fc2ブログ

飛ぶ鳥の飛鳥の里【3】

奈良県明日香村、飛鳥寺(アスカデラ)。
飛鳥寺
西暦588年蘇我馬子の発願により596年に創建された
日本最初の寺、法興寺、元興寺とも呼ばれたそうです(現在は「安居院」)
境内 干支
この寺には日本最古の大仏といわれる「飛鳥大仏」が本尊して祀られています
日本最古の大仏
高さ2.7メートル、建立当時は全身は金で覆われ目が蒼かったそうです
飛鳥大仏
寺の敷地からすぐ近くには蘇我入鹿の墓(首塚)と言われる五輪塔があります。
蘇我入鹿の墓
また、写真奥のイチョウの木との間で、中大兄皇子と中臣鎌足(藤原鎌足)が出会ったといわれています。

飛鳥寺周辺
かつては境内に塔があり、周囲数百メートルの敷地があったそうですが
現在の周辺は田畑と民家のなかでひっそりとしており、歴史の流れを感じさせます


明日香村公式ホームページ
http://www.asukamura.jp/

明日香村公式ホームページ|観光情報|
http://www.asukamura.jp/kanko.html

飛ぶ鳥の飛鳥の里【1】

奈良県明日香村、万葉の時代に都がおかれた飛鳥の里。
近鉄飛鳥駅のこじんまりとした小さな駅をおりて駅前で自転車を借りて散策
飛鳥駅
この日は天気もよく、休日ということもありすれ違う自転車を乗っている人は
ほとんど駅前にある数軒あるレンタサイクルの自転車にのった観光客ばかり。かなり不思議な光景です。
この記事では飛鳥路でみることのできる謎の石を中心に紹介
欽明天皇陵 猿石の場所
こちらは欽明天皇陵、その近くには「猿石」があります
猿石 猿石2
最初場所がわからず、通り過ぎてしまいました。とくに左側の写真の
猿石が有名ですが右側の写真のような石もあるんですね

こちらは鬼の俎板(まないた)、鬼の雪隠(せっちん)
鬼の俎板(まないた) 鬼の雪隠

巨大な「亀石」。亀・・・?
亀石

少し離れた場所にある「亀形石造物」(こちらは有料だったので近くまで寄らずパス)
右側謎の文様が刻まれた「酒船石」。
亀形石造物 酒船石
当時の人からみれば、何気なく作った、使っていたものなのかもしれませんが
どれもホントウに何に使われた石なんでしょう?と思いたくなります

明日香村公式ホームページ
http://www.asukamura.jp/

明日香村公式ホームページ|観光情報|
http://www.asukamura.jp/kanko.html