fc2ブログ

新見の高梁川河川敷

電車の乗り換えの合間に立ち寄った岡山新見、駅前からほどなく歩くと大きな川
新見の高梁川河川敷01
岡山県三大河川の一つ高梁川。山間の新見を抜け瀬戸内まで流れているそうです
新見の高梁川河川敷02 新見の高梁川河川敷03
そんな川にかかる橋には『甌穴あり』という看板。聞きなれない言葉で、その場所にも時間の関係でいけませんでしたが後日調べてみると「甌穴(おうけつ)」とは”河底や河岸の岩石面上にできる円形の穴”だそうです。次に訪れた時には見てみたいものです
新見の高梁川河川敷04
そんな珍しい自然現象は見ることはでませんでしたけど河川敷には壁画が
新見の高梁川河川敷05
新見市内で秋に行われる「頭打ち」(かしらうち)を伝統行事を描いたものかな?(ちょっと正確な情報がなかったです)甌穴を含めもう少し近くで眺めておけばよかったかな

新見市観光協会
http://niimi.gr.jp/


新見駅前の「祐青とたまがき」

岡山県の山間にある新見駅(にいみえき)、いくつもの路線が交差する駅のため、つぎの列車の待合時間に駅周辺を散策。駅舎をでると早速みかけたオブジェ
祐青とたまがき01
祐青たまがき」というこの新見の地に伝わる物語を描いた像
祐青とたまがき02 祐青とたまがき03
かつて京の都から派遣された祐青(ゆうせい)と彼を慕った女性たまがき
祐青とたまがき04
お話の内容は現地またはネットを調べればでてくるかな?それにしても、この手の歴史的なものを描いた彫像などは見てきたかのように作るあたりがなんとも

新見市観光協会
http://niimi.gr.jp/