fc2ブログ

浅草酉の市二の酉2023

年の瀬の風物詩、浅草酉の市。2023年は新型コロナが5類に移行し3年ぶりに通常開催
浅草酉の市04 浅草酉の市05
ちょうど二の酉である11/23が勤労感謝の日、祝日で時間があり足を運んでみました
浅草酉の市01
何度も足を運んでいるので人出は尋常ではないほど出ることはおおよそ予想はついていたので
浅草酉の市06 浅草酉の市07
メインである鷲神社長國寺を反対側の沿道から撮影。参道がものすごいことに・・・
浅草酉の市02
あまたの提灯、たくさんの福を呼びこんでれそうな豪華な巨大な熊手、「うさぎ」の文字も
浅草酉の市09 浅草酉の市08
さすがに境内の熊手売り場はゆっくり撮影できるほどはなかったので写真は少ないです
浅草酉の市03
威勢の良い掛け声、にぎやかな独特の空間は写真では伝わりづらいですが雰囲気だけでも

浅草酉の市
https://torinoichi.jp/


浅草酉の市2016

台東区浅草鷲神社(おおとりじんじゃ)で行われる年の瀬の風物詩、酉の市
今年は11月23日、『勤労感謝の日』が「二の酉」で休日だったため、足を運んでみました
浅草酉の市01
浅草寺界隈から歩いていくと鷲神社付近にくると夕方4時ごろだったのですがすでに長蛇の列
浅草酉の市07 浅草酉の市06
となりの長國寺のほうにも行列ができており、どこが末尾なのやらさっぱり?自分はいつもの
ごとく「熊手を購入して奉納、参拝したりしない」ので裏手からまわって熊手の屋台を見物
浅草酉の市08 浅草酉の市09
今回、拝殿前を確認すると浅草 酉の寺、長國寺でも御朱印の記帳をしている光景を発見
なにも酉の市で人が大勢いる中でやらなくてもいいようにも感じますけど・・とか思ったり
浅草酉の市03
さて熊手売り場の屋台が立ち並ぶエリアに入ると人人人人・・・・・狭い通路にたくさんの人
浅草酉の市10 浅草酉の市11
大きな熊手を買われた人には威勢の良い掛け声と手拍子が聞こえて来たりとにぎやかです
浅草酉の市12 浅草酉の市13
例年聞くのは、はじめてきた人が右も左もわからず、地元・常連の知人に連れられて驚きと
あきれている会話、ましてこの「酉の市」が終わると、鷲神社長國寺も屋台も熊手も人出も
何事もなかったかのようにさっぱり消えてしまうというのですから、とにかく不思議な催事
浅草酉の市04
以前は商売をしているお店を経営している風の人が多かったのですが、ここ最近は案外
若い人も縁起物感覚で購入していくようです、なので可愛らしさをアピールしたような熊手
浅草酉の市14 浅草酉の市15
とくに来年2017年が「酉年」ということで熊手に「トリ」のキャラクターをあしらったものもよく
見かけました、オーソドックスに「ニワトリ」は縁起をかついだ「鶴」や招福の「フクロウ」とか
浅草酉の市02
また福を招く生き物として定着している「猫」の飾りをつけたクマデもあったり(なかには
てんこもりのものも)、お客さんのなかにも「ネコとトリが一緒のがあればなぁ」という声も
浅草酉の市05
ただ、あまりにリアルなニワトリをつけたちょっと不気味さもある熊手なんてのもありました
見つけた人は「あれどうするんだろう?」と口々に言っている始末。ご利益あるかな

浅草鷲神社
http://www.otorisama.or.jp/

浅草酉の市2015

2015/11/29に台東区千束の鷲神社で行われた「酉の市」、今年はちょうど日曜日が「三の酉
だったので足を運んでみました。上野方面から鷲神社長國寺近くまで来ると行列発見
浅草酉の市01
鷲神社おおとりじんじゃ)へ熊手を返して、拝殿でお参りを行おうとする人たちです
浅草酉の市07 浅草酉の市08
酉の市」は本来は「おとりさま」のほうなので、間違わないように立札をもったスタッフの人
浅草酉の市03
警備員、警察の人もいたりと一昔前よりはいくぶん整然としているのでしょうかね?
浅草酉の市09 浅草酉の市10
一番混雑する神社の鳥居前は止まって撮影できなかったので工夫しての写真
浅草酉の市02
熊手をおさめない人も境内に入って熊手を購入することができるので(自分は見物ですけど)
本殿脇のみちから熊手商店のたちならぶ境内に突入。すでに多くの人でいっぱい
浅草酉の市11 浅草酉の市12
なので立ち止まってデジカメやスマホを撮影していると邪魔・迷惑になるので端の方から
素早く撮影することに心がけていたので、ぶれていたりしている写真が多いのはご愛嬌で
浅草酉の市04
屋台には色とりどりの熊手が飾られており、その量と絢爛豪華な飾り付けにため息が出ます
浅草酉の市13 浅草酉の市14
それとともに下世話な話ですがおいくらするんだろうととお値段にも気になるところです。
でもちゃんと値札がついて縁起物としてリーズナブルな値段の熊手や飾り物もみかけます
浅草酉の市15 浅草酉の市16
どうにか人をかき分けて鷲神社の拝殿前に到着、でもここから参拝することはできないので
たくさんの参拝者の方を横切るようにして長國寺方面に向かうことになります
浅草酉の市05
普段はほとんど人がいない神社、寺院の間の小道なんてものの数分程度で行き来できる
のに、この日ばかりは決死の覚悟でいくのですから酉の市のパワーを感じます
浅草酉の市17 浅草酉の市18
散策していると時折威勢の良い掛け声で柏手を打ってくれる光景も見かけました
浅草酉の市19 浅草酉の市20
意外と長國寺の賽銭箱前は人はいなかったりしましたけど、このあとも続々と参拝者が
やってきていたので人のいなかったのも偶然ぐらいでタイミングだったんでしょうかね
浅草酉の市06
ちなみに帰り際にみかけたのですがすぐ近くの宅配便店に熊手を持った人が集まってました
浅草酉の市21 浅草酉の市22
覗いてみるとどうやら熊手を配送してくれるサービスのようです。かなり大きな熊手のようで
段ボールから持つ部分が突き出ているのもありますけど、こんなに凄い熊手は
どんな人が買っていくのでしょうかね~

