fc2ブログ

冬木立と京急の電車

せっかく京急線の三崎口駅までいったのでその証拠もかねて京浜急行電鉄の列車を撮影
冬木立と京急01
電車、鉄道写真の好きな方には不服な写真かもしれませんけどご了承のほどを
冬木立と京急02 冬木立と京急03
撮影は1月下旬、別記事で三浦半島には河津桜がすでにこのとき咲いていたのを
紹介しましたが開花していたのはごく一部、沿線の並木はまだ冬木立です
冬木立と京急04
右はじに写り込んだ街路樹は葉っぱも花もありませんがサクラの木でしょうね
春になると桜と真っ赤な車両を撮影しようとこういう場所にも人が集まるかな


三浦半島の超早咲き河津桜

場所、日時を表すものはありませんが2017年1月下旬の京急久里浜線の三崎口駅付近
超早咲き河津桜01
下車して駅前のロータリー付近に植えられたサクラ並木は早くもピンク色の花を発見
超早咲き河津桜04 超早咲き河津桜05
たしかに訪れた日の前後はとても暖かく春のような陽気でしたけどこんなに咲いているとは
超早咲き河津桜02
三崎口周辺に植えられているのはサクラでも早咲きの河津(かわづざくら)
超早咲き河津桜06 超早咲き河津桜07
これじゃもうお花見でもできちゃうんじゃないかな?とあたりを歩いてみましたが
超早咲き河津桜03
開花しているのは駅周辺だけで、さすがにほかの桜の木々はまだまだ固い
ツボミが付いている程度、春はまだ遠いようですけど着実に近づいてます

三浦市観光情報
http://www.miura-info.ne.jp/index.html

花の国のポピーまつり

ポピーまつり」開催中の神奈川県横須賀市「横須賀くりはま花の国」。撮影は5月下旬
くりはま花の国のポピーまつり05 くりはま花の国のポピーまつり06
横須賀久里浜駅、京急久里浜線の京急久里浜駅から一番近い入口。車だと第一駐車場そばの
入口をくぐると山間に広がる「コスモス・ポピー園」には、シャーレー・ポピーの花がたくさん
くりはま花の国のポピーまつり03
赤やピンク、白い色の花びらのシャーレ-ポピーの花、ケシ科のヒナゲシの園芸種の花
くりはま花の国のポピーまつり07 くりはま花の国のポピーまつり08
この日は天気の良い休日ということもあり多くの家族連れなど観光客の人が集まっていました
くりはま花の国のポピーまつり02
「くりはま花の国」自体は広い場所なので「(ポピー園も)探すんだろうなぁ」と思ったのですが、
パンフレット、入口の地図を確認する前にすでに、目の前にポピー園があるというのはお手軽な感じ
くりはま花の国のポピーまつり09 くりはま花の国のポピーまつり10
数万本あつまって咲いた一面の花畑は壮観な光景・・ただ思ったよりも花が少ないような?
くりはま花の国のポピーまつり01
実の所終わりかけの花などもあり中にはすでに実のようなものがついている株もみかけました
くりはま花の国のポピーまつり11 くりはま花の国のポピーまつり12
「ポピーまつり」自体4月初旬から行われており、アイスランドポピーやネモフィラ、矢車菊などの
花が咲いて5月下旬くらいにシャーレーポピーへと畑の花がうつっていくのだそうですが・・
くりはま花の国のポピーまつり04
春も早足で杉って言ったのと同様に今年は花の咲き具合が早かったのでしょうかネ?
いちおう少し端っこの方にネモフィラやヤグルマギクが咲いているのは見かけましたけど・・
くりはま花の国のポピーまつり13 くりはま花の国のポピーまつり14
とはいえこれだけの広大な場所の花の畑という風景だけでも一見の価値はあると思います
これだけも十分楽しめますが、もっと花の多い時期も訪れてみたいと思いました

