fc2ブログ

娑羅双樹の実

都内の寺院の境内にそびえていた一本の樹木、9月下旬にみかけると多くの小さな果実を確認
娑羅双樹の実01 娑羅双樹の実02
ブドウが一粒だけなったような姿、すぐ隣りに「娑羅双樹」(サラソウジュ)と書かれています
娑羅双樹の実03
平家物語」の冒頭の一文で聞き覚えのある樹木沙羅双樹にはこんな実がつくんですね


エゴノキの実ぷらり

雑木林に育った見上げるほどの高木
エゴノキの実01 エゴノキの実02
枝先にぷらりと無数の球体の実がついています。果実の形状からエゴノキですね
エゴノキの実03
見た目サクランボのようで美味しそうにもみえなくありませんが果皮にエゴサポニンという有毒物質が含まれているそうで、誤飲したりすると胃の粘膜をやられるという話も


これは実かな

6月中旬の花壇、緑色の小さな果実のようなものを発見
これ実かな01
めしべが一本だけ残っていて導火線のついた爆弾、花火玉のようにもみえなくもありません
これ実かな02
ウツギの仲間の実にも似てますし、単なる花の跡なだけなのか、知っている人ならすぐにわかるのでしょうけど。なんだろうとか思っているくらいがちょうどよく

木の実食む野鳥

葉もなくなった冬枯れの街路樹、ただ丸っこい果実のようなものがぶら下がっています
木の実と野鳥01
そんな樹木の枝に一羽の野鳥、模様ははっきりとはわかりませんがヒヨドリでしょうか
木の実と野鳥02 木の実と野鳥03
都内ならどこにでもいる野鳥ですが、しばらく撮影しながら観察していると
木の実と野鳥04
木の実をつついて食べている模様、トリがつつくような気の実なので「美味しいのかな」
木の実と野鳥05
別の角度からの撮影では実を食んでいる様子よりもヒヨドリらしい体形が見て取れました


冬空とマユミの実

雲一つない空にポツポツとピンク色のモノを発見
冬空とマユミの実01 冬空とマユミの実02
紅梅の花が咲いているのかな?」と思い、よく見るとマユミの実たち
冬空とマユミの実03
秋についた果実たちがそのまま残っていたようで、じっくりみると萎びている実もありますが、寒くて色のすくない時期には映えるかも