fc2ブログ

新函館北斗駅と開業記念モニュメント

ゴールデンウィークに訪れた北海道、北海道新幹線の2023年現在の終着点、新函館北斗駅
新函館北斗駅と開通モニュメント01
北海道の観光の玄関口、駅自体には何度か訪れたことはありましたが下車して建物を見たのは初
新函館北斗駅と開通モニュメント02
駅舎周辺には様々な石碑モニュメントオブジェがあるのですが自分が目についたのはこちら
新函館北斗駅と開通モニュメント03 新函館北斗駅と開通モニュメント04
北海道新幹線開業記念のモニュメント。鉄道の線路を模してトンネルの先には北海道が刻まれていて「新幹線の開通」というのを表現しているデザイン。せっかくなのでトンネル越しの駅を

カガミのようなヒト

渋谷代官山付近に用事があり歩いていると金属製の看板?案内板?モニュメント
鑑のようなひと01
写真ではわかりづらいとは思いますがカガミのように磨かれた金属のヒト型のオブジェ
鑑のようなひと02 鑑のようなひと03
手に持った小鳥のデザイン的に簡素化されています。あたりにはおしゃれなお店が立ち並ぶ街だけに会ってこういうモノがおかれていてもさほど違和感はないかな


稚内公園の「氷雪の門」

北海道稚内稚内公園。ノシャップ岬を観光後、路線バスで稚内市内に戻る途中で下車
氷雪の門01
小高い丘(結構な高さ)を登っていくと頂上には公園のシンボルである「氷雪の門
氷雪の門02 氷雪の門03
かつて日本人が住んでいた樺太からふと)を望み、かの地で亡くなった人たちへの慰霊の碑
氷雪の門04
稚内でも随一の高さの公園だけあって日の出や日の入りの光景はすばらしい眺め
氷雪の門05
もちろん昼間に訪れても広がる宗谷湾の風景は素敵なものです。ほかにも公園内には記念碑や貯水池など見どころがあるのですが時間の関係でここだけ観光

信楽の町いろいろ

11月におとずれた滋賀県の信楽の町、街角のタヌキやらの信楽焼き以外でみかけたもの
信楽の町いろいろ01
市街地から少し離れた、近江グリーンロード沿いでみかけた信楽焼きの登り窯モニュメント
信楽の町いろいろ04 信楽の町いろいろ05
市街地の太戸側、川との境界線にある柵も特徴的な形をしておりかかる橋もレンガ造り
信楽の町いろいろ02
さらに車輪のような模様が施されていて手が込んでいます。また柵にも別の模様が
信楽の町いろいろ06 信楽の町いろいろ07
住宅街には「地蔵堂」があったり都会ではなかなか見られない光景が残っています
信楽の町いろいろ03
さらに個人のお宅だったかな?瓦に魔除け、家内安全に大黒様やえびす様などの像を置くのは
たまに見かけますが謎の老人像。七福神の寿老人ようにも見えますがご利益があるのでしょう

ナンダコレ

都内、月島のとある公園を歩いていると奇妙な形をしたオブジェのようなものを発見
ナンダコレ01
広い公園ではありませんけど、数基あるのが確認されます。すべり台のような遊具?
形状は地面からにゅるんとはえたタコやイカのような触手?でも地面からでている
わけでもなく空間から地面に入り込んでいるというデザインとも言えなくありません
ナンダコレ02 ナンダコレ03
なかには細い部分に水飲み場が設置しているものもあります。なので水飲み場なのかと
断定してしまうのかもしれませんが、見ようによってはいろんなものに見えるモニュメント
ナンダコレ04
今のご時世、ネットやらでちゃんと調べるとその「理由」や「意味」なんてものが出てきて
しまうのでしょうけど芸術的なモノってそういう固定概念で見てしまえばそういうモノで
しかなくなってしまうわけで皆さんにはどう見えましたか