fc2ブログ

堤防のユリカモメたち

荒川のちかくを散策中、護岸堤防になにやら無数の鳥のようなものが集まっているのを発見
堤防のユリカモメたち01 堤防のユリカモメたち02
近寄ってみると無数の野鳥たちが集まっています。その数・・・100羽以上いるかな
堤防のユリカモメたち03
大半が海鳥ユリカモメのようです、よく見ると違う種類の鳥もいなくはないですけど
堤防のユリカモメたち04
海からはだいぶ離れている場所ですが、このあたりも行動範囲なのかな
堤防のユリカモメたち05 堤防のユリカモメたち06
撮影した頃はまだ頭の黒い冬の模様をしたトリたちもいました、案外まちまちなんですね
堤防のユリカモメたち07
時折ケンカのようなことをしているコもいましたけど、仲間たちと休憩中ってところでしょうか

秋晴れの荒川土手

休日の「敬老の日」、荒川土手をウォーキングしていると抜けるような青空
秋晴れの荒川土手01
9月20日は「空の日」でもあったそうでその名にたがわぬ広がる秋晴れ
秋晴れの荒川土手02 秋晴れの荒川土手03
雲一つないため空だけを撮影してみると青一色、ちょっと濃淡があるのも風情が



秋の日の夕暮れ

場所を示すものはありませんが、荒川の土手。建物からどの辺かわかってしまいますかね
秋の日の夕暮れ01
澄み切った秋空のもと夕暮れが誓ったのでそのままカメラを構えてみました
秋の日の夕暮れ02 秋の日の夕暮れ03
徐々に暮れていく太陽、夜のとばりが訪れる黄昏の時間
秋の日の夕暮れ04
夕闇に町並みがすっかり暗くなる。毎日訪れる日暮れだけどやっぱりみているだけでも荘厳な気分になります

夕日に背をむけるユリカモメ達

夕暮れ間近の荒川の土手、遊歩道の看板には海鳥?のユリカモメがずらりと並んでいました
西日とユリカモメたち01
どこにでもいる野鳥ハトでさえ絵になる(失礼)場所にこんな鳥いたらいっそう撮影したくなるもの
西日とユリカモメ04 西日とユリカモメ05
白くてぷっくりとした身体に羽根に灰色の模様、赤いくちばしが愛らしいユリカモメたち
西日とユリカモメたち02
海、東京湾からはだいぶ遠い気がしますが鳥たちにとっては近いものなんでしょうね
西日とユリカモメ06 西日とユリカモメ07
それにしてもみんな太陽の方は向かず同じ方向を向いて行儀よく並んでいます
西日とユリカモメたち03
ちなみに奥の手すりにも別の集団がやっぱりおんなじ方向を向いていました。別記事の鳩たちとは違って西日が嫌いなのかな?単にまぶしいだけってのもあるだろうけど


西日にたたずむハトたち

荒川の土手、路上をみると別に珍しい野鳥でもありませんがハトたちがたたずんでいます
西日にたたずむハトたち01
それぞれ違う模様のハト、ニンゲン目線で見ると仲良く夕日でもみて何かしゃべっているような
西日にたたずむハトたち02 西日にたたずむハトたち03
撮影していると奥に一羽増えました。ほかのハトがいるから集まってきたのでしょうけど、右はじにいた一羽は気にしているようですが手前二羽が無関心な様子に鳩にも性格があるのかな?