fc2ブログ

富岡市内散策

上信電鉄上州富岡。本来ならばこの近くにある富岡製糸場を見学するのが
富岡観光の醍醐味のひとつなのでしょうが、今回の日帰り群馬のでは富岡市内を散策することに
上州富岡駅
ちなみにこの上州富岡舎の隣にある青い建物は機関車を模したトイレだそうです

まず、をでて市役所方面に歩いていくと、古い建物が目に付きます
レンガ 古い建物
こちらの建て方もかつての製糸場だったのでしょうか?現在は改装して商業施設になっていました
売店

中を歩いているとそこかしこに歴史をかんじさせる建造物をみかけます。
建物
こちらは病院なのですがなんとも趣のある建物です。
建物 お店
かつて製糸場でさかえたなごりだと思われますが、建物の建て方が大通りに面して立ち並ぶ光景は
江戸時代に宿場で栄えたなどの雰囲気と似ています。
街中
とくにこの一番の観光スポットである富岡製糸場の世界遺産登録を目指しているためでしょうか?
観光に力をいれていると思わせるのが、の中を歩いていると見かける手書きの説明文。
説明文 路上のハス
自転車や自動車で廻ってしまうと気がつかないほど小さいものですが、
徒歩、ウォーキング散策していると小奇麗な活字で建てられた無機質な看板よりも、
なにか温かみを感じさせてくれ、ついつい読んでしまいたくなります

こちらの時計屋さんもずいぶん古そうです。
時計屋さん 屋上?
屋上が物見やぐらのように飛び出ています。建築物に造詣ある方ならば
価値がわかるんでしょうけど・・とりあえず撮影だけ。

こんな小さな路地にも先ほどの手書きの説明文が近くに掲げられています
路地 小路
せっかくなのでどんなことが書いてあるかは現地で確認してみてください
写真ではごく普通の路地や小道ですが、意外な歴史があったりとビックリします。

また、市内数ヶ所、ところどころに広めの駐車場をとった真新しい建物を見かけます。
まちなか交流館
地元の物産などを販売した「まちなか交流館」だそうで、製糸場にあやかり
桑の葉茶やおみやげ物、なぜかこういうところ定番のソフトクリームなども販売していました
ふれあい館 レンガ
こちらは「宮本まちなか交流館」。入り口にちかくに昔ながらの「タル窯」で焼かれた、
赤レンガが特徴的でした。レンガには「赤煉瓦づくり事業」に賛同された方が名前が刻まれています。

とみおか浪漫紀行
http://www.city.tomioka.lg.jp/tourism/

武蔵五日市駅から秋川まで

10月14日の「鉄道の日」を記念して毎年「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」(¥9180)という切符が発売されます。期間限定で3回(3日)分、JRの普通列車が乗り放題というシステムで、すでに二回分使用したあと、最後の一回を使って都内近郊を(?)してみました
せっかく乗り放題なので普段行かないような場所と思い、まず都内を始発で出発して東京あきる野市の武蔵五日市に向かってみましたあきる野市付近は東京都でありながら奥多摩の丘陵地帯に囲まれた自然あふれる地域。
武蔵五日市駅
武蔵五日市に降り立つと大きな建物、商店こそありませんが、大きなに整備されたバスターミナル、あたりは住宅街が広がっています。「奥多摩のようにから歩いても自然豊かな場所にはたどりつけないかな?」と思いつつ、桧原街道を進むこと数分、五日市郷土会館に到着。すぐとなりには市指定有形文化財、旧市倉家住宅が保存されています(開館前なので入館できず)。
五日市郷土会館 旧市倉家住宅
このあたりは遠くに山々を臨むことはできますが、大きな道路に商店街も立ち並び、自然の景観というのは程遠かったのですが、秋川付近に差し掛かると木々に囲まれた渓流をのぞむことができました
秋川の眺望
場所によっては河原におりることもできたのですが橋の上から撮影
橋の上から 秋川の流れ
もうすこし散策したかったのですが電車の時間もあるので残念ながらこのあたりまででに引き返すことに。
駅近くの秋川橋河川公園のバーベキューランドにおりてみるとなにやらイベントの準備されている模様
秋川橋河川公園バーベキューランド
公園付近は流れも緩やかなのでつりをされている方も見かけます
秋川で釣り 朝市
街角では朝市なども行われています。また散策中に目に付いた古い給水施設でしょうか?家々の間に数多く見かけました
街角の水 給水施設
途中、寺院・神社などもありましたがそれはまた別記事で紹介。

