fc2ブログ

伊賀の忍者博物館でゴザル

三重県伊賀市の上野城からほど近く同じ上野公園の敷地内にたつ「伊賀忍者博物館
伊賀の忍者博物館02 伊賀の忍者博物館01
入口は観光客がいっぱいだったので撮影間に合わず、左上の写真は博物館裏手の忍者ショー
行われている会場近くで撮影(忍者ショーはご家族連れには大人気ですでに満席状態でした)。
苔生した茅葺屋根の古民家のような建物が忍者博物館。実際内部は民家を改造した造り
伊賀の忍者博物館15
履物を脱いで博物館にはいると座敷にスタッフの方が棒のようなものを振り回して実演中。
昔の道具のひとつで棒の先端にトゲの突起物がついていて剥ぎ取るためのものだそうです
伊賀の忍者博物館03 伊賀の忍者博物館04
観光客が集まってきた頃合いをみて係りの人があらためて忍者についての説明を開始
伊賀の忍者博物館16
子ども達も多いのですが、これが意外と大人でもあっと言わせるような仕掛けのある忍者屋敷
伊賀の忍者博物館05 伊賀の忍者博物館06
何の変哲もない欄間の奥に忍者が隠れていたり隠し梯子が用意されていたりと立て板に
水のような丁寧で饒舌な話術に動作を交えての説明がみているこちらも楽しめます
伊賀の忍者博物館07 伊賀の忍者博物館08
よく見ると説明するまえに掛け軸のようなものを出しているのですが、ここには係りの人が
話している内容が英文で書かれています(意外と日本語では聞きなれた単語も英語に訳す
とこうなっているのかとちょっと面白かったりします)実際、見物客には海外の人もいましたし
伊賀の忍者博物館17
すでにお気づきとは思いますが、子供たちの大半は忍者装束に身を包んでいます。

忍者屋敷の説明を終えて座敷をでるときはちょっとしたサービスがあったりするのですが
それは現地で気がついてください。当ブログではあえて(どこかでは言っているでしょうけど
伊賀の忍者博物館18
土間の台所用品が置かれている中にも忍者。そこかしこに海外向けのポップ看板もありました
伊賀の忍者博物館09 伊賀の忍者博物館10
屋敷の地下には実際に忍者たちがつかったとされる貴重な史料が展示されています
伊賀の忍者博物館19
小説や漫画、アニメなどでも有名な忍者の道具、衣装、装備などは日本人でも目を引きますが
さきほど屋敷で見かけた海外の観光客(年配の女性)は「Fantastic!!」とつぶやいてました
伊賀の忍者博物館11 伊賀の忍者博物館12
マンガなどの描かれるもの以外にも一口に手裏剣もといってもこんなに種類があるですね
伊賀の忍者博物館20
そのかた博物館のお宮物売り場でもかなり興味津々でしたけど、なお先に述べたように
メディアに登場するような忍者キャラクターなども資料として展示してあったりします
伊賀の忍者博物館13 伊賀の忍者博物館14
単なる古い物ばかりを飾った博物館というわけでもなく実演も交えてとても楽しめる施設でした

いがぶら 伊賀市観光公式サイト
http://igakanko.net/


勝浦の「海の博物館」

千葉県の勝浦海中公園、海中展望台のすぐ近くにある「千葉県立中央博物館分館 海の博物館
海の博物館07 海の博物館04
展望台を見学後に少し時間もあったのでせっかくなので立ち寄ることに、
館内には千葉県とくに房総半島を中心に海の自然を紹介する展示室があります
海の博物館01
房総の近海にすむ生物などや干潟に育つ植物、飛来する野鳥などが模型でも展示
海の博物館06 海の博物館05 
深海魚のはく製もありましたけど付近で捕れるようです。自分が訪れた時には
期間限定(8月いっぱいだったかな?)として「フグ」の特別展が行われていました
海の博物館03
フグの生態や人間とフグとの関係を紹介するさまざまな資料・・「フグ刺し」?!
なお館内ロビーからはガラス越しに巨大な「ツチクジラ」の骨格標本を見ることができます
海の博物館02
近くによることはできないようですが、窓越しに見ていても迫力のある光景です
入館料が安価な分それほど広くはない博物館ですが、有意義な観覧ができました

千葉県立中央博物館分館 海の博物館
http://www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU


