fc2ブログ

雲出川の流れ

名松線の終着駅、伊勢奥津駅から伊勢本街道を歩いていると石造りの橋を発見
雲出川の流れ04 雲出川の流れ05
写真に収めたのですが光で飛んでしまいわかりづらく申し訳ありません。看板には「これより職人街・須郷の里」と書かれています
雲出川の流れ01
その歴史を感じさせる橋から見えたのは、自然の息吹を感じさせてくれる雄大な景色
雲出川の流れ02
眼下を流れるのは雲出川(くもずがわ)という河川で三重県と奈良県との県境を水源にし伊勢湾に流れ込んでいるそうです
雲出川の流れ03
その透明度は橋の上からでも川底が見えるほど(なにかブロックのようなものが落ちているような)、ちなみに現地の人も伊勢奥津駅から下車した人もこの辺りまではこなかったので独り占めした感じでした


名松線の終点・伊勢奥津駅

三重県を走るJR名松線(めいしょうせん)、その終着駅である伊勢奥津駅(いせおきつえき)
名松線の伊勢奥津駅01
同県松坂市の松坂駅から東に延びる名松線は本来は関西本線の名張駅まで延伸されるはず
でしたが、諸般の事情で計画は断念。この伊勢奥津駅が終点になるいわゆる盲腸線
名松線の伊勢奥津駅04 名松線の伊勢奥津駅05
山間の静かな小さな無人駅ですが、夏休みということもあり地元の人や観光客、とくに鉄道ファン
(自分も同じですけど)が多く乗っていてうらぶれた雰囲気はあまりありませんでした
名松線の伊勢奥津駅02
ただ駅舎にもあるように名松線を残そうと、伊勢奥津駅の隣にはお弁当屋地元の物産販売、
地域のコミュニティを行う観光案内所が設置されていて観光に力を入れているようです
実際、ホリディシーズンを過ぎたりするとほとんど人がいなくなってしまうんでしょうね
名松線の伊勢奥津駅06 名松線の伊勢奥津駅07
ちなみにGoogleマップで駅周辺をみると(2018年9月時点)でツタに覆われた奇妙な建造物が表示されていましたけど、駅近くの給水塔がそれ。また駅にはツバメの巣も
名松線の伊勢奥津駅03
いちおう駅ということで車両も撮影。まだ発車時間まであるので記念に撮影していたり、子供のたちがお絵かきをしていたり都会の駅では見かけないのどかな光景を拝見


津市伊勢奥津駅前観光案内交流施設 ひだまり
https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_22205.html