秋川渓谷 - あきる野市観光協会
http://www.akirunokanko.com/

GW紀行【恐山その1】

2010年のゴールデンウィークはJRの「青森函館フリーきっぷ」を利用しての
初日(5/1)は、一度行ってみたかった青森県、下北半島にある日本三大霊山恐山、高野山、比叡山)、
および日本三大霊場(恐山、白山、立山)のひとつ恐山

恐山に公共機関で向かうには下北半島の唯一の鉄道、大湊線の下北駅から1日に数本しかないバスに乗り30~40分かかります
東京から新幹線と在来線を乗り継いで順調に進んでいったのですが、途中、下北半島に差し掛かると強風のため列車が緊急停止。下北駅に到着するとすでにバスの時刻は過ぎておりバスの影はありません。

このとき、降り立った乗客20~30人いたのですが、みなバス目当てのため駅ちかくの観光案内所に駆け込み「バスはいったんですか?」の質問を係りの女性に一斉に聞きまくっていました。係りの人もあまりの人の多さに手馴れていないためか、対応も混乱気味、中にはすでにバスが行ってしまったことがわかると、怒号を浴びせる人もいて(こういうのは見苦しいですね・・)小さな案内所は騒然としていました

そんな中、要領の良い人はすぐにレンタカーを借りにいったり、何人かでタクシーを借りて駅前から恐山など各々の行き先に向かってしまい、ものの数分の間に、タクシーも駅前から消えてしまいました。ちなみに次のバスは2時間後・・

自分は下北駅周辺散策して時間をつぶそうかと冷静にこの光景を見ていたのですが、ちょうど恐山方面に向かうタクシー仲間が集っていた2組(男性一名、夫婦二名)の方々にまぜてもらい恐山へ。まったく見ず知らずの人同士が協力しあって目的地に行こうとするのもある意味、の醍醐味かもしれませんね。なお、タクシーで恐山に普通に行くと4000円強かかるので一人頭で割ればずいぶん安くなりました

道中も同乗者や運転手の方々といろいろ話が弾み、タクシーで下北駅から20~30分で恐山に到着。
支払いを済ませ、お互いのを気遣い、挨拶を交わしたのち、それぞれ恐山へ向かうことに。
恐山

霊山恐山 恐山
オソレザン おそれざん
っと恐山に向かうまでの話が長くなってしまったので恐山の風景は別記事で紹介

「霊場 恐山」
http://www.mutsucci.or.jp/kanko/osorezan/index.htm

青春18きっぷ旅4日目帰路。

夏休みに行った、青春18きっぷ4日目、最終日~
帰路だけなのでほとんど写真ありません

前日三重県伊勢市を観光したあと、快速みえに乗り
三重県松阪市、津市、愛知県名古屋市と超えて
岐阜県の中央本線、恵那駅まで足を伸ばし
あらかじめ予約していたホテルに泊まりました
ちなみに、快速みえは一部(河原田駅~津駅間)は
青春18きっぷが利用できない区間があるので
別途料金が必要になります。しらばっくれても
ちゃんと切符確認回ってきますので先に自己申告するとっぽいです

なお、ナゼに恵那駅に行ったかといえば、
特に観光目的でもなく、”行き”と同じように
静岡県、東海道本線を帰るのも面白くないので
せっかくの青春18切符なのでと思い・・・
ただ、ちゃんと恵那も見所はあります。今度ゆっくり行きたいものです

0809-164.jpg
0809-166.jpg
恵那での夕暮れ

さて4日目、恵那駅から中津川駅まで行き、中央本線松本行きに乗りました。
きっとローカル線でほとんど人も乗っていないのかと思ったら・・
ほとんど満席、自分もかろうじて座ることができたのですが、
荷物や風貌を見ると登山客、途中の奈良井駅でごっそり減りましたが
始終立っている乗客がいるほどの混み様でした

