fc2ブログ

雨上がりのキンモクセイ

10月ともなるとどこからともなく鼻腔をつくキンモクセイの甘い香り
キンモクセイ01
毎年見かけては何枚も写真は撮っているのですがやっぱり今年も撮影
キンモクセイ02
この日はが降ったあとだったので葉っぱにすこし水滴が残っていました。毎度のことですがネットの写真からはまだ匂いは伝えることができないのが残念


花壇に咲いた紫色の花

公園壇に植えられた紫色小さな。その間をよく見てみるとクマバチが飛んでいました
紫色の花02
の季節になるとどこからともなく現れて、ずんぐりとした黒い体躯で
まさにクマがかぶりつくようにびらに取り付いて蜜を集めています
紫色の花05 紫色の花03
ズームしてよく見てしまうと、少し枯れかかっている感じのする花ですが
ちょっと花の香りなのか葉っぱの香りなのか独特匂いがしている気がしました
紫色の花01
花壇で育てられている花なので珍しいとまではいかないでしょうけど、
調べてみるとおそらくブルーサルビア(サルビア・ファリナセア)だと思います
(むしろ人気(ひとけ)が少ない公園撮影していた自分のほうが奇異に見えたかも・・)
ただ一面が紫色に染まった植込みとクマバチの飛んでいる光景に心惹かれ


ジンチョウゲの香りに誘われて

3月初旬の代々木公園を散策していると、どこからともなくジンチョウゲ香りがしてきました。
ジンチョウゲの花01
テニスコートの近くの植込み、まだこのときはツボミが多かったのに
あたりはジンチョウゲ特有のあまい香りに満ち溢れています
ジンチョウゲの花02
撮影していると香りを察知してクマバチが飛んできて花に身体をうずめていました。
ジンチョウゲの花05 ジンチョウゲの花04
なかなかこちらを向いてくれませんし、相手も相手ですし分かりづらいですが黒っぽい塊です

こちらの公園は白いの花が中心なのかな?と思ったらすぐ近くに紫と白の花の株も植えられていました
ジンチョウゲの花06 ジンチョウゲの花07
まだ咲いていない花も多かった時期でしたが香りは抜群。
自分のほかにも足をとめて香りをかいだり、写真に収めている人もいました
ジンチョウゲの花03
人によっては独特の強めの匂いが苦手という人もいるとは思いますが、
春をつげる沈丁花香り。写真でお伝えできないのが残念な限りです

くんくん

路地裏でみかけたちょっと太目の白いネコ。何をしているのかな?
くんくん02
あまり近寄って逃げてしまうと思い、遠巻きから撮影
何か植物匂いをかいでいるように見えます。
あらかじめタイトルで「くんくん」とかつけてしまうと
そのように見えてしまうかもしれませんが・・

ん?
くんくん01
気がつかれました

と、それでもその後も同じポーズをしていたのですが
くんくん03
そのうち厭きたのか、のしのしと建物のほうに消えていきました

トウネズミモチの花とネコ

小雨降る7月初旬の日比谷公園を散策しているとなにやら独特の香りがしています
匂いの方向を確認すると、淡黄色、乳白色の小さな小さなを咲かせた樹木が目に入りました。
トウネズミモチ05 トウネズミモチ06
匂い、香りの正体はこの植物のなのでしょう。この一帯がかなり臭いをキツク感じました
トウネズミモチ01
梅雨から初夏の時期にかけて街路樹や公園にたしかに咲いていて
特有のニオイがある植物だとは以前から気にはなっていたのですが、
あらためてカメラを向けてみるとそのはかなり小さく、自分のカメラではコレが限界です
トウネズミモチ04
後日調べてみるとおそらくトウネズミモチの木、だと思います。
記事タイトルにまでしましたが間違っていたらゴメンナサイ
トウネズミモチ03
似た種類の樹木にネズミモチの木もあるのですが、葉っぱを裏から光を当ててみると
葉脈などが透けて見えるのがトウネズミモチ(唐鼠黐)だそうです。なので上の写真は透けているので・・

ちなみに樹木のすぐ真下やちかくにはなぜかネコたちがウロチョロしていました
トウネズミモチ02
鳥や昆虫がトウネズミモチの、実などを食べたり、
粉を媒介することはままあるそうですが猫たちは果実にも興味はないのでしょうけど・・・
トウネズミモチ07 トウネズミモチ08
偶然なのか、もしくは彼ら(野良猫たち)のなわばりになっているのでしょうかネ?


日比谷公園|公園へ行こう!
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index037.html