fc2ブログ

残雪と備後落合駅

芸備線木次線が交わる、広島県庄原市にある備後落合
残雪と備後落合駅01 残雪と備後落合駅02
訪れたのは2020年の2月(詳しい日付は伏せさせてもらいます)
残雪と備後落合駅03
はじめて訪れたのですがホームには残雪がありましたが例年ならもっとあるはず
残雪と備後落合駅05
かつては中国山地の鉄路、交通の要所として栄えた駅、山間部でありながら多くの線路があり最盛期に周辺には商店や旅館もあったそうですがいまは無人駅
残雪と備後落合駅04
自分が訪れた時にはちょうど昔、駅で働いていた男性がおり、当時の賑わいや駅名の成り行きなどを駅舎などで丁寧に説明してくれました
残雪と備後落合駅06
秘境駅、辺鄙な駅ですので利用客というとたいてい鉄道ファンや鉄道オタクといった好事家ばかり(という自分もその一人ですけど)再びこの場所に訪れるとき、この風景が残ること切に願いたく

横濱中華街の正月飾り

2018年もはじまり正月らしく縁起のよさそうな風景写真の記事を
中華街の正月飾り01
横浜中華街でみかけた提灯でできたをかたどった飾り。撮影したのは2017年年末
中華街の正月飾り02 中華街の正月飾り03
提灯なので夜の方がもっと見栄えが良く、それこそ昨年の流行語、インスタ映えしそう
中華街の正月飾り04
まだ観光客もいない時間だったので、それなりにゆっくり撮影してましたけど
時間によってはおちおちカメラを構えていることもままならなかったかな
中華街の正月飾り05 中華街の正月飾り06
「春節」と書かれているので中国の旧正月のお祝い用だけど、年が変わるのは
全世界共通なので年始のお祝いということでご利益ありそうです

春節の横浜中華街2017

すっかり日本でもおなじみになった中国の旧正月春節」、毎年、横浜中華街でも盛大な
イベントが行われています。今年はイベントを見てみようと、時間に合わせて中華街
春節07 春節06
お気に入りのお店があり数か月に一度、横浜中華街には足を運んでいるのですが大抵
必要なモノを買ったら帰宅するので、観光客が多い時間帯に行くことはめったにない自分
春節01
今回は元町方面から中華街の門をくぐったのですがとにかく観光客が多く、いつも素通りして
しまう「天后宮」も一瞬、関帝廟かと見間違うくらい人ほど(ここも観光スポットですけど
春節08 春節09
関帝廟付近も物凄い人、いつもなら混む前にはすいすい歩いて数分のところですが
この日はまるで前に進むことができずに、別の道を通って遠回りすることに
春節03
春節を祝う垂れ幕や、街頭のそこかしこには「春節」の文字が書かれた提灯を発見
春節10 春節11
人気の観光スポットとして多くの参拝者を集める関帝廟ですけど春節ということもあり
日本人ばかりではなく海外とくに中国の人が多い印象
春節12 春節14
そろそろイベントがはじまるので場所を把握していなかったのでとりあえず
みなとみらい線の元町・中華街駅方面、「横浜大世界」に行くと大量の人
春節04
どうやらこちらでイベントが開催されるようで、中国獅子がでてきて獅子舞を披露する
のですが、どこに御獅子がいるのやら?皆さんの視線の先にいるんでしょうけど
春節15 春節16
商売繁盛や健康などとにかく縁起良くご利益ある獅子舞を一目見ようとしているの
ですが自分の位置からではほとんど踊りは見ることが見えません
春節02
バクチクの音はしているのはきこえるのですが、自分の写真に残るはピンクの物体だけ
よくみると撮影している人のスマホの画面の方がよく獅子の様子が見えていたり
春節13 春節17
最初の一軒が終わると上の写真で紹介した集まっていた人たちは四方八方に散って
いったのですが、このあと並びのお店や御廟にも獅子踊りが行われていました
春節05
意外と小さな店舗にも入っていって店内で踊っているようです(何せ見えないので何とも
春節18 春節19
ただすぐに黒山の人だかりができてしまうので良いショットをとりたくば相当の気合いと
覚悟が必要なんでしょうね。とにかく春節の始まりを祝う賑やかで楽しい催しで楽しく
拝見。ほかにも春節期間中は横浜中華街でもさまざまな催しが行われるそうです