さて東京方面に戻るため、塩尻駅で乗り換え。
ここでちょっと遠回り、塩尻駅から辰野駅を回っていくことに
理由は鉄道ファンなどには有名だと思う、
失礼ながらも”何にも無い”といわれる「飯田線」。
そんあ自分もその名前、背景くらいは知っていたので、
さすがに全駅乗ることはできなかったので飯田線入り口でもある
辰野駅だけを見て、中央本線岡谷駅に戻ってみようと思ったのです。
0809-167.jpg

きっとのどかなローカル線なのかと思ったら・・塩尻駅から辰野駅とダイヤが乱れたため、
乗り継ぎ時間もほとんど無く駆け足での移動
おまけに夏休み中ということもあり学生とおぼしき世代で車内はうるさいくらい。
ちなみに結構気合の入った化粧、ファッションをしたオシャレな
”おじょうちゃん”達も途中で乗ってきてましたが、
どこまで行くんでしょうかね・・

0809-168.jpg
無事岡谷駅に到着し、後はおよそ三時間半の
延々中央本線に乗ったまま東京方面に~
岡谷駅から諏訪湖のほとり下諏訪、上諏訪をすぎ長野県をすぎ
山梨県、甲府駅、山梨市、大月あたりにくるとだいぶ人は減っていて
のどかな電車といきたかったんですが、
ちょっとマナーの悪いお客さんがいて閉口
まぁそんなこんなで中央本線高尾駅で乗り換えて、
もうこの後は見慣れた都内をひたすら自宅最寄り駅へ~

観光地をまわる行とはことなり、
自然や人間模様など様々な風景をみたかんじ帰路でした

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 路上観察へ blogram投票ボタン

伊勢神宮内宮

2009年の夏休みにいった青春18きっぷ3日目その3。
三重県伊勢市伊勢神宮(正しくは単に「神宮」というそうですが)、
外宮(げくう)参拝のあと、バスに乗って内宮(ないくう)へ。

0809-135m.jpg
内宮入り口である宇治橋は2009年8月の時点では工事中でした。
でもすぐ隣に仮設された橋がかけられており、
清らかな五十鈴川の流れを見ることができます
0809-149.jpg
橋の工事風景、まるで儀式のようにリズムをとって
釘?杭を打ちつける木槌の音が響いているのはちょっとオモシロイです
0809-150m.jpg 0809-136m.jpg

宇治橋を渡り右手に進むと玉砂利の引き詰められた神苑。
0809-137m.jpg 0809-138m.jpg

御手洗場(みたらし)、一の鳥居をくぐって歩いていくと
五十鈴川の河原にでます。ここで体の穢れ(けがれ)を洗い落とすのだそうですが
この日は台風9号の大雨の影響で水かさがまして近くには寄れず。
0809-139m.jpg 0809-140m.jpg
緑に覆われた境内を神楽殿を超えて道成り進むと
0809-141m.jpg 0809-143m.jpg

日本神話の主神にして太陽神である女神、
三貴子(みはしらのうずのみこ)の天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る
内宮正宮(ないくうしょうぐう)に到着
0809-142.jpg
外宮正宮と同じように内部を撮影することはできず
基本的に参拝者は石段の下から撮影
これはこれで神々しい風景です
ちなみにこの日、偶然特別参拝がおこなわれており
貴重な儀式をみることができました。

正宮参拝後、人の流に身を任せ
荒祭宮(あらまつりのみや)、御池、歴史ある建造物を参拝
0809-146.jpg 0809-147m.jpg
0809-148m.jpg 0809-144m.jpg

なお外宮から内宮までは国道32号で数キロなので
ちょっと脚力に自身ある人は歩いていけなくもありませんが
この日は台風一過でほとんど雲のない晴天だったので
生命の危険を感じ(笑)バスで、バスも一時間に何本も
JR伊勢市駅、外宮内宮、近鉄線の最寄駅を回る路線があります
よく確認しないと大遠回りするハメになります
運転手さんによっては丁寧にしてくれる人もいますが
観光客みんなが聞いていると大変なのでよく調べましょうね..
ちょっと無理難題をぶつけていた観光客の姿を見たんで

伊勢神宮
http://www.isejingu.or.jp/


にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 路上観察へ blogram投票ボタン