fc2ブログ

銀座の豊岩稲荷神社

都会のど真ん中、銀座の街を歩いているとなにやら石柱に「豊岩稲荷神社」という文字
銀座の豊岩稲荷神社01
ビルの合間の細い道からはまるで神社らしいものはみることはできません
銀座の豊岩稲荷神社02
今の時代、これだけ気になるスポットであればパワースポットだの紹介され尽くされている場所かとは思いますが、気になったので自分の足で確かめることに
銀座の豊岩稲荷神社03 銀座の豊岩稲荷神社04
細い路地を進むとビルビルの合間の壁に掘られたかのようにひっそりと社殿が
銀座の豊岩稲荷神社05
実は別の出入り口もあったようで反対側からも参拝者がやってきたので人ひとりが通れるくらいの場所なので、数枚撮影して退散。もう少しゆっくり見たかったです

秋の水間観音

大阪府貝塚市にある水間観音の通称でしられる水間寺。撮影したのは11月中旬
秋の水間観音01 秋の水間観音02
水間鉄道の終着駅、水間観音駅から徒歩10~15分ほど歩くと「水間観音」の山門
秋の水間観音09
自分が訪れた日は慶大の一部が工事中でしたが参拝には影響もありませんでした
秋の水間観音03 秋の水間観音04
また平日だったこともあるので境内にはほとんど人もおらず、見るからに歴史を感じさせる本堂に三重塔をゆっくり見物
秋の水間観音08
敷地内を歩いていると「聖観世音出現の瀧」なるパワースポットがありました
秋の水間観音05 秋の水間観音06
フェンスで瀧の近くまではいくことはできませんが、遠くから眺めていても勢いがある瀑布
1911123_007.jpg
1300年前、行基菩薩が龍神から聖観音像を授与されたのも頷けます
秋の水間観音10
さらに愛染明王を祭る愛染堂は恋愛成就、縁結びのご利益があるとのことで人気とか
秋の水間観音11 秋の水間観音12
恋人の聖地」として描かれている男女はこの地の豪農の娘・お夏と山名清十郎、お夏がここの愛染明王に祈願したことで恋が成就した「お夏清十郎」の伝説から
秋の水間観音13
こちらも本堂にならび自分の行った時には誰もいませんでしたが休日ともなれば、参拝者が集まるのでしょうかね。こちらとしては秋の日に静かで穏やかに参拝できて幸運でしたけどね

水間寺
https://mizumadera.or.jp/

御真殿と天狗の高下駄

神奈川県の南足柄市、大雄山の最乗寺。境内最大パワースポットといわれる御真殿「妙覚宝殿」
御真殿と高下駄01
そのすぐ隣には天狗伝説にちなみ天狗の葉うちわと多くの鉄下駄が奉納されています
御真殿と高下駄04 御真殿と高下駄03
特に右の写真、最大の下駄はおよそ3トンに達し、ゲタの歯をくぐるとご利益があるそうです
御真殿と高下駄05 御真殿と高下駄02
また御真殿からバス停留所に戻る際、山中の階段途中にも巨大なゲタが祀られていました
御真殿と高下駄06
こちらのゲタは下はくぐれないかな?そういえばテングのゲタって一本歯だったような・・
なんてことはどうでもいいですかね。見ているだけでも霊験あらたかなゲタたちでした


生島足島神社と長福寺

1月初旬に長野県の上田電鉄別所線に乗車した際、下之郷駅で途中下車して訪れた生島足島神社
生島足島神社と長福寺04 生島足島神社と長福寺05
駅での待合時間に近くに神社があるので予備知識もなく軽い気持ちで「参拝してみよう」と
思い立ち、地図を確認しながら徒歩5分ほど歩いてみると巨大な鳥居が目の前に
生島足島神社と長福寺01
駅側からはほとんど参拝客がいなかったのですが、拝殿に近づくと多くの参拝客
生島足島神社と長福寺02
初詣時期とはいえ、池に浮かぶ本殿ではオチオチ、カメラで撮影するのもままならない状態
後日知りましたが創建がわからないほど古くからある神社、もっとゆっくり参拝したかったかな
生島足島神社と長福寺03
ちなみにすぐ近くには長福寺という寺院がありました、こちらは参拝者はまばら
生島足島神社と長福寺07 生島足島神社と長福寺06
縁起も由緒あるのでしょうけど、「パワースポット」というのぼりばたを見ちゃうとね
とりあえず偶然立ち寄った寺社仏閣でしたけど、とてもご利益がありそうな場所でした

式内大社 生島足島神社公式ホームページ
http://www.ikushimatarushima.jp/


冬の日光二荒山神社中宮祠

中禅寺湖のほとりをあるいていくと日光二荒山神社中宮祠の鳥居が見えてきました
冬の二荒山神社中宮祠03 冬の二荒山神社中宮祠04
男体山の中腹のパワースポットとしても人気の二荒山神社の中宮祠である神社
冬の二荒山神社中宮祠02
12月下旬だったので境内にはうっすらと雪がつもっていました(なので境内はひんやり
ちなみに後日公式サイトみたらさらに雪が降って雪化粧、この時参拝しておいてよかったデス
冬の二荒山神社中宮祠01
朝早い時間でしたがすでに参拝客の方がおり邪魔にならないように撮影
冬の二荒山神社中宮祠05 冬の二荒山神社中宮祠06
ちなみに山門には入山禁止の文字、夏場なら霊峰である男体山への入山も可能(5/5~10/25
とはいえここの境内だけでも十分ご利益をかんじる神社でした

日光二荒山神社
http://www.futarasan.jp/