fc2ブログ

丑年の牛嶋神社

墨田区の牛島神社。2021年は丑年ということでウシに縁のある神社へ
丑年に牛嶋神社01 丑年に牛嶋神社02
撮影は2020年12月下旬。別の神社同様、早めに初詣をしている参拝者の姿が
丑年に牛嶋神社03
自分がみかけた時間帯でもそこそこいたので三が日だと多少混んでいたのかも
丑年に牛嶋神社04
境内には牛の像があり触れることでご利益のある「撫で牛」の横には消毒薬も
丑年に牛嶋神社05
石像なので動かないため実際、動物園でみるよりもウシらしい姿をみることができたり

萩のトンネル解体中

冬場訪れた墨田区向島百花園、初春はウメの花、秋にはハギの花が有名な庭園ですが
この日見かけたのはその萩の花を効果的にみせる「萩のトンネル」が解体されている光景
萩のトンネル解体中01 萩のトンネル解体中02
解体というかすでに工事がされて何にもない更地状態になっています
萩のトンネル解体中03
以前は竹で組まれたトンネルがあったのですが、取り除かれて抜かれた穴だけが見えます
萩のトンネル解体中04
これをはじめてみた人は「萩のトンネルってなんなんだろう?」とか思うのかな?
萩のトンネル解体中05
ちなみに秋の時期に撮影したのはこちら。ハギの葉っぱが四方八方から繁茂してます
萩のトンネル2013_04
【百花園の萩のトンネル2013】
http://tekopen.blog40.fc2.com/blog-entry-2131.html

きっと冬の間に新しく手入れをして、春から夏にかけてハギを育成していくのでしょうかね
(あくまで個人的な想像)これはこれで珍しく興味深い風景かも

向島百花園
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html

向島百花園の七夕飾り

7月上旬の墨田区向島百花園。7月はじめというと「七夕祭り」ということで入口には七夕飾り
百花園の七夕飾り01 百花園の七夕飾り02
笹の枝に色とりどりの願い事が書かれた短冊が飾られています(主に子供たちのですね
百花園の七夕飾り03
園内に入るとほかにも何本かササが飾られている場所がありこちらもたくさんの短冊
百花園の七夕飾り04 百花園の七夕飾り05
庵の机に短冊を書くためブースも設けられていたので来場した人が参加しているんですね
それにしても最近公園や庭園などにいくと、ずいぶん笹飾り、たなばた飾りを飾っている
のを見かけますね(企画もあるみたいだけど)。お願いが叶うといいですね

向島百花園|公園へ行こう! - 東京都公園協会
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html

天望回廊からの眺望

1月中旬に訪れた東京墨田区東京スカイツリー、はじめて訪れたのでせっかくなので
天望デッキからさらに上の最上階、地上450メートル「天望回廊」まで行ってみることに
天望回廊の眺望06 天望回廊の眺望07
エレベーターで30秒程度で登った場所の展望台。天望デッキから100メートル上がってみると、
天望デッキよりさらに東京都内の景色が小さく、関東一円が360度見渡すことができます
天望回廊の眺望01
ただ1月の晴天の日ならばさぞきれいに見えるだろうと狙ったのですが、残念ながら富士山は
付近にガスがかかってしまってぼんやり見えるか?見えないか?の状態。他の山は見えるのに
天望回廊の眺望10 天望回廊の眺望11
それでも見渡す限りの大パノラマはどこをみてもまるで空を飛んでいるかのような景色
天望回廊の眺望12
自分の写真ではわかりにくいですが東京タワーや新宿のビル群などが眼下に広がっています
天望回廊の眺望14 天望回廊の眺望15
太陽がでている南の方向はまぶしくてわかりづらいですけど、東京ディズニーランドなど
浦安方面も見渡せています。この辺は肉眼でみているほうがわかりやすかったり・・
天望回廊の眺望02
北の方に見えた山影は茨城県の筑波山でしょうかね?さらに真下を見下ろすとさきほどの
天望デッキがみえたり、すごく小さいですが東武鉄道の特急スペーシアが走っていたり
天望回廊の眺望08 天望回廊の眺望09
観光途中、全国ご当地「ハローキティ」が展示されていました。うーん、たしかネットでは
某県のハローキティがぞんざんなモチーフになっていたと。話題になっていた気がしますけど
天望回廊の眺望03
帰り際、フロア340にはこのようなタワーでは恒例の真下が丸見えな”ガラス床”が設置
観光客のみなさんおっかなびっくりで見物したり、身動ぎをしたり飛び跳ねたりしています
天望回廊の眺望04
なかにはガラスの淵の部分を歩くお茶目なオジイサンがいたりといろいろな反応が。
自分も最初はちょっとドキドキしてましたけど、撮影したさにカメラを構えていると案外平気
天望回廊の眺望16 天望回廊の眺望17
ちなみに天望デッキから降りてきたら(1~2時間)、自分が当日券を購入したときは5~10分の
待ち時間でしたが、すでに待ち時間30分前後となっていました。平日なのにやっぱり人気です
天望回廊の眺望05
スカイツリーの商業施設「ソラマチ」は何度も訪れていたのですが、やっぱりツリーまで
登ってみるとテンションがあがりますね。また別の季節にでも訪れたい気分です

東京スカイツリー TOKYO SKYTREE
http://www.tokyo-skytree.jp/


東京スカイツリーの天望デッキ

すっかり東京の観光名所のひとつとなった東京スカイツリー。都内、特にツリーのある墨田区
隣、葛飾区に住んでいるのでそのうちと思っていたら、あっという間に数年すぎていました
スカイツリーの天望デッキー01
ということで休日はさすがに混むだろうとと思い1月中旬、平日に休みを取った日に観光することに

午前10時半くらいにチケット売り場に行くと当日券は10~15分ほどで購入。まぁこれくらいは
「待った」というほどの時間でもありません。ただ「天望デッキ」にいくと結構、観光客がいます
スカイツリーの天望デッキー05 スカイツリーの天望デッキー06
さっそく地上350メートルからの東京の眺望を見物。本当に地上の建物がミニチュアのよう
スカイツリーの天望デッキー02
ここからの眺めをみるとこの一つ一つに人が生活しているというのがウソのように感じちゃいます
スカイツリーの天望デッキー07 スカイツリーの天望デッキー08
360度ぐるりとまわり、東京の自分のしっている場所がどのようにみえるか堪能
スカイツリーの天望デッキー09 スカイツリーの天望デッキー10
ちょうど窓の清掃をしている方と遭遇。いくら命綱と安全に配慮しているとはいえこの高さでの
作業は見ているこちらの方が恐怖を感じます。なのでほかの人もおもわずスマホやカメラで撮影
スカイツリーの天望デッキー03
せっかく観光気分で来ているので、さらに上、地上450メートルの「天望回廊」まで行くことに。
天望回廊のチケットは天望デッキで購入。やはり、この上があると思うといってみたくなります
スカイツリーの天望デッキー04
天望回廊へのエレベーターは上を見上げるとスカイツリーの天井に引っ張られていく様子が、
横をみると東京の風景が見ることができます(他の方がいたので撮影はできません
でしたけど)。天望回廊からの景色は別記事で紹介、つづきます

東京スカイツリー TOKYO SKYTREE
http://www.tokyo-skytree.jp/