fc2ブログ

真夏の岡山後楽園

夏休みに訪れた岡山岡山市の「岡山後楽園
正門入口は左の写真ですが、岡山城から後楽園に向かう途中の旭川にかかる
月見橋(右の写真)を遠くから、渡るときの光景というのもなかなか味がありました
岡山後楽園01 岡山後楽園02
正門からはいると目につくのは一面の緑の芝生
岡山後楽園09
水戸偕楽園金沢兼六園にならび日本三名園に数えられる「後楽園」、
その広さはおよそ4万坪(そもそも旭川の中州にある島状態の陸地ほぼすべてが庭園ですし)
岡山後楽園15 岡山後楽園17
中央部分は背の高い木々がなく真夏ですとさえぎるものがなく直射日光があたります
園内で最も大きな池、「沢の池」と曲水の間を縫うように歩く観光客
岡山後楽園04
高さ6メートルの唯心山(ゆいしんざん)、上から眺めると園内を一望でき、
下から見ると芝生と植木の調和した姿がとても雅(みやび)に感じさせてくれます
岡山後楽園10
池と庭園の緑、奥に見える黒い岡山城の風景はたいへん美しく感じます。
岡山後楽園06
パンフレットに載せられた風景、絶景ポイントはこのあたりでしょうか?
岡山後楽園05
個人的に偕楽園だと「梅」、兼六園だと「石の灯篭」とキーワード的なものが
「後楽園」には浮かばなかったですが、この開放的な空間自体が特徴なのでしょうかね
岡山後楽園16 岡山後楽園12
中央から外れると木森があり、桜林、梅林など季節の木々が植えられています。
岡山後楽園07 岡山後楽園08
夏場はこちらの「花葉の池」(かようのいけ)のハスの花がよいのでしょうが、
すでに8月ともなると花の時期は終わり気味、ただ若干咲いている花をみかけることができました
岡山後楽園03
ほかにもかやぶき屋根の庵や歴史的な史跡が点在しています
岡山後楽園14 岡山後楽園13
さらに端のほうには「弓場」や「鶴舎」などがあり、その名の通り「タンチョウヅル」が飼育されていました
岡山後楽園18 岡山後楽園11
とても広大な敷地の上、炎天下であったため園内を移動するのがやっとなくらいで
いささか「楽しめた」という感じがなかった観光でしたが、
また別の季節にも訪れてみたいと感じました


岡山後楽園
http://www.okayama-korakuen.jp/

金沢城公園、石川門周辺

石川県金沢市兼六園隣の金沢城公園の石川門周辺
兼六園に閉園間際の時間に訪れ、その足で立ち寄った
時間だったのでさらに辺りが暗くなってしまい、かろうじてが積もっているせいで
多少明るくはありますが写真もだいぶ暗くてスミマセン
石川門1 石川門2
時間の関係上、金沢城公園内を散策することはできませんでしたが、石川門あたりをみると
なにやらシートがかかっていました。看板を確認すると平成25年度まで保存修理が行われているそうです
石川門3
平成25年というと2013年ですか・・
また、そのときは日暮れ時ではなく
日のある時間帯にゆっくり訪れたいものです

こちらはこの日石川門付近でみかけた雪だるま
石川門4
写真ではわかりづらいですが、耳のようなものもついていますが
モチーフ何だったのでしょうかねウサギ?

冬の兼六園

2012年1月の三連休に青春18きっぷを利用して北陸地方に旅行してきました
一泊目は石川県金沢市に宿を予約。北陸地方の中でも多くの観光名所のある金沢市内、
以前も観光したこともあり、到着時刻の関係上「市内の観光は無理かな?」と思ったのですが、
友人から「冬の兼六園は良い」という情報を聞いたので、閉園1時間前に入園して少しだけ散策してきました
兼六園2
閉園時刻、日没時刻が近かったため、写真が暗くてスミマセン
兼六園8 兼六園10
以前訪れたときには夏場でしたが、冬場はまわりに雪が積もっていて風流です。
兼六園4
こちらは有名な兼六園の石灯籠(徽軫灯籠(ことじとうろう))。多くの人がここで記念撮影していました
兼六園9 兼六園13
時間の関係上、霞ヶ池周辺だけでもを廻ることに。
兼六園3
こちらは「唐崎の松」。雪吊の姿もみごとなクロマツたちです。
兼六園11 兼六園12
ここも撮影スポットでちょうど団体のお客さんたちが松をバックに記念撮影をしていました
兼六園5
霞ヶ池と喫茶(内橋亭)。池の水に反射していて鏡のようです
兼六園17 兼六園15
日本三大名園のひとつに数えれる兼六園なので、薄暗くなっても多くの国内外の観光客がいました。
写真には写らないように、他の観光客の撮影のジャマにならないように配慮したつもりです。
兼六園1
この日は時折、急に雪が降ったかと思うとすぐ止む天気。
ちょうど雪がつよくなったときに見かけたサザンカの垣根。雪の様子わかりますかね?
兼六園18 兼六園16
やはりこれだけ積もっているので、むしろ止んでいるときに見学できたことのほうが幸運だったのでしょうかネ
兼六園6
こちらはナンテンの実でしょうか?白と黒の銀世界に赤い実が愛らしく映ります
兼六園19 兼六園14
こちらは瓢池(ひさごいけ)。このあたりでも一旦止んだ雪が激しく降っていました。
兼六園7
自分が撮影していたとき、すぐ隣で海外からの観光客の人もカメラを構えていましたが良い写真撮れたのかな
兼六園20 兼六園21
駆け足でまわった冬の兼六園でしたが、ごく一部しか見て廻れませんでしたが
やはり名勝と謳われるだけありすばらしい景色ばかりでした。
今度はゆっくり雪の兼六園を散策してみたいものです

兼六園ホームページ
http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/