fc2ブログ

白やピンクのオシロイバナ

夏の夕暮れ時、公園でみかけたオシロイバナの花。今年は7月中旬くらいから見かけました
白とピンクのオシロイバナ01
たいていの植物は日中、花を咲かせてますがオシロイバナ開花は日暮れの時間
白とピンクのオシロイバナ04 白とピンクのオシロイバナ05
なので時間帯が合わないとなかなか咲いている姿を見かけないというのもレアな草花でしょうか?
白とピンクのオシロイバナ02
こちらの株をよく見てみると同じ株で赤やピンクの花びらとまちまち、中には一か所だけ色付き
白とピンクのオシロイバナ06 白とピンクのオシロイバナ07
白粉花(おしろいばな)の名前の名称のもとにもなった、白い粉の入った黒い実もついています
白とピンクのオシロイバナ03
さすがに公園の草花のを勝手を摘んで中までは確認したことありませんけど、この真っ黒い実に
白い粉が入っていてそこから名前を付けた人は着眼点というのは面白いものですね


夕空に二重の虹

夕方の色がやけに黄色く輝いていたのでを見上げてみるとがかかっていました
二重の虹02
外出中だったので急いでデジカメを取りに戻り、
撮影したので御見苦しい点もありますがご了承を

にかかる、よくみると二重にかかっています
二重の虹01
内側のは自分のカメラでも撮影できましたが
外側は肉眼でうっすら見える程度なので写真ではわかりづらくてスミマセン
二重の虹03
ニュースサイトなどではこの時間、都内に大きく虹のかかった瞬間を紹介しているサイトもありましたが
ほんの一部ですけど見ることが出来てラッキーでした

オシロイバナの花

初夏から秋の頃まで咲くオシロイバナ、別段珍しいってほどのではないですが・・
オシロイバナ
が綺麗なので撮影したいなぁと思っていたのですが、なかなか咲いているところをみなかった・・
いや、正しくは、咲く時間が夕方なので自分の活動時間とあわず、
カメラを持ち歩いている日中はすでにしおれていたのです
赤い花
この日はちょうど咲いている時間に遭遇したのでじっくり撮影
マダラ
ラッパ状に咲く、赤や白地に赤色をつけたり、ここでは見ませんでしたが黄色もありますよね。
おしろいばな 白粉花
子供のころ、”蜜”を吸うとかいって花を摘んで
根本を口につけていたことありますが・・
いまの子供達はそんなことしないでしょうね
世代や地域によってもしていないでしょうけど・・・

花の咲いている株を撮影しているとすでにタネが出来てしました
タネ
花の姿とは似使わぬ、真っ黒くて・・・虫のフンにもみえなくなく(苦笑

ただ、知っている人は多くいると思いますが、こちらの実をつぶすと中には
オシロイバナの名前の由来となった白い粉が入っています
(植物学的に言えば粉状の胚乳なんだそうです)
てっきりこれをお化粧の白粉おしろい)に使うんだと
子供の頃、思っていたんですけどね~