fc2ブログ

倉吉の横綱琴櫻銅像

倉吉の町、観光案内所近くに建つ同市生まれの大相撲第53代横綱琴櫻をたたえる銅像
倉吉の琴桜像01
観光バスの駐車場もあることから観光客はまずこの像を見かけるのでしょうか
倉吉の琴桜像02 倉吉の琴桜像03
倉吉市名誉市民とされる琴櫻傑將氏、ちかくには第五十三代横綱琴櫻記念館もあります
倉吉の琴桜像04
力士として親方として活躍され土俵入りをかたどった凛々しい像、相撲ファンは興味深いかも

大正浪漫館と旧三宅家

岐阜県恵那市明智町の「日本大正村」、大正時代の町並みをぬけ高台に行く欧州風の庭園、
生垣にさわやかな緑色の屋根をした白亜の洋風建築の邸宅「大正浪漫館」にたどり着きます
大正浪漫館と旧三宅家01
内部は有料施設でヨーロッパの家具やオルゴールなどが展示、さらに明智町出身の
洋画家・山本芳翠の絵画も展示されており、名前の通り大正ロマンに浸れる場所です
大正浪漫館と旧三宅家04 大正浪漫館と旧三宅家05
その建物の前には2体の銅像、お相撲さんは大正村の議会議長・第44代横綱栃錦
(春日野清隆)、女性の方は初代大正村村長の高峰三枝子さん
大正浪漫館と旧三宅家02
どちらも大正村発展のため尽力を尽くした功績から立像。こんな方でしたっけ・・
さらに坂道をのぼると、大正琴の記念碑や民家のような建物がみえてきます
大正浪漫館と旧三宅家06 大正浪漫館と旧三宅家07
こちらは旧三宅家、江戸時代のころの母屋を残し明智町指定の文化財だそうです
大正浪漫館と旧三宅家03
昔の日本の農村には茅葺屋根の住宅があったのですが、こういう風景もいまじゃ大正村
ようなテーマパークでしかみることもなくなりましたね。ちなみに、さらに上には、明智光秀の
生誕の城といわれる明知城跡があるそうですがそこまでは時間の関係で行けず断念

日本大正村
http://nihon-taishomura.or.jp/

成田山新勝寺の豆まき2013

2013年2月3日、節分ということで日本各地で豆まきが行われましたが
有名どころのひとつでもある成田山新勝寺の節分会(豆まき)を見に行ってきました
成田山新勝寺の豆まき15 成田山新勝寺の豆まき16
晴れに恵まれた日曜日ということ午前10時で成田山への参道には多くの人。
ちなみに普段は空席の目立つ自分が乗った成田線の列車は終始満席状態でした
成田山新勝寺の豆まき06
さて新勝寺境内にたどり着くとすでにものすごい人
成田山新勝寺の豆まき07 成田山新勝寺の豆まき14
本堂が立ち入り禁止になる前に豆撒き会場を撮影しましたがものすごい群衆です
成田山新勝寺の豆まき05
この光景を豆まきする人たちはみるんですね。ちょっと豆まきする人の視線が体験できました
成田山新勝寺の豆まき10 成田山新勝寺の豆まき11
さて本堂が閉鎖されていよいよ豆まき実施が近づくとさらに見物客が増えてきました。
すでに交通規制のためのカラーコーンや張っていたロープは意味がなくなってしまってます
成田山新勝寺の豆まき04
いよいよ豆撒きをする年男、今年の大河ドラマ「八重の桜」のキャストや横綱などの力士など著名人が登場
成田山新勝寺の豆まき01
・・・どうにか大きな力士の方は見えますが、自分の場所からじゃ、まるで見えません
成田山新勝寺の豆まき08 成田山新勝寺の豆まき09
大河ドラマの出演者、綾瀬はるかさんなんてかけらも見えませんでした
成田山新勝寺の豆まき02
豆がまかれ始めるとさらに人だかりは混乱状態。
成田山新勝寺の豆まき03
カメラ撮影したい人、豆を取りたい人でメチャクチャです
成田山新勝寺の豆まき13 成田山新勝寺の豆まき12
豆撒きが終わると一斉にみなさん移動はするのですが、
あの量が移動するにはかなりの時間がかかるようで境内にはまだ多くの人が残っていました。
一応福豆も並ぶことでもらうことはできるのですが帰り際にみかけたら1時間以上の待ちだとか・・
すさまじい人の”パワー”を感じました

大本山成田山
http://www.naritasan.or.jp/

横網町公園の慰霊碑とネコ

墨田区横網公園(よこあみちょうこうえん)、「横網公園」(正式には”町”の字が
はいるようです)でもなく「横綱町」、「横綱」(よこづな)でもありません
この公園には東京大空襲の慰霊堂、慰霊碑などがあり、他とは異なる厳かな雰囲気の漂う公園です

そんな公園を散策中に見かけた「戦死者追悼」の石碑・・
慰霊塔のネコ
・・・ちょこんとネコがいる
ネコ
ふざけているわけではありませんが、あまりにも自然に座り込んだ姿、
撮影のためずいぶん近寄っても離れない姿に思わずシャッターを切ってしまいました
慰霊碑とネコ
別の石碑にカメラをむけるとこっちを見ています
なんともほほえましい光景といったところでしょうか

横網公園
http://www.tokyoireikyoukai.or.jp/