fc2ブログ

伊賀上野駅周辺・・・

忍者の里”伊賀観光スポットを見物した後、伊賀鉄道に乗って関西本線と交差する伊賀上野駅へ
次の電車までは15~20分ちかく時間があったので、駅舎をでて駅周辺を散策することに
伊賀上野駅周辺01
伊賀”とつくのでこちらのほうがメジャーなのかと思いきや、駅前ロータリーにはほとんど人は
いませんし(伊賀鉄道を乗ってきた乗客がうろうろ)、商店らしい商店もありません
伊賀上野駅周辺06 151203_007m.jpg
駅正面の看板をみても上野城まで2~3キロって書かれていてもなぁ・・・駅をおりてバス
路線やタクシーじゃないとちょっとはたどり着けそうもありません(実際、歩くと20~30分
伊賀上野駅周辺03
かろうじて「観光案内所」とかかれた建物はあったのですが日曜日なのにシャッターは
しまっており、どうみても営業している様子はありません(忍者はいましたけど
伊賀上野駅周辺04 伊賀上野駅周辺05
喫茶店などもありましたけど、駅近くに観光名所のようなものはなく、味わいはあるんですけど
住んでいる方には悪いのですがお世辞にも賑やかな駅前とは言い難いのどかな田舎の駅デス
伊賀上野駅周辺02
ちなみに伊賀鉄道上野市駅から乗車してきた列車は前の記事でも紹介した松本零士先生
デザイン画でラッピングされた青色の「忍者列車」。これから上野市に戻るみたい
何かを見つける散策あれば何もないことを知る散策もありかなぁ

俳聖殿や上野市駅周辺いろいろ

11月に訪れた三重県伊賀市、伊賀上野城、忍者博物館、だんじり会館のほか
上野公園、伊賀鉄道上野市駅周辺で自分が観光できた場所だけををまとめて紹介
伊賀市いろいろ04
上野公園内にたつ「俳聖殿」。伊賀は俳聖・松尾芭蕉うまれた地だそうで、芭蕉の生誕
300年を記念し昭和初期に建てられた建物(三重県有形文化財、国の重要文化財)
伊賀市いろいろ05 伊賀市いろいろ06
内部には旅姿の芭蕉像が置かれています。また公園内には『芭蕉翁記念館』もあります
伊賀市いろいろ09 伊賀市いろいろ07
伊賀の観光スポット、市街地・上野公園に近いのは伊賀鉄道伊賀線の上野市駅。その周辺にも
忍者にまつわるオブジェ、看板など飾られていました。意外とみなさん一緒に撮影してたり
伊賀市いろいろ01
改札真正面には伊賀鉄道のマスコットキャラクター「ふくにん」の像を建っています
伊賀市いろいろ08 伊賀市いろいろ10
ただ駅舎をでたロータリには忍者とはあまり関係ないような漫画・アニメで有名な
銀河鉄道999」の「鉄郎・メーテルのブロンズ像」と名セリフの立札が飾られていました
伊賀市いろいろ02
実は伊賀鉄道を走る車両、ラッピングが施された「忍者列車」は松本零士氏デザインによるもの
伊賀市いろいろ03
たしかに目元のあたりは松本先生の画風のような・・・もう一車両、青い忍者車両もいたのですが
この時は上野市駅では見かけませんでした。それは別記事で紹介

がぶら 伊賀市観光公式サイト
http://igakanko.net/

伊賀の忍者博物館でゴザル

三重県伊賀市の上野城からほど近く同じ上野公園の敷地内にたつ「伊賀忍者博物館
伊賀の忍者博物館02 伊賀の忍者博物館01
入口は観光客がいっぱいだったので撮影間に合わず、左上の写真は博物館裏手の忍者ショー
行われている会場近くで撮影(忍者ショーはご家族連れには大人気ですでに満席状態でした)。
苔生した茅葺屋根の古民家のような建物が忍者博物館。実際内部は民家を改造した造り
伊賀の忍者博物館15
履物を脱いで博物館にはいると座敷にスタッフの方が棒のようなものを振り回して実演中。
昔の道具のひとつで棒の先端にトゲの突起物がついていて剥ぎ取るためのものだそうです
伊賀の忍者博物館03 伊賀の忍者博物館04
観光客が集まってきた頃合いをみて係りの人があらためて忍者についての説明を開始
伊賀の忍者博物館16
子ども達も多いのですが、これが意外と大人でもあっと言わせるような仕掛けのある忍者屋敷
伊賀の忍者博物館05 伊賀の忍者博物館06
何の変哲もない欄間の奥に忍者が隠れていたり隠し梯子が用意されていたりと立て板に
水のような丁寧で饒舌な話術に動作を交えての説明がみているこちらも楽しめます
伊賀の忍者博物館07 伊賀の忍者博物館08
よく見ると説明するまえに掛け軸のようなものを出しているのですが、ここには係りの人が
話している内容が英文で書かれています(意外と日本語では聞きなれた単語も英語に訳す
とこうなっているのかとちょっと面白かったりします)実際、見物客には海外の人もいましたし
伊賀の忍者博物館17
すでにお気づきとは思いますが、子供たちの大半は忍者装束に身を包んでいます。

