fc2ブログ

冬枯れの木々とツグミ

寒さがまだ厳しい冬真っ只中、葉っぱがほとんどない冬枯れ木々
冬枯れの木々とツグミ02
夏場であったら鬱蒼とした森のようになっている公園の樹木たち
冬枯れの木々とツグミ01
おおよそ生命の営みを感じさせないような荒涼とした風景の中をうごく生き物一匹
冬枯れの木々とツグミ03 冬枯れの木々とツグミ04
遠くから眺めていたので当初、野鳥らしいことくらいしかわかりませんでしたが
冬枯れの木々とツグミ05
冬鳥のツグミでしょうかね。まるで地面から木を眺めているような気がしたり

春遠く感じ

暑さ寒さも彼岸までとはいいますが彼岸がすぎてもまだ東京に雪が降ったりする寒い日々
春遠く感じ01
葉っぱもない丸裸の冬枯れ木立を見上げるとまだまだ春は遠いのかな?と感じてしまいます
春遠く感じ03
寒空に四方に伸びた枝だけみていると樹木の怪物、バケモノのようにも見えてきます
春遠く感じ02
季節が進んで葉がついたらこんもりとした姿をみることができるのかと想像するのも一興かな




冬枯れ木立の枝先木の実

3月になり気温が徐々に高くなり春の陽気になってもまだまだ木々をながめても冬枯れ状態
冬枯れ木立01
そんな葉っぱもない枝ばかりが目立つ裸の樹木枝先に丸っこい実を発見
冬枯れ木立02 冬枯れ木立03
完全に乾燥しきっていて、生気があった頃には判断もつくのでしょうけど何の木の実なのか素人にはわかりません(専門家ならわかるのでしょうけど)ただこれも季節の風景かな

冬の水元公園

まだ寒さ厳しい2月下旬、都内屈指の広さを誇る葛飾区水元公園
冬の水元公園02
冬枯れの木々に真冬の高空、風も少なく水面にうつるたち
冬の水元公園03
写真なので時が止まったかのように見えて当たり前ですが、穏やかで静寂な風景
冬の水元公園01
でも休日だったので結構、来園者がいたのですがヒトのいない合間をさっと撮影


真冬に夏の忘れ物

この記事にはムシ、昆虫を連想する写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください

公園に植えられた樹木、真冬の時期だったので葉っぱはほとんどなく冬枯れ状態
夏の忘れ物01
そんな木を眺めていたら枝に何やらついているのを発見。ズームして確認すると
夏の忘れ物02 夏の忘れ物03
セミの抜け殻です。の時期から考えても半年、数か月くらいは経っていたわけで、そんなにしっかり残っているものか感心しつつ、の忘れ物と思ったり