fc2ブログ

歩道の竹林

すぐ近くに首都高、大きな道路が走る都内の歩道
歩道の竹林01
都心というと無機質なビルばかりというイメージですが数十メートルの竹林
歩道の竹林05 歩道の竹林04
たしかに人間、ヒトの手によって植えられた人工の竹林たけばやし)ですけど
歩道の竹林03
ここまで立派に育っていると意外と風情があるとか思ったりします
歩道の竹林02
地面はツワブキの葉っぱ(かな?)に覆われていますけど、タケノコはあるかな

あいつニャにしてるニャ

河川敷の土手を歩いていると眼下の住宅街の道路に2匹のネコの姿
あいつ何してるニャ01 あいつ何してるニャ02
写真上、奥の一方はウロウロして写真下、手前のネコはどっしり香箱座り
あいつ何してるニャ03
ノラネコたちでしょうか?座ったままのが奥の見つめているように見えます
あいつ何してるニャ04
そのうち奥のコはすごすごとどこかに行くようですが、二匹の間にナワバリ争いとかあったのか?単に自然な光景だったのか?ちょっと妄想膨らみます


ニョキッ

道路の脇、雨水などを流す側溝、金属製の蓋から何やら顔を出しています
ニョキッ01
植物の葉っぱ?これだけでは具体的にどのような植物かは判別不明
ニョキッ02
とんがり具合からシュロの葉にも見えなくありませんけど、なぜにこんなところに生えてしまったのでしょうか?さすがに大木にはならなくてもここまで育った姿がなんとも愛らしく


どこ行くニャ

住宅地の大きな道を歩いていると何かの視線を感じあたりを見渡すとネコ一匹
どこ行くにゃ01
空き地のブロック塀に器用にちょこんと座ってこちらをじっと見ています。結構ヒトが行きかう道なのですが歩いてる人たちは気が付いてなさそう
どこ行くにゃ02
口元に黒い模様があり、口ひげでもあるようなりりしい顔立ち、まるで「ニンゲンたちはどこに行くんだろう」とか思っているかのような風格すらあるでした



道路わきの柿の木

田園風景広がる道路を歩いていると反対側の歩道にオレンジ色の実を付けた樹木を発見
道路わきの柿の木01
カメラでズームして撮影してみると柿の木です(肉眼ではおおよそ見分けはついたんですけど
道路わきの柿の木05 道路わきの柿の木06
秋の季節を代表する果物のひとつ、カキ。民家などで普通に庭木として植えられているけどあたりには家屋もなく、農園、果樹園という雰囲気もなく、これは自生しているもの?
道路わきの柿の木02
街路樹として植えられたようには思えないし誰かが育てているようにも見えませんでした
道路わきの柿の木03 道路わきの柿の木04
見かけた時はたくさんの果実をつけていましたけど、まだ熟してはいないのでしょうかね。写真で見る限りではまだ固そうです。こういう場所に育ったカキは自然の野鳥や動物たちのエサになるかなぁ