fc2ブログ

瑞龍寺の法堂と石廟

富山県高岡市にある国宝瑞龍寺、仏殿を抜けると境内一の建物、法堂(国宝)があります
瑞龍寺の法堂や石廟01
内部は一般に公開されている部分(正直どこまでがそうなのかわかりませんでしたが)
には瑞龍寺の模型や周辺のジオラマなどの資料が置かれておりお札なども販売
瑞龍寺の法堂や石廟04 瑞龍寺の法堂や石廟05
中央のうち人には2代目藩主前田利長公の位牌が安置され、天井には狩野安信による
四季折々の花々が描かれ、欄干には鳳凰の彫刻(写真では詳しく撮っていません
瑞龍寺の法堂や石廟06
法堂から禅堂、大庫裏などの建物へは回廊が続いており外にでる必要はありません
雪深い(このときはまったくありませんでしたけど)土地がらだからでしょうかね
瑞龍寺の法堂や石廟02 瑞龍寺の法堂や石廟03
さらに法堂と禅堂のあいだを抜けた場所には富山県指定の文化財、瑞龍寺石廟
瑞龍寺の法堂や石廟09
前田利長、利家公が奉られ、さらに利信公の命により『本能寺の変』で亡くなった
織田信長、信忠親子、側室正覚院を弔うための分骨廟が建てられています
瑞龍寺の法堂や石廟07 瑞龍寺の法堂や石廟08
いわゆるお墓ですけど石造建築で作られ装飾が施された御廟は初めて見ました
瑞龍寺の法堂や石廟10
奥にも歴史を感じさせるお墓が(こちらは普通のお墓ですけど月日を感じさせます)
国宝とされるだけあって、立派な寺院は一見の価値ありと思えました

瑞龍寺ホームページへようこそ
http://www.zuiryuji.jp/

鉄道の日記念きっぷの旅【本長篠】

「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」でのぶらり途中下車の旅、
豊橋、豊川と飯田線を乗り降りし、次に降り立ったのは本長篠
”長篠”といえば歴史に詳しい人はピンとくるとは思いますが
戦国時代織田信長・徳川家康連合軍と武田勝頼が戦った
「長篠の戦い」が有名ですが、本長篠駅は古戦場の少し東側、
おもな観光名所は駅の北にそびえる鳳来山、鳳来寺。
ただ鳳来寺は駅から徒歩で約1時間かかるという情報を得ていたので
次の電車がくるまでには往復できないことで、とりあえず駅舎をでて駅周辺を散策。

ただ駅周辺といっても商店街があるわけでもなく民家が立ち並び
一見するとごく普通の住宅街といった雰囲気、ところが駅からすこし外れると
山~空~川~と雄大な自然とご対面~
1011-042.jpg
1011-040m.jpg 1011-043m.jpg
駅から徒歩5分も行くと一級河川、宇連川(うれがわ)が流れています。
1011-044.jpg

1011-055m.jpg 1011-054m.jpg

道路は大きいので車の往来は激しいです(別所街道)散策するときは車にご注意を
1011-048m.jpg 1011-045m.jpg
橋の欄干にはこのあたりに住む”ブッポウソウ”と鳴く、コノハズクの装飾がほどこされています

宇連川に流れ込む、黄柳川に橋を渡ると、 
1011-046.jpg
駅からほんの10分も歩いてない場所なのに、駅があんなところに・・
ドラクエの竜王の城かい?!

黄柳橋を折り返して駅に戻ろうとすると、橋の脇に小さな階段を発見。
立ち入り禁止というわけではないようなので降りてみると・・
1011-053m.jpg 1011-050m.jpg
1011-049m.jpg 1011-047m.jpg
おぉー黄柳川の川面に下りることができました

1011-051.jpg
1011-052.jpg
とりあえず、危険な場所へは足を踏み入れないことを鉄則に、無理無茶をしないように、
降りてからぐるりとあたりを見渡し雄大な風景を撮影して再び地上へ

1011-056m.jpg
なお、自分が降りた階段、場所は全く問題がないところでしたが
この日先日(09/10/08,9)上陸した大型の台風18号の影響で
木々が散乱して入る人を拒むような階段もありましたので探訪する際は十分注意が必要です。

さて、豊橋から本長篠までは飯田線も一時間に一本くらいの割合で
電車があるのですが、ここから飯田、天竜峡方面は普通列車は
およそ2時間に一本の割合で運行される、のどかな飯田線の真骨頂ともいうべき場所
さてどんな旅になったかは次回に続きます


新城市観光協会
http://shinshirokankou.com/