fc2ブログ

水戸芸術館と小さな虹

茨城県水戸市の「水戸芸術館」。敷地内の高さ100mのはテレビなどで見かけた方も多いはず
水戸芸術館と小さな虹07
ずっと「水戸美術館」と思っていたのですが、正確には美術館のみならず
演劇コンサートなども開催される文化、芸術の複合施設になっているそうです
水戸芸術館と小さな虹01 水戸芸術館と小さな虹02
自分が訪れた9月中旬は”鈴木康広展「近所の地球」”という展覧会が開かれていました
水戸芸術館と小さな虹08
現代芸術のアーティストで体感できるアートで子供というよりも大人のほうが心をくすぐられる
作品は大変楽しく鑑賞することができました。スタッフの方も気さくに解説してくれたりしましたし
いわずもがな展覧会の模様は撮影できなかったのでご了承ください
水戸芸術館と小さな虹03 水戸芸術館と小さな虹04
館内の撮影はNGだったのですが外には水と岩でできたオブジェがありました
水戸芸術館と小さな虹09
まだちょっと暑さがあった日だったので、ご家族で見に来ていた来場者さんかな?
お子さんが水遊びしている光景も見かけました。暑い日などは気持ちよさそうです
水戸芸術館と小さな虹05 水戸芸術館と小さな虹06
よく見ると水しぶきで虹ができているのも発見しました。外観だけでも楽しめる施設、
また興味深い展示会などが行われていれば訪れたいです

水戸芸術館
http://arttowermito.or.jp/

水戸市内の映像で見える塔

東日本大震災以降、茨城方面を震源とする地震が発生すると
茨城水戸市の映像として、必ずといって良いほど
「捻じ曲がった鉄」のような建造物が映っています
地元、既知の方々には当然の代物なのでしょうが、
個人的に非常に気になっていたので水戸を訪れた際に市内を探索してみました

この日は偕楽園の帰り道だったのですが、案外探すと見当たりません・・
ネットで調べてもよかったのですが、どうせなら自分の足で探し回ってみると駅方面に戻りながら移動していると
水戸芸術館」の看板にそれらしきオブジェが描かれていることを確認、
さっそくそちらに足を運んでみると、市街地の中ににょっきり伸びたがありました
水戸芸術館1 水戸芸術館2
水戸市制100年を記念して、高さ100メートルの水戸芸術館のシンボルとして
チタン製の正三角形で規則的に構成され、螺旋を描いて無限をイメージしているそうです
水戸芸術館3
内部は展望台になっているそうですが、時間の関係上芸術館同様見学は断念。
また訪れた際には美術館と一緒にゆっくり見物してみたいものです

水戸芸術館
http://arttowermito.or.jp/

【九州旅行】平和台公園

夏休みを利用して訪れた宮崎県宮崎市内、レンタル自転車での移動での観光。
宮崎駅前を出発し、宮崎神宮を廻って平和台公園へ。

途中、雨に降られたりかんかん照りにあったりと不安定な天候でしたが、
やっとこ小高い丘にある公園に到着すると・・って階段ですか
階段 平和の塔
階段を上りきると目の前に広がるのは日本、海外ともつかない不思議な光景。
平和台公園
もう少し天気がよければ最高だったのですが晴れたら晴れたで暑いですし考えものです
ただ光の加減で写真がうまく撮影できていないのが残念です

一際目立つ、中央に聳え立つ現在は「平和の」といわれている、正式名称は八紘之基柱(あめつちのもとはしら)。
近代史に詳しい方ならばこのに刻まれた「八鉱一宇」が何を意味していたかというのをご存知だと思います
八鉱一宇の塔 公園
本来は『日本書紀』の一説による言葉ですが、かつて日本が大日本帝国として、
この言葉のもとに他国への戦争を引き起こしていたという歴史があるのです。
日本が敗戦した第二次大戦後、「八鉱一宇」の文字を削除し、の四方にいた「荒御魂」、「和御魂」
「幸御魂」、「奇御魂」の信楽焼のひとつ「荒御魂」を撤去し、その後荒廃が続いたそうです。

現在は整備され、戦中のきなくささなどミジンもない
宮崎県の観光名所のひとつにもなっているほど、のどかな公園のオブジェと化しています。
平和の塔
過去にとらわれることなく、純粋に巨大な石柱とあたりに広がる緑の芝生という
この雄大な光景をみると息をのむことでしょう。まわりにはこんなほのぼのとした
ハニワ(ハニ丸、ひんべえ・・)や、とってつけたような白いハト(仕込みでしょうか?)がいましたし。
はにわ ハト
時間の関係上ほとんど観光らしい観光ができずにたちさってしまった
公園ですが施設内には”はにわ園”など見所もあったようです

宮崎県 平和台公園
http://www.heiwadai-bunkakoen.info/

秋の駒沢公園

11月初旬の世田谷区、駒沢公園こと駒沢オリンピック公園
紅葉の木々
名前は聞くのですが、この日はじめて訪れた駒沢公園
もともと昭和39年開催東京オリンピックの第二会場として使われました
秋 紅葉
11月ともなると園内には、の足音が聞こえ木々の色も変わり
ハラハラと舞い散っている光景はなんとも風情がありました
紅葉の並木
運動公園だけあり、自転車やジョギングする人も多く、色づいた並木道を走る風景も絵になります
紅葉の木
ちゃんと駒沢公園内ということで、駒沢公園シンボルのオリンピック記念
駒沢公園のシンボル



駒沢オリンピック公園総合運動
http://www.tef.or.jp/kopgp/index.php