fc2ブログ

竹林見上げ

9月になっても太陽がでると夏ような暑さを感じる残暑
竹林見上げ01
とある都内庭園の竹の生い茂る区画に入ってみると少しはすずしく
竹林見上げ02
モミジなどのように紅葉するわけでもない見上げた緑一色の空間
竹林見上げ04 竹林見上げ05
人がいないときは風にそよぐ竹の葉や幹が打つ音だけが聞こえるなんとも趣が
竹林見上げ03
京都などの有名な竹林でもありませんが静寂感を味わうことができました


水路に金のコイ

日本庭園の池に流れる水路
水路の金の鯉01
一匹の金色のコイが泳いでいるのを発見、遠くからでもかなり目立ちます
水路の金の鯉03 水路の金の鯉02
このまま写真を写している自分の方に来るのかとしばらく観察
水路の金の鯉04
残念ながら単に休んでいただけなのか動く気配はない模様。とりあえず出会いに感謝


真冬の水場のカエル

真冬のとある庭園の近くの水場カエルが一匹
冬の水場にカエル01
「え?冬場は冬眠するであろう蛙がなぜ!?」と思い、よく見てみると置物
冬の水場にカエル02
水流によって自然に馴染んだ雰囲気がホンモノっぽく見えました。それにしても、よく訪れていた庭園でしたけどいつの間にこんなモノのが置かれて(単に気づいていなかったのかな)



大量のカキの実

庭園果樹が植えられたエリア、ひときわ目立つ大量の果実をつけた一本のカキの木
大量のカキの実01
公共の場所なので手入れがされているのでここまで見事に実をつけたのでしょうけど圧巻の量です
大量のカキの実03 大量のカキの実02
でも野鳥にも食べられずに、これだけ実が残っているってことは渋柿?どうなのでしょうかね

ナンバンギセルの花2022

日時を示すものはありませんが9月上旬、毎年ナンバンギセルが見ることができる都内の庭園
ナンバンギセル01
今年も初秋に訪れましたが、園内の草むらの地面からニョキニョキと生えていました
ナンバンギセル02 ナンバンギセル03
ただ数輪、数本は真っ黒に枯れている姿も見受けられます。時期が遅すぎたのかな
ナンバンギセル04
もしくは天候や気温など例年よりは早いのか?植物の育つ様をみて変わる季節を感じたり