fc2ブログ

山形の余目八幡神社

東北地方を旅行中、電車の乗り換え時間の合間に立ち寄った山形県新庄市の余目
余目の八幡神社01 余目の八幡神社02
から観光スポットらしい場所を探し、徒歩10~15分の場所に鎮座した「余目八幡神社
余目の八幡神社07
余目郷の総鎮守として養老三年(719年)に大分県の宇佐八幡宮より勧請された神社だそうです
余目の八幡神社08
その長い歴史の間にはこの地を治めた為政者が拠り所とするほど深く信仰されていた模様
余目の八幡神社05 余目の八幡神社06
特に目を引いたのは社殿に施された(失礼ですがおせじにも賑やかとは言い難い地方の町の小さな神社とは思えぬほど)立派な数々の彫刻、また狛犬の形もすこし独特が姿をしています
余目の八幡神社03 余目の八幡神社04
これらを含め現在は建物などが町指定文化財に指定されているそうで、秋祭りなども行われる地域の御社として大切に守られているようです

余目八幡神社
http://www.navishonai.jp/spot/18.html

日比谷公園のキリン

都心のど真ん中にある日比谷公園、何度も訪れていた場所でしたが、このとき初めてみた石像
日比谷公園のキリン02
キリン」なのですが、全体像をみると妙に首が細長くていかにも芸術作品的なオブジェ
日比谷公園のキリン01
台座をみると「キリンの仔」と書かれています。場所はテニスコートにほど近い「陳列場」という
施設の広場の真ん中、その名のとおり盆栽など園芸などを飾るスペースなのですが知っている人には
なんてことない彫刻なのでしょうけど初めて発見するとちょっと興奮

鳩とハトの銅像

都内のとある公園、都市部ならどこにでもいる野鳥のハト。いわゆるドバト、正式にはカワラバト
鳩とハトの銅像05
こちらの公園にも集まっていたのですが、その場所がなんだか興味ひかれカメラを向けることに
鳩とハトの銅像02
ハト彫刻銅像の周りに本物のハトたちが集まっています
鳩とハトの銅像03 鳩とハトの銅像04
単にそれだけってわけですけどどうせなら銅像に乗っかってしまわないかとか
いろいろ期待したのですけど、そこは野生の生き物。思うようにはいきません
鳩とハトの銅像01
子供たちも多く遊んでいる公園だったのであまり撮影しているのも不審がられると思い、
さりげない程度に数枚シャッターを切りましたけどなぜにここに集まっているのかな

ガードレールのスズメたち

ガードレールのスズメ
ガードレールにとまるスズメたち
どこにでもありそうな何の変哲もない風景。

三羽で世間話でもしているのかな?
無粋な人間はあれこれ想像したくなります。雀
ちょっとズームして撮影
ピンと背を伸ばして見つめる先には・・・何もなさそう。
の目には何か映っているかもしれないけど。

世界遺産の日光東照宮の一角には穏やかな日常の象徴として
スズメ彫刻があるそうですがこういう光景見るとたしかに

吾輩は猫である、でも動かない。

文京区千駄木、いわゆる谷根千散策中にみつけた
近代的な建物、日医大検診医療センター。
日医大検診医療センター
ここ建物の入り口看板の下に、ネコがいた。
ネコ


あれ?
ネコ ねこ
近寄って撮影しても、この動かない
銅像のネコ
よく見なくても、銅像のです

ちなみに建物のすぐ近くには夏目漱石旧居跡の史跡があります
夏目漱石
こちらの石碑の奥の塀にもネコ彫刻あるんです
気になった方は現地でお確かめを~