fc2ブログ

鷺沼古墳とハニワたち

千葉県の京成津田沼駅から徒歩10分程度の場所にある「鷺沼城公園」、津田沼方面に
用事があったときに気になって立ち寄ってみました。なお住所的には習志野市
鷺沼古墳とハニワたち04 鷺沼古墳とハニワたち05
城址公園というだけあってかつてここには鷺沼城というお城あったそうで、少し小高い丘にある
公園内には石碑もあったのですが、それ以上に目についたのは家型埴輪を模したような建物
鷺沼古墳とハニワたち01
内部には「鷺沼古墳B号墳箱式石棺」なる史跡が保存されており、鷺沼城が建つ
さらに昔にこの地を治めていた豪族の存在がいたことの証明とされる遺構といえます
鷺沼古墳とハニワたち03
B号と言うだけあり、ほかにも古墳があり冒頭の鳥居に祀られた祠がA号墳の前方後円墳、
てっきりお城を祀ったものかと思って詳しく撮影せず、今思えばちょっとこんもりしていたかも
鷺沼古墳とハニワたち07 鷺沼古墳とハニワたち06 
ちなみに古墳群周辺には古代のロマンを感じさえるように埴輪のオブジェが置かれていました
鷺沼古墳とハニワたち02
森の中に置かれていて昼間見ても、ちょっと不思議な雰囲気のする代物でしたけど、街灯も
少なそうな公園なのでウマ型やヒト型の像が置かれていると夜中みたらかなりビックリしそう


雪の最上公園

1月初旬に訪れた山形県新庄市、今回の旅行、山形新幹線で終点まで行ってみたの
ですが、雪深い冬の新庄。駅から徒歩15~20分の場所にある最上公園も雪景色
雪の最上公園01 雪の最上公園02
公園まではアーケード商店街などがあり、それほど苦にならずたどり着きましたが近くまで行くと
建物もなくなり雪が積もっていました。こちらは公園入口のひとつ戸沢神社(戸澤神社)
雪の最上公園09
狛犬たちの頭に乗っている雪の高さからもかなりの量がふっていることがわかります
雪の最上公園03 雪の最上公園04
1月なので初詣の看板もたっていましたが、地元の方は来られているんでしょうね
雪の最上公園10
一応お参りに来る人用に歩道、車道の部分は雪かきはされてはいたのですが、どんどん
降ってくる雪であっという間に埋もれていました。末社の白い鳥居も雪をかぶっています
雪の最上公園05 雪の最上公園06
こちらの公園、もともとは新庄藩の新庄城があり市指定史跡、新庄城址があるのでそちらを
観光、見物しようとここまで目指してみたのですが園内に入ることができないくらいの雪
雪の最上公園11
このあたりが城址なのかもしれませんが、ときおり吹雪く天気と雪が深くて近寄ることも
できません。観光旅行にきて公園で遭難するなんてことはしたくはないので無理はしません
雪の最上公園12
上の写真、中央にわかりづらいですけど看板があるのですが、園内の地図を描いている
だろう、大きな看板ですがすっぽり雪に埋もれていてかなり積もっているのがわかります
雪の最上公園07 雪の最上公園08
城址なのでお堀もあるのですが噴水が動いている場所もありましたが雪と氷でほぼ凍っています
春は桜の花もさく場所ですが、冬はこんな光景が広がっているのですね。これも季節の風景とことで

