fc2ブログ

街路樹のハトたち

とある晩秋のある日、一本の街路樹になにやら野鳥が数羽とまっている光景を目撃
街路樹のハトたち01
集まっているトリたちはどこにでもいるハトドバト(土鳩)たちです
街路樹のハトたち02 街路樹のハトたち03
ときおり羽根をばたつかせる仕草をするコもいたりとそこそこの時間、街路樹に留まっています
街路樹のハトたち04
真っ赤に色づいたクロガネモチの実を食べてきていたのでしょうか?
街路樹のハトたち05
かなり細い枝にそんなに集まって大丈夫かな?とか思ったり


隣のキジバトさん

地面の草花を撮影していたらガサガサと音を立てて何かが近づいてきました
キジバトさん01 キジバトさん02
カメラを構えていると一羽のハト。どこにでもいる野鳥ですけどあらためてみると羽の模様がキレイ。顔つきはいつもの鳩ですけど種類が違うのかな?
キジバトさん03
後日しらべてみるとキジバトですかね、いわゆる公園などでよくみかける灰色のハトたちはドバト。当たり前にいることや知識として名前は聞いていても実際に見てみると案外興味深かったり

鳩とハトの銅像

都内のとある公園、都市部ならどこにでもいる野鳥のハト。いわゆるドバト、正式にはカワラバト
鳩とハトの銅像05
こちらの公園にも集まっていたのですが、その場所がなんだか興味ひかれカメラを向けることに
鳩とハトの銅像02
ハト彫刻銅像の周りに本物のハトたちが集まっています
鳩とハトの銅像03 鳩とハトの銅像04
単にそれだけってわけですけどどうせなら銅像に乗っかってしまわないかとか
いろいろ期待したのですけど、そこは野生の生き物。思うようにはいきません
鳩とハトの銅像01
子供たちも多く遊んでいる公園だったのであまり撮影しているのも不審がられると思い、
さりげない程度に数枚シャッターを切りましたけどなぜにここに集まっているのかな