fc2ブログ

水少ない川底の野鳥たち

冬場で水量が少ない都内の整備された河川の川底
水少ない川底の野鳥たち01
陽だまりの水辺に数羽の野鳥たちがいるのを確認、シラサギカモバンの仲間でしょうか?
水少ない川底の野鳥たち02
お互いケンカしないようにある程度の距離を保ちながら穏やかに過ごしている長閑な光景




河川敷の黒い水鳥たち

冬のある日、川べりを歩いていると河川敷の芝生に数羽の黒い野鳥たち
河川敷のオオバン01
カラスかな?と思ったのですが背格好がどうも違う,,,以前も似たような光景をみたような
河川敷のオオバン02
クチバシが白っぽいので水鳥バンの仲間、オオバンでしょうか
河川敷のオオバンたち03 河川敷のオオバンたち04
写真からわかりづらいですが川面までは1、2メートルは離れています
河川敷のオオバン05
水面から上がってきてみんなで集まってエサを探してるのでしょうかね、いつも水辺で泳いでいる姿しか見たことがない鳥たちが陸地を歩いていてちょっと珍しく


川辺にポツンと野鳥

都内の辺(の中というべきかな?)に一羽の真っ黒な野鳥
川辺の一羽の野鳥01
全身黒い色をしていますが、背格好からカラスではなさそうです
川辺の一羽の野鳥02
正確な種類は距離的にわかりませんけど水鳥バンの仲間かな?ポツンと一羽だけあたりをキョロキョロ見回し、エサでも探しているかのような仕草がなんとなく愛らしく

野鳥・バンの親子

井の頭自然文化園の分園、水生物園は飼育されている動物もいますが井の頭公園の池に
隣接しており、普段公園側の歩道からみる風景とはちょっと違う風景をみることができます
バンの親子01
そんな一角になにやら大きなレンズを構えた人たちが数人、目線の先をみると一羽の野鳥
クチバシが特徴的な黄色や赤色をしているのでバンという野鳥でしょうかね
バンの親子02
水面にできた浮島のような草の上に小さな黒い塊?いえいえバンヒナたちです
バンの親子04 バンの親子05
エサをとってきたのか、クチバシ伝えでエサを与えているようです。まわりのカメラマンさんたちは
これを狙っていたのですね(自分もみなさんの迷惑にならないように倣って撮影
バンの親子03
ひとしきりエサをあたえると親鳥はすっーと水面を行ってしまいます。残された雛たちは
まだまだ泳げそうもなく、なんだか名残惜しそうで寂しげにみえました

浮間公園の風景

1024-008.jpg
浮間公園で見つけたゴロンとした奇妙な実?

1024-007.jpg
も一緒に咲いていましたがゴチョゴチョとしたです。
名前は「フウセントウワタ
「フウセンとウタワ」?ウタワって何??(ベタなボケでスミマセン
漢字で書くと「風船唐綿」(ふうせんとうわた)。
一番上の写真の中には綿毛と種子が入っているそうです、
秋が深まれば乾いて中からワサワサとでてくるとのこと。
別名はフウセンダマノキ・・・そのままですね
しかしトゲの付いた怪獣のタマゴか・・もしくは卑猥な
みなさんは何を見えます?


あと池のほとりで見かけた(スイレン?)と野鳥バン?)。
1024-003m.jpg 1024-002m.jpg
スイレンって秋の時期だったかな~?
なんでハトが水辺を歩いているのだろうなぁ~
ちなみに手前にはナゼかアヤメが咲いていました。
初夏、夏の印象のあるが咲いていると季節がずれて
勘違い咲いているのか?とか思ったりします。


浮間公園|公園へ行こう!
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index009.html