新庄まつり・観光情報ポータル(新庄市) - 新庄市役所
http://www.city.shinjo.yamagata.jp/kanko.html

水戸城のあと

茨城県水戸市水戸藩の藩校・弘道館跡を見学したあと「水戸城」跡の看板を発見
水戸城の跡地01
そういえば御三家と言われた水戸藩の御膝元である水戸ですが「水戸城」って
正直、印象がありません。弘道館・至善堂の正面入り口からほど近くにある大手橋。
現在は舗装されて車が行きかい、江戸時代の頃の面影を感じさせる光景とは言い難いです
水戸城の跡地03 水戸城の跡地04
一本道を進んだのですが看板らしいものはなくなり、あたりには歴史的な史跡や樹木などがぽつぽつ
残っている程度でいわゆる城址という雰囲気もなく、真新しい学校など建物が目立ちます
水戸城の跡地06 水戸城の跡地05
弘道館から徒歩数分歩いていくと自然の地形と人為的に整備された”お堀”らしい場所に到着
水戸城の跡地02
陸橋を渡り切った先が水戸城跡なのですが、現在は高校の敷地内。史跡見物での立ち寄ることは
大丈夫らしいのですが、学生たちが行きかう中ではなんだか落ち着きません。とりあえず大きな
門扉だけ撮影して退散。歴史に詳しい方なら経緯を知っているのでしょうけど、少し意外でした

水戸観光協会
http://www.mitokoumon.com/

富山市郷土博物館

3月中旬に訪れた富山富山市の「富山市郷土博物館
富山市郷土博物館03 富山市郷土博物館04
このとき移動の途中、2時間ほど時間が空いたので富山に降り立ちせっかくなので観光
富山市郷土博物館11
駅近くに観光できる場所は無いかと思い地図を確認していると博物館があることを知りました
富山市郷土博物館09
かつて富山城のたっていた場所につくられた富山城公園。復元された
富山城内部は富山の土地、富山城の歴史が紹介された貴重な史料、品々が展示
富山市郷土博物館06 富山市郷土博物館01
とくに驚かされたのはこちらの巨大な兜(かぶと)まわりのパネルなどと比べると相当な大きさ
富山市郷土博物館10
昨今はアニメやゲームなどで派手にデフォルメされた戦国武将の鎧などがありますが
こういうのをみるとあながち奇抜なデザインの鎧兜というのも・・とか思ってしまいます
富山市郷土博物館08
資料エリアから天守展望台にあがると富山市内を一望
富山市郷土博物館05 富山市郷土博物館02
市街地なのでビルなどが周りに見えますが、富山ならではの山並みなどを見ることができます
富山市郷土博物館07
ちなみにこちらの拝観券と一緒に近くにある「富山市佐藤記念美術館」の
入場券を買うと割安だったため、美術館も見学(内部は撮影NG)
短い時間でしたけど有意義な観光ができたかも

富山市郷土博物館・富山市佐藤記念美術館公式ホームページ
http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/


小諸の懐古園【1】

2012年12月下旬に訪れた長野県小諸市。いろいろ観光をしたかったですけど
時間の関係上、駅近くの小諸城址懐古園」のみの見学となってしまいましたが
かなり個人的には興味深いものがありました。ということで、その1。

しなの鉄道とJR小梅線の交わる「小諸駅」を降りて自由通路を渡ると
そこには国の重要文化財にもなっている懐古園の入口「三の門」が見えます。
懐古園111
二層構造の城門で両塀には矢、鉄砲狭間が付けられた戦闘式な建物なのだそうです

城門をくぐり入園すると12月下旬ということもあり
木々は葉を落とし、あたりには観光客もほとんどいません
懐古園101 懐古園107
「紅葉ヶ丘」と書かれた場所もあり四季折々の風景が広がるのでしょう
懐古園112
静かにのんびり散策するにはちょうどいいくらいでしょうか。
懐古園104 懐古園105
お城自体はすでに無くなっていますが天守閣のあった場所からの眺望はなかなかです
懐古園110
この天守台から真横に伸びる石垣からはかつては馬場があったそうで、
現在は桜の木が植えられていて春にはサクラの名所になっているとのことデス
懐古園102 懐古園103
なので枯れの風景です。オマケに写真では伝わらないかもしれませんがこの高さ・・・
懐古園109
なお先ほどの天守台も下から見るとこのような高さがあります。
懐古園106 懐古園108
落ちたら軽傷どころの騒ぎではないでしょうネ・・
なので城郭、石垣の上を歩くところには
注意書きが書かれているほどでした


小諸城址懐古園
http://www.city.komoro.nagano.jp