富山市郷土博物館

3月中旬に訪れた富山富山市の「富山市郷土博物館
富山市郷土博物館03 富山市郷土博物館04
このとき移動の途中、2時間ほど時間が空いたので富山に降り立ちせっかくなので観光
富山市郷土博物館11
駅近くに観光できる場所は無いかと思い地図を確認していると博物館があることを知りました
富山市郷土博物館09
かつて富山城のたっていた場所につくられた富山城公園。復元された
富山城内部は富山の土地、富山城の歴史が紹介された貴重な史料、品々が展示
富山市郷土博物館06 富山市郷土博物館01
とくに驚かされたのはこちらの巨大な兜(かぶと)まわりのパネルなどと比べると相当な大きさ
富山市郷土博物館10
昨今はアニメやゲームなどで派手にデフォルメされた戦国武将の鎧などがありますが
こういうのをみるとあながち奇抜なデザインの鎧兜というのも・・とか思ってしまいます
富山市郷土博物館08
資料エリアから天守展望台にあがると富山市内を一望
富山市郷土博物館05 富山市郷土博物館02
市街地なのでビルなどが周りに見えますが、富山ならではの山並みなどを見ることができます
富山市郷土博物館07
ちなみにこちらの拝観券と一緒に近くにある「富山市佐藤記念美術館」の
入場券を買うと割安だったため、美術館も見学(内部は撮影NG)
短い時間でしたけど有意義な観光ができたかも

富山市郷土博物館・富山市佐藤記念美術館公式ホームページ
http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/


府中市郷土の森博物館の梅園

3月中旬の東京、府中市にある「府中市郷土の森博物館」の梅園の風景
郷土の森博物館の梅園05 郷土の森博物館の梅園06
この日は天気も良く春の暖かさを感じる陽気でした
郷土の森博物館の梅園01
そのため園内には多くの入場者がおり、博物館を素通りしてみなさんのお目当ては「梅園」。
郷土の森博物館の梅園07 郷土の森博物館の梅園08
ちょうど「梅まつり」が行われており、梅園ちかくでは名物の「ハケ上団子」や
甘酒やソフトクリーム、お菓子などを販売する屋台もたっていました
郷土の森博物館の梅園02
降り注ぐ雪のように咲いたしだれた枝にさいたウメの花
郷土の森博物館の梅園09 郷土の森博物館の梅園10
すこし高い場所からながめるとウメの花びらで風景が白と赤にみえます
郷土の森博物館の梅園03
サクラほど派手ではありませんがここまでの量があると圧巻です
郷土の森博物館の梅園11 郷土の森博物館の梅園12
見物客のみなさんはそこかしこでスマホやデジカメなどで撮影
郷土の森博物館の梅園04
このときは白梅や紅梅、ピンク色の花が見ごろを迎えており甘い香りが漂っていました
郷土の森博物館の梅園13 郷土の森博物館の梅園14
今回はじめて訪れた場所でして個人的には「どんな場所だろう?」くらいの
気持ちだったのですが、とても良い風景を見ることができました

府中市郷土の森博物館
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

八戸市博物館と根城の広場

ゴールデンウィークに訪れた青森県。旅行初日の宿泊先は八戸、宿泊するだけで
観光はする予定ではなかったですが、少し早目についたのでバスを利用してちょっと市内を観光

訪れたのは八戸駅からバスで10~15分、八戸市博物館
博物館と根城の広場01
入口には凛々しい南部師行公の銅像が建てられており、中には八戸の歴史文化紹介されています。
博物館と根城の広場06 博物館と根城の広場07
土器、石器などが展示され、縄文時代から連綿と栄えた八戸の風土には興味をそそられます
博物館と根城の広場02
フラッシュ撮影や一部展示物の撮影はNGだったのですが常設展示は撮影OKだったので
館内の雰囲気がわかる程度の写真を撮影。細かな実物の説明などは現地でみてください

建物の隣には芝生と植物の植えられた起伏のある「史跡根城の広場」が広がっています
博物館と根城の広場03
こちらには先ほど博物館の前にあった南部師行公によって築上された根城(ねじょう)があったそうです
博物館と根城の広場12 博物館と根城の広場08
根城の模型も用意されており高台に居城された規模には驚かされます
博物館と根城の広場04
バスで広場を眺めていたときシダレザクラの木がみえて花がまばらなのが見えたので
「シダレザクラが植えられているけど・・さすがに散っているんだなぁ」と思ったのですが
博物館と根城の広場09 博物館と根城の広場10 
よくみると5月初旬でしたがまだ咲いていない状態でした。
博物館と根城の広場05
自分が訪れた時にはまだサクラより季節の早い、レンギョウやウメの花などが咲いていましたし
博物館と根城の広場13 博物館と根城の広場11
この日は空も曇っており、風も冷たく夕暮れまじかだったのでほとんど人はいなかったのですが
晴れて天気がよければ季節の花が咲き、おだやかな場所なんでしょうね~

八戸市観光情報
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/