fc2ブログ

残雪と備後落合駅

芸備線木次線が交わる、広島県庄原市にある備後落合
残雪と備後落合駅01 残雪と備後落合駅02
訪れたのは2020年の2月(詳しい日付は伏せさせてもらいます)
残雪と備後落合駅03
はじめて訪れたのですがホームには残雪がありましたが例年ならもっとあるはず
残雪と備後落合駅05
かつては中国山地の鉄路、交通の要所として栄えた駅、山間部でありながら多くの線路があり最盛期に周辺には商店や旅館もあったそうですがいまは無人駅
残雪と備後落合駅04
自分が訪れた時にはちょうど昔、駅で働いていた男性がおり、当時の賑わいや駅名の成り行きなどを駅舎などで丁寧に説明してくれました
残雪と備後落合駅06
秘境駅、辺鄙な駅ですので利用客というとたいてい鉄道ファンや鉄道オタクといった好事家ばかり(という自分もその一人ですけど)再びこの場所に訪れるとき、この風景が残ること切に願いたく

秘境駅?塔のへつり駅

福島県下郷町の景勝地「塔のへつり」の最寄り駅、会津鉄道会津線の「塔のへつり」駅、これならなくてもいいくらいなほどあまりにも質素というか風情がある駅入り口
塔のへつり駅01
ホームに向かう途中は砂利道、逆光になってしまって申し訳ありませんが駅舎は写真に収めているだけの電車がつくだけの小さな小屋
塔のへつり駅02 塔のへつり駅03
それでも周辺の自然の空間全体がまるで駅舎のようにも感じてしまいます
塔のへつり駅04
周囲には商店や民家などはなくまさに秘境駅...と言いたいところなのですが、観光地、塔のへつりのため徒歩圏内には駐車場や土産物屋などがありそこそこ賑わいがあります
塔のへつり駅05 塔のへつり駅06
駅も普段は無人駅ですが観光シーズンには駅員がおり、自分が訪れた時もホームに数人の乗客がいました(なのでホームの写真は控えておきました

車窓からの北海道

2012年の北海道旅行は行きは空路で帰りは「普通列車乗り放題」の切符を使っての各停車の旅。
のんびりとした列車に揺られながらの静かに車窓を眺めながらの”移動”かと思ったのですが
道中移動に使った電車には地元の方もいるのですが、
夏休み中ということもあり自分と同じように大きな荷物をもった旅行者を多く見かけ、
乗り継ぎ時間がなかったり、乗客でギュウギュウ詰めの満員電車だったりとなかなかスリリングな旅路でした

さて、そんな旅行中みかけた風景。順番はバラバラですのでご了承を。
早朝に乗った列車の車窓から見えた光景、が深くあたりは全く何だかワカリマセン
車窓から04
とはいえの白と大地の緑しか見えない光景というのもなんだか幻想的です
車窓から06 車窓から09
山深い場所な森に囲まれた場所などがに包まれていると、
人間に発見されていない巨大な怪物や巨人、妖怪なんていうのがいても
おかしくないのではないかと荒唐無稽な妄想を抱いてしまいました
車窓から10 車窓から11
上の写真とは場所がだいぶ離れますが
こちらも北海道、道内の。知る人ぞ知る”秘境駅”「小幌
車窓から01
コチラのには見かけただけで数人の熱心な鉄道ファンの方がニコニコしながら下車していきました。
車窓から05
個人的にはこちらの個性的?な舎にビックリしてしまいましたけど・・

普通列車乗り放題なので下車は自由なので、乗換時間のある駅では駅をでて周囲を散策。
車窓から02
温泉地として有名な「長万部」駅。朝早いためほとんど人はいませんでしたが
駅から徒歩5~10分程度いくと海辺に到達しました。天気はあいにくですが「内浦湾」の風景
車窓から07 車窓から08
左写真は伊達、室蘭方面、右写真は函館方面(距離はありますけど)

こちらも途中でみかけた寝台特急
北海道から本州に向けての列車旅のスタイルのひとつです(たしかこの列車大阪方面までいくのかな?)
車窓から03
各駅停車をたんたんと乗り継ぐ電車の旅とは違いこういう電車で旅するのも良いのだろうナァ・・
と思いましたが、列車内から撮影している人がたくさん・・あんまりこっちと変わらない?

