fc2ブログ

津軽の中里八幡宮

青森県五所川原を自転車で散策中にみかけた神社・・と思ったのですが改めて確認すると
正確な住所は北津軽郡中泊町(旧中里村)にあたる場所でみかけた「中里八幡宮
津軽の中里八幡宮01
道路に面した場所に鎮座していており歴史を感じる立派な木造の鳥居に目を引かれて参拝
津軽の中里八幡宮02
朱塗りの鳥居を複数くぐると正面に拝殿。両脇には狛犬以外にもなどが置かれています
津軽の中里八幡宮04 津軽の中里八幡宮05
とくに目を引いたのはこちらの鳥の石像。八幡宮なので鳩に由縁があるという話を
聞いたことがありますが、顔のあたりが剥げてしまいハトかもしれませんがフクロウにも?
津軽の中里八幡宮06 津軽の中里八幡宮07
参拝者もおらず、社務所などもありませんが、狛犬たちの前掛けなどから見てもわかるように
ちゃんと綺麗に掃除されており、神聖ですがすがしい気分になる境内でした
津軽の中里八幡宮03
後日知りましたが、すぐちかくの深郷田(ふこうだ)集落の人々が大切に守る地元の神社だそうで
「深郷田八幡宮」とも呼ばれていたそうです。こういう神社残ってほしいですね

七夕飾りと鶴岡八幡宮

6月下旬の神奈川県鎌倉市、市内の観光名所として有名なスポットのひとつ鶴岡八幡宮
七夕飾りと鶴岡八幡宮05 七夕飾りと鶴岡八幡宮06
ひさびさに訪れたのですが、鎌倉駅方面から真正面に伸びていた参道は2015年の時点では
工事中で金属製の塀に覆われていました。なので両脇の道路がずいぶん狭くかんじます
七夕飾りと鶴岡八幡宮01
6月も終わりになればアジサイなども終わって少しは観光客も少なくなるかな?と思ったの
ですが大鳥居のふきんからすでに混雑気味。ここはいつきても歩行者や車が多いですが
七夕飾りと鶴岡八幡宮07 七夕飾りと鶴岡八幡宮08
さて境内に入ると七夕祭りが近いので七夕飾りがそこかしこに飾られていました
七夕飾りと鶴岡八幡宮09 七夕飾りと鶴岡八幡宮10
さらに進んでいくとなにやら黒山の人だかりができていまして覗き込んでみると結婚式
執り行われていました。ちょうど新郎・新婦の姿を見かけたので赤の他人ですが撮影
七夕飾りと鶴岡八幡宮02
自分以外にも珍しさに多くの観光客の人にカメラやスマホで撮影されていました
鶴岡八幡宮のような観光地で結婚式をしようというのはそれなりに理由があるのでしょうかね
七夕飾りと鶴岡八幡宮03
歴史の教科書にもっている鶴岡八幡宮の石段。昔はわきに大きなイチョウの木がありました
七夕飾りと鶴岡八幡宮04
拝殿まで階段を上り切ると、こちらにも七夕の幟(のぼり)が飾られています。門をくぐった
賽銭箱、本殿ふきんにはさらに多くの飾りつけがされていたのですが、その区域は撮影NG
七夕飾りと鶴岡八幡宮11 七夕飾りと鶴岡八幡宮12
また正面階段のあたりも立ち止まっての撮影は警備員さんに注意されてしまいます(自分は
階段から少し離れたところで撮影)たしかに国内外の観光客が多く参拝・集まる場所なので
事故やトラブルがないようにするのは仕方ないですけどねぇ

鶴岡八幡宮
https://www.hachimangu.or.jp/


平塚八幡宮とアヒルたち

「湘南ひらつか七夕まつり」が開催されていた日に訪れた神奈川県平塚の町に鎮座する「平塚八幡宮」。
平塚八幡宮とアヒルたち01
七夕まつりに合わせてなのでしょう、大鳥居にもきれいな七夕飾りが飾られています
平塚八幡宮とアヒルたち02
参道をそのまままっすぐ進み、本殿正面に行くと「茅ノ輪くぐり」が置かれていました
平塚八幡宮とアヒルたち09 平塚八幡宮とアヒルたち10
また本殿前にも願い事の書かれた短冊が飾られた笹飾りが飾られています
平塚八幡宮とアヒルたち03
参拝を終えて境内を散策していると。アレ?アヒルの行列??
平塚八幡宮とアヒルたち05 平塚八幡宮とアヒルたち06
どうやら境内の池に住んでいるアヒルやカモが行進をしていたようです。
その様子に参拝しにきていた親子連れ、とくに子供たちは大はしゃぎをしています

さらに池で撮影していると、なぜかハトたちが一斉にこっちに飛んできました!?
平塚八幡宮とアヒルたち04
理由はワカリマセンケド(近くでエサをまいていたのかな?)、ビックリ!?
平塚八幡宮とアヒルたち07 平塚八幡宮とアヒルたち08
一応カメラのシャッターを押してみましたが、飛んでいるハトの姿は
まともに写し切れていませんが雰囲気が伝われば・・
平塚八幡宮とアヒルたち11
また池の端っこには一羽のバリケンがいました。一羽だけなので
アヒルやカモたちの様子を眺めているようにもかんじます
由緒ある神社だけでなく貴重な光景も見ることができました

平塚八幡宮
http://www.hachiman.org/

平塚八幡宮

神奈川県平塚の湘南たなばた祭りが行われるときに訪れた「平塚八幡宮」。
平塚八幡宮

七夕祭りの会場からほんの数百メートル離れた場所なのですが
まつりの賑やかな喧騒からは打って変わって静寂に包まれています。
池 七夕飾り
曇り空で全体的に薄暗い印象を受けますが暑さをしのいで涼んでいる方々もいます
市内の祭りの日ということもあり境内には七夕飾りも飾られており、
参拝者もちらほらみかけました(中には熱心にお祈りされている方もいました

本殿
7月の肇ということもありまだ本殿入り口付近には「茅の輪」がおかれており、
海外からの観光客の方でしょうか?興味深げに「茅の輪くぐり」を行っていました
回っていたので撮影はひかえさせていただきました
ちなみに平成22年7月7日午後7時に「短冊祈願祭」というのが行われるそうです



平塚八幡宮 相模國一國一社
http://www.hachiman.org/

杉並大宮八幡宮の花笠まつり,,失敗

安産・縁結び・厄除開運のご利益や「東京のへそ」としてしられる
杉並区「杉並大宮八幡宮」の初冬の風物詩「花笠まつり」。

1212-006.jpg

毎年12月の第二土曜日に行われるので、
はじめて撮影しに足を運んでみましたが、神社に到着したときに
ちょうど太鼓の音が止んでしまい、境内に行くと集合写真の撮影中。
1212-001.jpg
来年は踊っているところを撮影したいと思います

せっかくなので境内を散策して見つけたものを撮影。
1212-004.jpg
扇の形をした絵馬でしょうか?

神門をくぐったところにある夫婦銀杏(めおといちょう)
1212-002m.jpg
銀杏の葉っぱが落ちて神門や地面を黄色く覆い尽くしています
1212-007m.jpg 1212-003m.jpg

ちなみにかつては大宮八幡神社と言われていたそうで、
境内の端っこのほうにはそのころの石碑が残されています
1212-010m.jpg 1212-009m.jpg

杉並大宮八幡宮 総合トップページ
http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/