fc2ブログ

ハナトラノオの花たち

長い花穂が虎のしっぽのようにのびるハナトラノオ
ハナトラノオの花たち01
夏から秋にかけて花を咲かせ観葉植物としてもよく見かける草花です
ハナトラノオの花たち03 ハナトラノオの花たち02
尾っぽのように伸びた様が面白いので撮影してましたがあまり花を間近に見たことがなく
ハナトラノオの花たち04
今回は花びらに注目、なんだかこういう生き物が集まって口を開けてめいめいに楽しく騒いでいるよう(もうちょっと良い表現があるかな


尾だけ赤いアカトンボ

この記事にはトンボ、虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください

先日全身真っ赤なアカトンボを見た後に見かけた尾っぽだけ赤いアカトンボ
アカトンボ01
むしろこっちのほうがよく見かけるのでこれが普通といえなくもないですけど、そもそも自然界の普通なんてのもナンセンスな言葉なのでそれは置いておいて
アカトンボ02
葉っぱの上で休憩中でしょうか?実際は夏ごろからみかけるとんぼたちですが、やっぱり秋の時期にみると季節を感じます


ニュルンとオカトラノオ

草むらに生えていたオカトラノオ(岡虎ノ尾)の花、トラ尾っぽのようにニュルンとした花房
ニュルンとオカトラノオ01
この公園ではここにしか咲いていないとおもい珍し気に撮影していたらすぐ隣の花壇にもっと
たくさん咲いて居ました。自分が見つけた草むらのほうにタネが飛んで行ってしまったのかな
ニュルンとオカトラノオ02 ニュルンとオカトラノオ03
咲いている花びらをカメラでズームしてみると、小さな小さな白い花びらをした花たちが
ひしめき合っています、毎度さいているのを見るとついついこういう構図で撮りたくなります
ニュルンとオカトラノオ04
まだ先端のほうにツボミがついているのでまだまだ楽しめそう、花全体の形状も見て楽しめ
さらに小さな花たちも観察できるマクロからミクロまで興味をそそる植物です

公園のオナガ

梅雨の晴れ間のとある日、都内の公園を散歩していると目の前に野鳥を発見
公園のオナガ04 公園のオナガ05
大きさと特徴的な尾っぽの長さからオナガでしょう、写真に収めようとカメラを構えることに
公園のオナガ01
できればもう少し近くで撮影したいな・・と思いながら、静かに近づいてみたのですが
あちらがもわかっているのか、ぱっと飛んで行ってしまいます
公園のオナガ07 公園のオナガ06
追いかけていたつもりはなかったのですが、自分が移動するところどころで見かけます
公園のオナガ02
やっと落ち着いた松葉のなかに止まったな?と思い、ズームして撮影
公園のオナガ08 公園のオナガ09
相手も自然の動物、なかなかうまい構図では撮影させてくれませんね
公園のオナガ03
ハトならこんなにアップにしても逃げないのに

都内で見かけた尾の長い野鳥

4月初旬、都内の庭園でみかけた尾っぽ長い野鳥。白と黒の模様から
以前、別記事で紹介した「エナガ」という鳥でしょうか?(間違っていたらゴメンナサイ
尾っぽの長い野鳥01
以前出会ったのは今年の2月、関東地方に大雪が降った翌日、都心から少し離れた
自然の多い郊外の住宅地ふきんだったのですが、今回は人間が多く集まる東京都内の庭園
尾っぽの長い野鳥04 尾っぽの長い野鳥05
あのときは、初めて見かけたのせいもあり『こんな野鳥がいるんだ』と驚いたものですが
都心部でみかけると、案外気が付かなっただけで身近にいたのかな?という気持ちに
尾っぽの長い野鳥02
ただやはり野生の生き物だけあって一か所にはじっとしてくれません。
せっかくピントが合ったかと思うと特徴的な長いしっぽが写っていなかったりで
尾っぽの長い野鳥06 尾っぽの長い野鳥07
数羽いたのですが、こちらのキブシの枝に止まっていた個体は尾っぽが曲がっているようです
尾っぽの長い野鳥03
ケガか、先天的な奇形なのか?わかりませんが、ただ、なんとなくネズミかリスのような
小動物にも見えなくもなかったりして・・とりあえず元気に飛んでいるようにもみえたので
都会の中で生き抜いてほしいと感じました