fc2ブログ

竹林見上げ

9月になっても太陽がでると夏ような暑さを感じる残暑
竹林見上げ01
とある都内庭園の竹の生い茂る区画に入ってみると少しはすずしく
竹林見上げ02
モミジなどのように紅葉するわけでもない見上げた緑一色の空間
竹林見上げ04 竹林見上げ05
人がいないときは風にそよぐ竹の葉や幹が打つ音だけが聞こえるなんとも趣が
竹林見上げ03
京都などの有名な竹林でもありませんが静寂感を味わうことができました


東寺のライトアップ

毎年、秋の時期に訪れる京都。夜が更けてから市内を散策していると東寺がライトアップ
東寺のライトアップ01
厳密にいえば”東寺の五重塔ライトアップ”なのですけど、そこはそれ
東寺のライトアップ02 東寺のライトアップ03
ただすでに拝観時間は過ぎていたので境内に入ることはできませんでした
東寺のライトアップ05
夜景撮影テクニックは皆無なのでカメラの機能だけで撮影したのでお見苦しい限りです
東寺のライトアップ05 東寺のライトアップ06
いちおう周辺のモミジなどの木々もライトアップしてあり、昼間太陽のもとでみる景色とはまた違う寺院の魅力を感じることができました(いずれはちゃんと参拝しないといけませんけど


白亜の洋館と音衛門

福知山城から徒歩2~3分の位置にたつ白亜の洋館(写っていませんが屋根は緑の銅板葺き)
白亜の洋館と音衛門01
この周辺は明治から大正時代に建てられた京都府指定有形文化財の建物群「旧松村家住宅」
白亜の洋館と音衛門02 白亜の洋館と音衛門03
実は洋風建築の建物は母屋の裏手にあたり、敷地内をぬけると大通りに木造の和装建築
白亜の洋館と音衛門05
一般の住宅っぽくなく確認してみると御菓子屋さんを営んでおり「足立音衛門本店」なのだ
そうで、てっきり和菓子の店かと思いきや、洋菓子の販売を行っている店舗だそうです
白亜の洋館と音衛門04
ちなみに母屋と洋館の間には茶室もあり、訪れた時はまだモミジが赤く色づいていました
洋館などは一般開放はされておらず、外から眺めるだけ、それでも興味深く拝見



宝が池公園の紅葉

京都市左京区、地下鉄烏丸線の北の終着駅、国際会館駅ちかくの宝が池公園
宝が池公園の紅葉01
今年の夏に訪れた時に、紅葉する樹木が多かったので『これは秋の時期は見事だろう』と思い
11月下旬に足を運んでみたところ案の定、というよりも想像以上に素敵な紅葉風景に遭遇
宝が池公園の紅葉05 宝が池公園の紅葉06
まだ朝早い時間ということもあり(別記事の嵐山の前に散策)ジョギングする人や、ちかくに
学校などの施設が多いので学生たちくらいしかいない時間、たしか朝8、9時くらいかな
宝が池公園の紅葉04
なのでそれほど観光客も多くはなかったのでゆっくり園内を散策していました
宝が池公園の紅葉07 宝が池公園の紅葉08
とくに公園の中央に広がる宝ヶ池と赤や黄色にいろづいた稜線の景色は最高
宝が池公園の紅葉02
水面が鏡のように山々を写して上下対称の姿はなんともいえない美しさでした
宝が池公園の紅葉03
このあと行った嵐山および京都市内の喧騒が同じ市内とは思えないくらいの
のどかでのんびりした場所(昼間になったら人があふれていたかもしれませんけど)
宝が池公園の紅葉09 宝が池公園の紅葉10
地下鉄の駅、バス停からは離れているのでアクセスはしづらいかもしれませんが、
(普通の観光客は車やバスなのかな?)とてもよい風景を見ることができました

モミジの小道

場所、日時を示すものはまったくありませんが京都嵐山でみかけたモミジの紅葉
嵐山界隈のモミジ01
ちかくに有名なお寺がある車が一台通れるか通れないかくらいの細い小道
嵐山界隈のモミジ02
まるで赤い天井ができたかのように頭上をおおうイロハモミジの葉っぱたち
嵐山界隈のモミジ03
ゆっくり撮影したいところでしたが人の多さにジャマにならないように立ち止まって数枚
撮影するのがやっと、ただこの光景は一見の価値ありといったところなのです