忍者屋敷の説明を終えて座敷をでるときはちょっとしたサービスがあったりするのですが
それは現地で気がついてください。当ブログではあえて(どこかでは言っているでしょうけど
伊賀の忍者博物館18
土間の台所用品が置かれている中にも忍者。そこかしこに海外向けのポップ看板もありました
伊賀の忍者博物館09 伊賀の忍者博物館10
屋敷の地下には実際に忍者たちがつかったとされる貴重な史料が展示されています
伊賀の忍者博物館19
小説や漫画、アニメなどでも有名な忍者の道具、衣装、装備などは日本人でも目を引きますが
さきほど屋敷で見かけた海外の観光客(年配の女性)は「Fantastic!!」とつぶやいてました
伊賀の忍者博物館11 伊賀の忍者博物館12
マンガなどの描かれるもの以外にも一口に手裏剣もといってもこんなに種類があるですね
伊賀の忍者博物館20
そのかた博物館のお宮物売り場でもかなり興味津々でしたけど、なお先に述べたように
メディアに登場するような忍者キャラクターなども資料として展示してあったりします
伊賀の忍者博物館13 伊賀の忍者博物館14
単なる古い物ばかりを飾った博物館というわけでもなく実演も交えてとても楽しめる施設でした

いがぶら 伊賀市観光公式サイト
http://igakanko.net/


伊賀上野城と紅葉

11月中旬に訪れた三重県伊賀市、言わずと知れた忍者の里として有名な伊賀の町、
伊賀鉄道の伊賀上野駅下車し(駅周辺はまた別途紹介)まず観光名所のひとつ上野城へ
伊賀上野城と紅葉06 伊賀上野城と紅葉07
天気こそ曇っていましたが公園にはいり城郭を登っていくと、石垣ごしに上野城が見えます
よくみるとそこかしこに青、赤や黒色の忍者装束の子供たちがいますがこれも後ほど説明
伊賀上野城と紅葉01
紅葉の見ごろの時期という情報はありましたけど若干終わり気味でしょうか?せめて
お城をバックにイロハモミジの写真は撮影。くもっていて写真が白っぽいですけど
伊賀上野城と紅葉02
真白い立派な天守閣で「白鳳城」という別名もある伊賀上野城(上野城)ですけど現在の
天守閣は昭和初期に復興された模擬天守で、正式には伊賀文化産業城というそうです
伊賀上野城と紅葉08 伊賀上野城と紅葉09
お城の原型は室町時代以前からあったそうですが、実際に城として建築されたのは
江戸時代初期、徳川家康の信任の厚かった築城の名手・藤堂高虎公が入城したころ
伊賀上野城と紅葉05
前城主・筒井定次公は豊臣側であったのでこれを大阪を攻撃するための城に改築、しかし
夏の陣で徳川の勝利に終わったため本丸などが完成しないまま江戸時代を過ごしたそうです
伊賀上野城と紅葉10 伊賀上野城と紅葉11
お城内部には藤堂高虎公の肖像画や鎧、甲冑などがありました(おや?忍者がいます
伊賀上野城と紅葉12 伊賀上野城と紅葉13
特に目を引いたのは高虎公の兜、両側にウサギの耳か羽根のように飛び出た巨大な突起物
伊賀上野城と紅葉03
実戦向きという感じはありませんけど、これを戦場でみかけたら相当ビックリしたことでしょう。
すでに入口にも飾られていたのですが、伊賀上野城のゆるキャラた伊賀ーくん」で気づけず
伊賀上野城と紅葉04
模擬天守とはいえ頂上までのぼると伊賀周辺の広大な風景をみることができます
伊賀上野城と紅葉15 伊賀上野城と紅葉14
また天井にはいろいろな書が展示されているなど、興味深いお城でした

伊賀上野城
http://www.ict.ne.jp/~uenojyo/

宿場町・名張を散策

11月に訪れた三重県名張市(なばりし)、忍者の里として有名な伊賀市にちかく忍者の源流は
名張が発祥といわれているという話を以前なにかで聞いたので一度訪れてみたかった町です

近鉄大阪線の名張駅を下車してアップダウンのある駅前をぬけると、「初瀬街道」沿いにかつての
宿場町らしい佇まいを残す家屋が立ち並ぶ街並みにたどり着きます(途中に史跡もありましたけど
名張の町を散策01 名張の町を散策05
天気はそれほど悪くもなく寒くもない休日でしたが全くと言ってよいほど観光客はいません
それどころか地元の方もあまり見かけないような(時間帯にもよるのかもしれませんが)
名張の町を散策07
歴史を感じさせる寺院古刹もあるのですが地元に根付いていて入りづらいかなぁ・・
名張の町を散策09
「隠れる」で「隠(なばり)」という提灯を飾った、昔からの建物も残っているのでしょうけど、
よく見ると最近改築しているような建物もあったり時代に合わせて変わっているんでしょうね
名張の町を散策03 名張の町を散策02
少々期待しすぎた面もあり長時間観光するには・・かな。と思い、電車の時間を確認し
戻ろうとした矢先、『江戸川乱歩生誕の地』という道標を発見。あとでわかったのですが
この道標のある路地の奥に乱歩生誕の石碑が建っていたそうです(見損ねました
名張の町を散策08
街灯のバナー看板にも江戸川乱歩や近くの蛭子神社(えびす)にまつわるイラストが
描かれていたりと、もっとじっくり回ると意外と興味深いものがあったのかも・・
名張の町を散策04 名張の町を散策06
ちなみに名張の町全体としては赤目四十八滝、香落渓や青蓮寺湖などといった自然の
観光スポットが有名なようです。となりの赤目口駅でずいぶん下車していましたし

三重 なばりの観光ガイド
http://www.kankou-nabari.jp/