JR北海道- Hokkaido Railway Company
http://www.jrhokkaido.co.jp/

幻の駅・偕楽園駅

茨城県水戸市の「偕楽園」が「水戸の梅まつり」を開催している間だけ
毎年、臨時営業される常磐線・偕楽園駅
今年は2/20~3/22の土日休日のAM9:10-PM15:30まで営業。
偕楽園駅
その名の通り、梅の名所・偕楽園に隣接している常磐線下り列車のみが停車する駅、
ここから偕楽園をはじめとする常磐神社、茨城県立歴史館、千波湖などの観光地に訪れるのが便利です
常磐線
駅舎もなければ、プラットホームに階段だけ、
券売機もなく数人の駅員の人がウロウロ(って表現はひどいか)しています
入り口
前述したように水戸・高萩方面の下り列車しか停車しないので
土浦・上野方面に向かいたい場合は、いったん下り電車に乗り込んで
水戸駅までいってから、上り列車に乗らなくてはいけないということです

自分はこの日、茨城県のJR、私鉄(一部除く)が乗り降り自由の切符
「ひたち路パス」というの利用していたので料金は気にしなかったので
手間と待合時間と隣の水戸駅までの距離を考えてこの駅では乗降しなかったのですが、
この駅からの運賃について駅員さんに聞いたほうが良いかもしれません。
自分も「上野方面に行きたい」旨を話すと懇切丁寧に教えてくれましたし
もちろん電車到着時の忙しいときは対応もままならないのでご注意を
常磐線下り
一部の鉄道ファンの間では鉄道以外では到達困難、行くことが出来ず、
周りに民家もなく利用者の少ない駅を「秘境駅」なんて言うそうですが、
臨時営業する「偕楽園」駅は、期間中だけ営業、出現して
観光客が結構乗降するので「秘境」というにはちょっと違うでしょうか

」..「想」,,,英語にすると「Mirage Station」(ミラージュステーション),
「fantasy Station」(ファンタジーステーション)?!なんかゲームタイトルみたいな
かっこいいような?おざなりな名前・・と、くだらないことを考えてみる

「第114回水戸の梅まつり」2010年早春号
http://www.jreast.co.jp/tabidoki/chisanatabi/2010sp_mito.html

観光いばらき
http://www.ibarakiguide.jp/

偕楽園
http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html

鉄道の日記念きっぷの旅【飯田線】

鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」での
ぶらり途中下車の旅、いよいよこの旅の目的、飯田線
すでに豊橋~豊川~本長篠飯田線には乗車はしてきていますが、
ここから先、静岡県、長野県の天竜峡までのルートは
普通電車は2,3時間に一本というなんともローカルな路線
ただ、ここには山や川、風光明媚な山紫水明の地があり
秘境駅といわれる、まわりに民家のなくなった、駅しかない駅があることで
かねてより写真、鉄道ファンからは話題になっていた路線なのです

1011-057m_20091016054651.jpg
本長篠駅から再び飯田線に乗り込むと・・・案外、人がいる・・・もっと人少ないのかと思ったのに。
とはいえ、それなりに静かな車内、車窓には山野が広がり、それなりに満足していたのですが・・
本長篠駅から揺られること数分、静岡県浜松町、中部天竜駅に到着すると
ものすごい数の親子連れやお客が乗り込んできて、車内は一変
なんでも、ここ中部天竜駅構内にある「佐久間レールパーク」が2009年10月いっぱいで
18年の歴史を閉じるとのことで、土日休日しか営業していないために駆け込み観光でこの混雑に・・・
さぁもうここからは都会の電車以上に賑やかで、途中の駅ですれ違いのため5~10分の停車とあれば
皆、巨大なレンズのカメラを持ってホームに下りて写真を撮影したり、停車せずとも秘境駅として有名となった小和田(こわだ)、 金野(きんの)駅などでは車内を駆け回って撮影する人がいたりと騒がしく、あまりに熱心なファンの方々の前に食傷気味になり殆ど天竜峡までの風景撮影しませんでした
1011-059m.jpg 1011-060m.jpg

天竜峡駅に到着し乗り換え、飯田方面に。そこから、すぐ近くの時又(ときまた)駅ちかくにある旅館が今夜の宿(この近く数軒しかないから知っている人にはどこに宿泊したかわかってしまうでしょうけど)。
ここから見えた風景
1011-062.jpg
1011-063.jpg

1011-064m.jpg 1011-065m.jpg
ちなみに時又駅は改築中でこんな駅舎↓・・・人、これをコンテナといふ(苦笑
1011-061m.jpg
なお、宿について女将さんに騒がしかった飯田線の話をすると、他のお客さんも同じように「飯田線らしくない」といっていたとのことで、「また静かなときにきてください」とねぎらいの言葉をかけていただきました

翌日は朝から時又から飯田、辰野方面に。
1011-066.jpg
昨日みた天竜峡にかかる橋もまた違う雰囲気です
1011-067.jpg

さすがに早朝(といっても午前8,9時)だったため学生が多い・・
あれ?体育の日だったので休日じゃないのかな?
とはいえその学生たちも大半が飯田駅で降りて車内はしずかに。
1011-070.jpg

1011-068m.jpg 011-074m.jpg
1011-071m.jpg 1011-073m.jpg
飯田~岡谷、辰野方面に向かうとき左手、西側に見える八ヶ岳など中央アルプス、木曽山脈の山々
1011-072.jpg
1011-069m.jpg
なんて名前のトリかな?

全部が全部よかったとは言いがたかったですが、
思い出に残る飯田線の旅となりました。あともうすこし続きます
どうでもよい話ですが「飯田線」→「いい打線」、「飯田駅」→「いい唾液」に変換される

魅力発見・飯田線
http://www.green.dti.ne.jp/iida/