fc2ブログ

黄昏時の有馬温泉散策

11月の関西方面旅行に訪れた兵庫県神戸市の有馬温泉
到着したのは日暮れ前でしたが、秋の日はつるべ落としということであっという間に日が暮れてしまい。
歴史ある温泉街を観光する、というのもままなりませんでしたが、わずかながら撮影したので紹介
有馬温泉1
ちょうどこの時期は有馬温泉付近は木々の色も赤や黄色に色づき紅葉真っ盛りでした。
特に電車(神戸電鉄有馬線)で有馬口から有馬温泉までの間はとても見事でした

いまさらながら有馬温泉郷は「日本書紀」にも記録されるほど歴史が深く、
道後、白浜とならぶ日本最古の名湯のひとつです
また温泉の湯が鉄分と塩分の多く茶褐色、黄金色の”金泉”と
炭酸成分を含む透明な”銀泉”の2種類があることでも有名です
有馬温泉5 有馬温泉6
こちらは念仏寺の前の「ねがいの庭」・・・フラッシュを焚いたためちょっとアレなかんじです
銅像の人物は有馬温泉郷の恩人行基、すぐ隣に三羽のカラスの銅像もあったそうですが暗闇で気が付きませんでした

バス停や少し坂道を下ると神戸電鉄の有馬温泉駅がある有馬温泉街の拠点、太閤橋。
有馬温泉3
その名の通り、太閤秀吉、豊臣秀吉に由来する橋で、
天下統一への足固めを行っていた天正11(1583)年に秀吉は有馬に初めて訪れたことが記録されており
その後もねねとともに何度も訪れて、戦乱の世で廃れていた温泉郷に援助を行ったそうです

こちらは有馬最古の寺院、有馬山温泉寺(ありまさんおんせんじ)のライトアップ
有馬温泉7 有馬温泉4
写真ではうまく撮影できていませんが夕闇に幻想的に照らし出された寺院はとてもすばらしかったのです

こちらは駅近くの噴水のイルミネーション。
有馬温泉2
ちなみに宿泊した宿でも有馬温泉名物の”金泉”でした

有馬温泉観光協会公式サイト
http://www.arima-onsen.com/

大阪城公園の豊国神社

2011年11月中旬に訪れた大阪城大阪城公園の一角、豊国神社(豊國神社:ほうこくじんじゃ)。
豊国神社2 豊国神社1
大阪城の桜門方面から境内にはいるとまず目に入るのが巨大な豊臣秀吉公の銅像。
豊国神社6
史料をもとに細部まで再現されているそうですが、光の関係で上手く撮影できてなくてスミマセン
豊国神社4 豊国神社3
こちらの神社は太閤秀吉を初め豊臣家秀頼、秀長を祀っています。
農民から天下を治めた立身出世の物語から出世開運のご利益があるそうで、
日曜日の午前中でしたが参拝されている方を見かけました
・・・この神社からすれば出世して最終的には天下人よりも神様になったんですかね
豊国神社5
ちなみに公式サイトで縁起、由緒を確認してみると創建は明治時代だそうです。
日本各地にある豊臣秀吉を祀る豊国神社(ほうこくじんじゃとよくにじんじゃ)の
名をもつ神社の中でも、意外や本場?大阪なのに新しい方のようですね


出世開運の神様 豊國神社
http://www.apsara.ne.jp/houkoku/

秋の大阪城

2011年11月中旬に訪れた大阪城
大阪城2 大阪城3
大阪には何度か行っていたのですが、ちゃんと市内、および近郊、府内を
観光していなかったので、今回は定番な場所を観光したいと思い、まず訪れてみました
大阪城9
こちらが、いわずとしれた大阪のシンボルのひとつ、天下の名城、大阪城
織田信長の死後、天下統一を果たした豊臣秀吉によって建てられた城。

天気のよい日曜日の朝だったので、開門前からすでに十数人ほどならんでいました
大阪城5 大阪城6
開門と同時に入場し、道なりにすすみ城内にはいると内部は
鉄筋コンクリートでエレベーター、照明完備の現代的な建造物。
お城というよりは博物館といった感じです。歴史的なものを期待していたので少々拍子抜けです

警備員に誘導されるがままエレベーターに乗り、階段を登って天守閣に、
天守閣から展望台に出ると、そこには大阪市内が一望できる大パノラマが広がっていました
大阪城11
現在では近代的なビルが立ち並ぶ大阪のまち。
大阪城13
お城自体も数度の改築工事で戦国時代の面影はまったくありませんが、
この高さからの眺めは太閤・豊臣秀吉を初め歴代の城主は眺めていたのでしょうかネ
(秀吉の生きていたころの天守の高さは定かではありませんけど)
大阪城7 大阪城8
ちょうどお堀周辺に広がる木々の葉っぱも紅葉しており見ごろを迎えていました(別記事で紹介)
大阪城12
屋上の展望台から下へは基本的に階段でおりて、城内を見学できます。

城内には豊臣秀吉の生涯、大阪夏の陣の様子などを映像と資料で紹介しており、
歴史的な文化財、史料などが展示してある3、4階は撮影禁止になっています
大阪城10
こちらは撮影可能な2階に展示されている伏虎と鯱(しゃちほこ)。
等身大レプリカだそうですが、巨大で黄金色しており迫力があります
大阪城4 大阪城1
城自体はほとんど近世の工事で歴史をしのばせるものはありませんが、
近年でも敷地内では地下から古い石垣や建造物がみつかるなど
歴史を感じさせる史跡などが点在しています(写真右「残念石」

ちなみに城内見物中、後ろにいた見物客の方が「近代的ね~」「どこのお城もこんなもんだよ」という
会話をされていましたが、イヤイヤこんなに整備されているお城はそうそうありません


大阪城天守閣ホームページ
http://www.osakacastle.net/

【九州旅行】日本二十六聖人殉教地

夏休みを利用して訪れた長崎県長崎市、「日本二十六聖人殉教地」。
西坂公園
長崎駅からほどちかくの坂の上にある西坂公園にある史跡。
公園までたどりつくと、異国情緒ある教会が目に入ります
教会
坂、階段を上りきると「日本二十六聖人殉教地」の巨大な石碑が目に入ってきます。
日本二十六聖人殉教地
豊臣秀吉時代、禁教令によって捕らえられた26人のキリシタンが殉教した丘
殉教地 資料館
石碑の後ろには日本二十六聖人記念館があり、当時の遺物などが展示されているそうですが
時間がなく残念ながら見学はパスしてしまいました。