fc2ブログ

新見の高梁川河川敷

電車の乗り換えの合間に立ち寄った岡山新見、駅前からほどなく歩くと大きな川
新見の高梁川河川敷01
岡山県三大河川の一つ高梁川。山間の新見を抜け瀬戸内まで流れているそうです
新見の高梁川河川敷02 新見の高梁川河川敷03
そんな川にかかる橋には『甌穴あり』という看板。聞きなれない言葉で、その場所にも時間の関係でいけませんでしたが後日調べてみると「甌穴(おうけつ)」とは”河底や河岸の岩石面上にできる円形の穴”だそうです。次に訪れた時には見てみたいものです
新見の高梁川河川敷04
そんな珍しい自然現象は見ることはでませんでしたけど河川敷には壁画が
新見の高梁川河川敷05
新見市内で秋に行われる「頭打ち」(かしらうち)を伝統行事を描いたものかな?(ちょっと正確な情報がなかったです)甌穴を含めもう少し近くで眺めておけばよかったかな

新見市観光協会
http://niimi.gr.jp/


新見駅前の「祐青とたまがき」

岡山県の山間にある新見駅(にいみえき)、いくつもの路線が交差する駅のため、つぎの列車の待合時間に駅周辺を散策。駅舎をでると早速みかけたオブジェ
祐青とたまがき01
祐青たまがき」というこの新見の地に伝わる物語を描いた像
祐青とたまがき02 祐青とたまがき03
かつて京の都から派遣された祐青(ゆうせい)と彼を慕った女性たまがき
祐青とたまがき04
お話の内容は現地またはネットを調べればでてくるかな?それにしても、この手の歴史的なものを描いた彫像などは見てきたかのように作るあたりがなんとも

新見市観光協会
http://niimi.gr.jp/


岡山市内のタコ公園

岡山市内、後楽園から岡山駅に戻る途中にみかけた公園
砂場にでっかい真っ赤な「タコ」のすべり台がありました
岡山のタコ公園01
人によっては「懐かしい」と思うのでしょうが、個人的に「タコ公園」は
話には聞くけど実物を見ると「珍しい」という気持ちになります
岡山のタコ公園02
真夏の日差し降り注ぐ炎天下だったので誰もいません
すべり台の脇にも小さな蛸(たこ)が・・・きっとこの暑さで「茹蛸」、「タコ焼き」?!
岡山のタコ公園03
あまり暑くなくなると子供たちでにぎわうのでしょうかね?


真夏の尾道寺社巡り

今年(2013)の夏休みは岡山市内を観光したのち、広島方面に向かったのですが
途中観光地として名高い「倉敷」と「尾道」がありどちらか立ち寄ろうと
電車に乗るまで悩んでいました。ところが、岡山駅で広島方面行きの電車に乗ると
乗客(カップル、家族)の大半が、「倉敷」のパンフレットや観光雑誌を
見ているではありませんか、案の定「倉敷駅」に到着すると半分くらいの人達が下車しました
『人気があるみたいだし、あんなに降りたら市内も混んでいるだろう』ということで、
尾道に行くことに決行

岡山駅をでて各駅停車で小1時間、JR尾道駅を降ると突き刺さるような日差しの真夏の午後
とりあえず駅で観光案内のパンフレットを物色して、寺社巡りをしながら
ロープウェイを目指すことにしました
尾道寺社巡り01 尾道寺社巡り02
最初に訪れた「持光寺」というお寺。山門が装飾のない簡素な石造りの特徴的なお寺。
尾道寺社巡り04
門をくぐり正面には立派な本堂、ご本尊の仏様が垣間見えていました。
尾道寺社巡り03 尾道寺社巡り05
こちらのお寺では本堂脇の建物で体験コーナー(写経?)が行われていたようで
女性の観光客らしき人たちがお坊さんと話をしている光景をみかけました
尾道寺社巡り06
境内には歴史的な出来事を記載した石碑や四季折々の草花が植えられていて、
「季節によって楽しめそうだなぁ」と余裕な感想を持ちながら後にしました。
尾道寺社巡り07 尾道寺社巡り08
次に訪れたのは「光明寺」というお寺。第十二代横綱「陣幕久五郎」氏が奉られているそうです
尾道寺社巡り09
ちなみにこの間は徒歩数百メートル程度だったのかもしれませんが、
尾道特有の細い路地とゆるいアップダウンのある傾斜(別記事で紹介)で結構体力奪われています
尾道寺社巡り10 尾道寺社巡り11
さらに細い道を移動し少し高い場所に位置する「宝土寺」というお寺。
尾道寺社巡り12
こちらの境内には隣接して一宮神社という神社もありました。
尾道寺社巡り13 尾道寺社巡り14
なお、まだ3件のお寺しか回っていませんが、最初のころよりも
写真が少なくなっているのは暑さでへばってきているからです
尾道寺社巡り15
ここからは尾道の市街地の建物が一望。地図を確認すると、
この近くにロープウェイ乗り場があったので、炎天下の中の寺社巡りも
かなり堪えていたので、一気に頂上に行こうと思ったのですが
おもわぬ事態になることに・・その展開は次の記事に続きます

尾道観光協会ホームページ
http://www.ononavi.jp/index.html

真夏の岡山後楽園

夏休みに訪れた岡山岡山市の「岡山後楽園
正門入口は左の写真ですが、岡山城から後楽園に向かう途中の旭川にかかる
月見橋(右の写真)を遠くから、渡るときの光景というのもなかなか味がありました
岡山後楽園01 岡山後楽園02
正門からはいると目につくのは一面の緑の芝生
岡山後楽園09
水戸偕楽園金沢兼六園にならび日本三名園に数えられる「後楽園」、
その広さはおよそ4万坪(そもそも旭川の中州にある島状態の陸地ほぼすべてが庭園ですし)
岡山後楽園15 岡山後楽園17
中央部分は背の高い木々がなく真夏ですとさえぎるものがなく直射日光があたります
園内で最も大きな池、「沢の池」と曲水の間を縫うように歩く観光客
岡山後楽園04
高さ6メートルの唯心山(ゆいしんざん)、上から眺めると園内を一望でき、
下から見ると芝生と植木の調和した姿がとても雅(みやび)に感じさせてくれます
岡山後楽園10
池と庭園の緑、奥に見える黒い岡山城の風景はたいへん美しく感じます。
岡山後楽園06
パンフレットに載せられた風景、絶景ポイントはこのあたりでしょうか?
岡山後楽園05
個人的に偕楽園だと「梅」、兼六園だと「石の灯篭」とキーワード的なものが
「後楽園」には浮かばなかったですが、この開放的な空間自体が特徴なのでしょうかね
岡山後楽園16 岡山後楽園12
中央から外れると木森があり、桜林、梅林など季節の木々が植えられています。
岡山後楽園07 岡山後楽園08
夏場はこちらの「花葉の池」(かようのいけ)のハスの花がよいのでしょうが、
すでに8月ともなると花の時期は終わり気味、ただ若干咲いている花をみかけることができました
岡山後楽園03
ほかにもかやぶき屋根の庵や歴史的な史跡が点在しています
岡山後楽園14 岡山後楽園13
さらに端のほうには「弓場」や「鶴舎」などがあり、その名の通り「タンチョウヅル」が飼育されていました
岡山後楽園18 岡山後楽園11
とても広大な敷地の上、炎天下であったため園内を移動するのがやっとなくらいで
いささか「楽しめた」という感じがなかった観光でしたが、
また別の季節にも訪れてみたいと感じました


岡山後楽園
http://www.okayama-korakuen.jp/