横須賀 くりはま花の国/ペリー公園
http://www.kanagawaparks.com/kurihama-perry/

空港関連のキャラ勢ぞろい

空の日フェスティバル」が行われていた羽田空港。まだ真新しい国際線旅客ターミナルビルの
展望デッキでの見学を終えて帰ろうとしたら何やらロビーがひときわ賑やかでした
どうやら羽田空港に関係する交通機関、省庁などのマスコットキャラクターが登場していた模様。
空港関連キャラの行進01
事前に「空の日」のパンフレットを確認し、こういう催し物があるというのは知っていたのですが
時間が書いてなく「見れたらいいかな。」くらいで思っていたのですが、ホントウに偶然遭遇
空港関連キャラの行進04 空港関連キャラの行進05
ただイベント、スケジュールのタイトルには「着ぐるみによる行進」と書かれてました・・
昨今、ゆるキャラブームなのでもう少しネーミング考えてもよさそうな・・なんか身も蓋もなし
空港関連キャラの行進03
ターミナルの商業施設「広小路」から「江戸舞台」までのほんの数メートルの距離ですが
旅行客、見物客に囲まれてキャラクターたちが練り歩き、舞台の前で全員勢ぞろい
空港関連キャラの行進06 空港関連キャラの行進07
この時集まったのは左から京浜急行電鉄(京急)の「けいきゅん」、東京モノレールの「モノルン」
空の日”のキャラクター「くにまる君」、動物検疫所の「クンくん」、気象庁の「はれるん」、
税関の「カスタム君」、一番右が東京入国管理局「とりぶ」?(イラストとだいぶ違う気が)
空港関連キャラの行進02
何をするわけでもないのですが、勢ぞろいする光景に日本人のみならず海外の旅行客の人も
カメラやスマホで撮影。たまたまスタッフの人が隣にいて「みんな撮影してもらってる♪」と
嬉しそうに呟いていたのも印象的。オトナ的目線で見ちゃうといろいろ思うところもありますが
こういうピーアルってなかなか楽しいです。まして偶然であったわけですし

羽田空港ターミナル BIG BIRD
http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/

北品川の品川神社

かつての東海道、品川宿の近くに鎮座する品川区北品川品川神社
北品川の品川神社01 北品川の品川神社02
京浜急行(京急)の列車の横浜、川崎~品川間を行く途中にあり、とくに品川の近未来的な空間から
ほんの数キロの場所に小高い丘とこんもりとした鎮守の森が以前から気になっていました
北品川の品川神社03 北品川の品川神社04
急な階段を上り、境内の鳥居をくぐると真正面に立派な社殿
北品川の品川神社09
由緒は文治三年(1187年)、源頼朝が安房の国(千葉県房総)に向かう途中の
海上交通安全祈願のために天比理乃命(あめのひりのめのみこと)を勧請したことに始まり
鎌倉時代末期、二階堂貞藤(道蘊)が宇賀之売命(稲荷神)、室町中期に太田道灌が素戔嗚を祀り
さらに江戸時代には徳川家の加護を受け、明治時代には東京の安寧を祈願した神社だそうで
時の為政者によって永い間、崇められてきた場所のようです。
そのためか?個人的になんだかいろんな神様やらが集まりすぎている印象が・・
北品川の品川神社05 北品川の品川神社06
こちらは富士講の富士塚なのでしょう(詳しく確認はしていませんが、浅間神社もありましたし)
北品川の品川神社10
小高い丘にたつ神社から、富士山を見立ててさらに高く積まれた石積みにつくられた急な階段
北品川の品川神社07 北品川の品川神社08
第一京浜、旧東海道方面を見渡すと・・・今は京急の高架線と住宅やビルばかり
北品川の品川神社11
東海道を行くかつての旅人たちが見ていた景色とはだいぶ違うんでしょうね
北品川の品川神社12
ちなみにこんな愛嬌のあるカエルさんもいました。まぁなんでもありなのかな・・
熱心に参拝されている方々もいましたし、由緒ある場所を訪れて興味深かったです

品川神社
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/09_shinagawa/9001.html