横浜中華街
http://www.chinatown.or.jp/


那覇の福州園

沖縄県那覇市、市内を走るモノレールゆいレールの県庁前駅から海岸方面に徒歩数分、
偶然たどり着いた福州園。旅行の予定には入れていませんでしたが無料だったので見学。
福州園10 福州園13
那覇の市制70周年記念、姉妹都市である福州市との友好都市10周年を記念して建設された中国式庭園
福州園01
まさに入り口を抜けるとそこには実際行ったことはありませんが絵に描いたような中国的な庭園が広がっています
福州園08 福州園14 
ただ夕暮れ時と曇り空であったためか他に観光客もいませんでした。
貸しきり気分で見物できてよかったですが、他の影響とかはあまり考えたくはありませんがね・・
福州園04
中国風の石塔?内部はくりぬかれているだけ??なんでしょね?
福州園15 福州園07
10月初旬でしたが園内にはハイビスカスが咲いていました。このあたりは沖縄らしいかな?
福州園05
ただ園内をよくみると9月後半にやってきた大型台風の影響で
木々の葉が大量に落ちていたり、倒木している光景なども見かけました
福州園11 福州園09
園内にたつ楼閣と滝。時間、天気がもうすこしよければもっと迫力があったのでしょう
福州園03
こちらは橋の欄干に彫られた彫刻。
福州園06
これは?ネズミ・・?ほかにもや虎、龍があるところをみると干支でしょうかね?
福州園16 福州園12 
ただよくみるとイノシシは・・かぎりなく豚にちかいような?
中国語では家猪はブタ、野猪がイノシシというらしいですが・・・?
福州園02
オマケにこれはどうみてもヤギ?たしかに山羊とかいて”やぎ”なんでしょうけど・・

異国情緒あふれる福州園、沖縄まで旅行してさらに中国まで行った気分に
・・っとそこまでは持ち上げませんが、なかなか興味深く観光ができました

那覇市の福州園
http://www.okinawainfo.net/fukusyu.html

真紅の世界遺産・首里城

2012年10月初旬に初めて訪れた沖縄。空港についてからまず訪れたのがこちら首里城
沖縄の随一の観光名所である首里城は那覇市内を走るモノレール、
ゆいレールの首里城駅から徒歩10~15分程度の首里城公園にあります
首里城02
かつて2000円札にも描かれた守礼門。バス、一般駐車場からだと正面に見えるのでしょうけど
モノレールの駅方面からくると思わず見落としそうでした
首里城10 首里城11
休日前の平日に訪れたのですがツアー客など一般の観光客など結構人がいます。
首里城04
石造りの城壁、歓会門を道なりにすすんでいくと、小高い丘になっているので市内が一望できます
首里城07 首里城06
さらに進むと有料区域。入場券を購入して奉神門をくぐると正面には朱色の正殿が目の前に広がります。
首里城03
琉球王国の栄華を今に伝えるその城は琉球建築の集大成です
建物各所に散りばめられた彫刻や装飾はいくら見ていても厭きません
首里城14 首里城15
若干天気が微妙なのと後ろの工事のクレーンが残念なところでしたけど・・
正殿内部も見学可能で、一部写真撮影も可能です
首里城16 首里城17
特に正殿中央、かつて国王が鎮座していた玉座は
復元されたものですが、ただならぬ空気が漂う荘厳な空間でした。
首里城01
順路どおりに進むと、正殿後ろにみえたクレーンは現在工事中の箇所で使用されているもので
多くの見物客がいるときでも作業の方々が仕事をされている光景をみました。
首里城12 首里城13
正殿のほかにも王城敷地内にたつ建物内部を見学することができ、
特に書院などは王朝文化というよりも日本(和)の文化が見受けれます

見学順路の最後は北殿。こちらには売店のほか琉球王朝時代の資料などが展示されています
首里城08 首里城09
正殿中国皇帝から派遣された使者が訪れた行列風景を再現したレプリカは壮大なものでした
首里城05
途中に工事現場をみかけたように首里城は2012年秋現在でも
正殿の後ろに国王とその家族が住む住居空間が復元工事が行われています。
完成したらさらに素晴らしいものになるんでしょうね

首里城公園管理センター
http://www.oki-park.jp