fc2ブログ

山野の若いススキ

秋空の気持ちの良い、自然あふれる郊外の山道(ってほどでもないですが)にススキの穂
山野の若いススキ01
西日に花穂がキラキラとしている様はのどかな秋の日を感じさせてくれます
山野の若いススキ02 山野の若いススキ03
まだスッキリしたフォルムなので若いのでしょうか?季節が進むとこれがモコモコフワフワ


ヒナかも

冬の河川敷、アシなどの植物が枯れた川岸にカモらしい水鳥たちを見かけました
ヒナかも01
数羽いたうち、親鳥のあとを追いかけるように泳いでいる子どもたちを見つけたのですが
なかなか自分の撮影できる範囲に来てくれず待ってみたらどうにか一羽を発見
ヒナかも03
拡大してみるとまだフワフワとした羽根の赤ちゃん、親鳥を探しているのかな?
よくみると冒頭はカモのようですが、このヒナはクチバシなどから違う種類のトリ?カイツブリ?
ヒナかも02
親子で一緒にいる姿をカメラに収めればさらにわかったのかもしれませけど、自然の生き物なの
で思うようにはいきませんネ、とりあえず親鳥と合流して元気に育ってほしいものですネ


色薄めのモクレン

都内の公園ちかくを歩いていると薄紫色の花をたくさん咲かせたモクレンの木を発見
薄めのモクレン01
光の向きで写真では伝わりづらいですけど、枝を広げて無数の花が咲く光景は壮観
薄めのモクレン03 薄めのモクレン02
園内の樹木ではなく近くのお宅の樹木だったんですけどとても目につき撮影
薄めのモクレン04
花びらの色、形からモクレンの花だと思うのですがじゃっかん色が薄いような?
特徴ある花びらがなんだかこういう生き物がフワフワ浮いているようにも見えました

モコモコな木の芽

青く澄み渡った冬空に四方八方に枝を伸ばした樹木
木の芽02
枝の先には寒空の下で見るとなんとも暖かそうなフワフワモコモコ木の芽がついています。
木の芽03
このような木の芽ツボミの姿をしているのは
恥ずかしい話、つい最近までみんなネコヤナギだと思っておりました
ちゃんと別の種類の植物なんですよね(そんなにネコヤナギばかり植えられているわけでなし
木の芽01
こちらはおそらくハクモクレンの木だと思います、春にまた同じ場所を通ればきれいな花が咲くのでしょう
まだまだ寒い日が続きますが春を待っているんですね

アサギマダラ

目黒駅白金台駅のほぼ中間にある
港区、国立科学博物館付属 自然教育園
園内散策をしていて、足元を見ると大きなチョウがいました。

syo_103.jpg


他のサイトで教えてもらいましたがアサギマダラという、
マダラチョウの仲間とのこと、飛び方もフワフワと優雅です





                                                                                                                                                                
よければ押してください↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 路上観察へ