浅草 鷲神社公式ホームページ - 「酉の市」起源発祥
http://www.otorisama.or.jp/



浅草酉の市「一の酉」

2013年11月3日は浅草酉の市の「一の酉」。浅草の年の瀬を彩る風物詩のひとつです
この日は別記事でも紹介した「東京時代まつり」が浅草寺周辺で行われていたので
そちらを見物してから祭りの行われている台東区千束鷲神社(おとりさま)と長国寺に
浅草酉の市一の酉008 浅草酉の市一の酉007
以前、夕刻すぎぐらいに行ってことがありましたが、この日はまだ日没前。
とはいえ、すでに境内には多くの「熊手」を売る屋台が立ち並び熊手を買う買い物客と
多くの参拝客、さらに撮影のカメラマン、見物客とで押すな押すなのごった返し
浅草酉の市一の酉002
狭い場所なのでゆっくり撮影できていないし、この混雑の中で撮影していると
迷惑にもなるので雰囲気が伝わる程度の写真なのでご了承願います
浅草酉の市一の酉009 浅草酉の市一の酉010
毎度思うのですが、普段このあたりはお世辞にもにぎわっているとは言い難い
静かな場所なので年末のこの時期になるとホントウに目を疑ってしまいます。
浅草酉の市一の酉003
浅草方面から国際通りを抜けてくるとこの時期以外は見落としてしちゃうくらいです
浅草酉の市一の酉015 浅草酉の市一の酉016
屋台に飾られる絢爛豪華な熊手たちにはすでに売約済みの貼り紙がしているものもあり
テレビなど活躍されている著名人さん、企業の名前なども見かけます。
浅草酉の市一の酉004
震災復興のチャリティーオークションのブースなどもあります
浅草酉の市一の酉001
上の方に飾られている巨大な熊手は相当なお値段なのでしょうけど、
下の方にはリーズナブルな熊手もありインテリア、アクセサリー感覚で購入する人も
浅草酉の市一の酉013 浅草酉の市一の酉014
熊手は縁起物を納めて装飾が多いのですが、中にはキティちゃんやキャラクターもの、
ネコなどかわいらしいものがあったりするなど多彩なバリエーションを見かけました
浅草酉の市一の酉006
それなりのサイズを買われているお客さんには売り子のみなさんが
威勢の良い大きな掛け声と手締めで絞めてくれる光景もそこかしこで見かけます
浅草酉の市一の酉011 浅草酉の市一の酉012
以外と若い人とかも多いので「商売されているのかな?」とかいろいろ思ったりします
見物や初めて熊手を買われる人はそのまま脇道あたりからでも入ってきますが
熊手を納めに来た参拝客を方は拝殿で向かうためお寺、神社の周辺道路をぐるりと並ぶ光景も
酉の市の定番といったところでしょうか。この列が時間にたつにつれて増大するのですから・・
浅草酉の市一の酉005
ちなみにこの日は警備をしている警察の方々のスピーカーを使っての誘導を聞いていると
今年話題になったDJポリスを彷彿させるような口調をしているように感じました
浅草酉の市一の酉017 浅草酉の市一の酉018
このあたりも2013年の「酉の市」の風景なのかな?

浅草鷲神社
http://www.otorisama.or.jp/
浅草 酉の寺・鷲在山長國寺
http://otorisama.jp/

金町葛西神社の「三の酉」

2011年11月26日、葛飾区金町葛西神社酉の市、「三の酉」の風景
葛西神社6 葛西神社7
今年は一の酉、ニの酉は見に行くことができませんでしたが、
三の酉は土曜日ということでせっかくなので金町葛西神社の「酉の市」を見物をしに行ってみました
葛西神社4
金町葛西神社はJR常磐線の金町駅から徒歩10~15分、江戸川方面に歩いていくと
黄色く色づいたイチョウの木が目に付く地域の小さな神社です
葛西神社8 葛西神社10
夕方に訪れたのですが鳥居をくぐると屋台が立ち並び、
神楽殿では祭囃子に合わせて奉納の舞が行われており見物している人もいます
葛西神社2
酉の市」で有名な台東区浅草鷲神社(おおとりじんじゃ)、長國寺ほど規模が大きいものではありませんが
商売繁盛、招福の熊手の屋台もでており、買われた方には威勢の良い掛け声がかけられていました
葛西神社11 葛西神社9
日暮れ時でしたが参拝客の方もおり、浅草に比べれば静かでのどかな、町の秋祭り。といった雰囲気です
葛西神社3
本殿の横にあったふくよかな「おかめ」のお面。ご利益ありそです
葛西神社5 葛西神社12
ちなみに境内にみごとに真っ黄色に色づいたイチョウは弥栄銀杏というそうで、
金町の地における度重なる水害にも耐えて成長した生命力のシンボルなのだそうです
葛西神社1
酉の市(とりのいち)が行われると、「もぉ年の瀬」「年末」なんだなと感じます



葛西神社公式サイト
http://homepage3.nifty.com/kasaijinja/