fc2ブログ

人道の港敦賀ムゼウム

福井県の敦賀を観光中、駅前でもらった市内地図を確認すると「敦賀ムゼウム」という
全く聞きなれない単語の施設があることを知り海沿い、敦賀港方面まで足を運ぶことに
敦賀ムゼウム01
「人道の港敦賀ムゼウム」と入口に書かれた小さな建物。壁の写真をみてわかる人も
いるとは思いますが、映画やドラマにもなった第二次世界大戦中、ポーランドドイツ
迫害を逃れるために、多くのユダヤ人に「命のビザ」を発行した杉原千畝(すぎはらちうね)
敦賀ムゼウム02 敦賀ムゼウム03
敦賀港はそのユダヤ人がはるかヨーロッパからロシアを超え、日本にたどりついた港
入口ちかく石碑の細い間から見える敦賀湾は、か細い希望から自由を得た姿に感じました
敦賀ムゼウム04
内部には貴重な史料をはじめ「命のビザ」の複製品、(撮影は禁止)、さらに杉原千畝の肉声
また敦賀の町と各地に散らばったユダヤ難民との交流の歴史も紹介されていました。
ちなみ「ムゼウム」とはポーランド語で史料館という意味だそうです

人道の港敦賀ムゼウム
http://www.tmo-tsuruga.com/kk-museum/

『ひめゆりの塔』を見学

今回の沖縄旅行では以前に訪れた時訪れることのできなかった場所を中心に回った
のですがそのひとつでもある沖縄本島南部位置する糸満市にある「ひめゆりの塔
ひめゆりの塔01 ひめゆりの塔03
那覇市内からバスで糸満市を経由して1時間程度、海に近い住宅地に慰霊碑はあります
沖縄戦において、ひめゆり学徒の最期の地のひとつである伊原第三外科濠跡に建立
ひめゆりの塔05
ちょうど家族連れの観光客、団体客で込み合っていたので混雑していたので少し間を参拝
石碑の前にはたくさんの花が絶えずささげられており、平和への祈りが込められています
ひめゆりの塔04 ひめゆりの塔02
同敷地内にはひめゆり学徒の学び舎(沖縄県立第一高校)を模した「ひめゆり平和記念資料館」が建てられ戦時下の貴重な史料が納めれていました。こういう場所にくると戦争平和について考えさせれるんですけど、周囲がいささか観光地化しているのでちょっと・・って気分にも

ひめゆり平和祈念資料館
http://www.himeyuri.or.jp/JP/top.html