それでもこの広大な敷地を眺めながら散策し、春や夏になったら
ここに実が生る風景を想像するのもまたちょっと面白いでしょうか
冬の果樹園10 冬の果樹園09
東エリアに戻る途中、中腹に鉢植え(?)のような果樹の栽培地区を見かけました
冬の果樹園03
よくみるとレモンやオレンジの仲間など黄色い実がいくつかなっているのがわかります
冬の果樹園12 冬の果樹園11
かなり無造作になっていますが、鳥に食べられていていたり摘み取られていない理由もありそうです
冬場でも独特の景色、アクティビティが楽しめるテーマパークでした

はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)
http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/

横川駅周辺散策

群馬県横川駅周辺、かつてここから碓氷峠を越えて長野県軽井沢まで
信越本線がはしっていましたが長野新幹線が1997年10月に開業したため横川駅から軽井沢間まで廃線。
かつての線路 駐車場
現在横川運転区は駐車場・・って田舎の終着駅なのにやけに広く観光バスや自動車が停車しています。
どうやら跡地に「碓氷峠鉄道文化むら」という体験型鉄道テーマパークがあるようです
碓氷峠鉄道文化むら アプトの道ウォーキング
電車の乗り込み待ちのため30分程度しか滞在できなかったで入園を断念近くの
ウォーキングコース「アプトの道」を数分歩いてみました
ウォーキング 茶屋
レトロな看板があったり、茶屋があったり徒歩5分もたたないのにこんな風景を見かけます
看板 元線路
ウォーキングコースの真横にある「碓氷峠鉄道文化むら」内に保存されている車両たちもみることができたりします。往年の名車たちの展示、電車好きには垂涎の光景でしょうか
保存車両
園内にいるのとはまた違った風景なんでしょうね。
電車たち
徒歩5~10分程度で歴史を感じさせる史跡、碓井峠関所(うすいとうげせきしょ)に到着。
碓井峠あと 碓井峠跡
さらに道は続いていますが、前述のとおり電車の時間もあるのでここまでしか歩くことは出来ませんでした。
テーマパークや駅弁「峠の釜めし」を目的として観光客が多いためウォーキングコースにはあまり人がいませんでしたので、静かでのどかな散策ができそうです





碓氷峠鉄道文化むら公式サイト
http://www.usuitouge.com/bunkamura/