fc2ブログ

片隅の残り雪

都内に数センチのの降った日から数日後
片隅の残雪01
公園近くを歩いていると白い塊、残りを発見、日陰で気温も低いのでまだ残っていた模様
片隅の残雪03 片隅の残雪02
一見、ネコかイヌなど生き物がうずくまっているのか思うほどぽつねんとした姿


階段の残り雪

が降った数日後、とある日影の階段を歩いていると目の前に残雪の姿
階段の残り雪01
踊り場に残る。そのまま歩いていくと絶対滑りそうなちょっと怖さを感じた光景



残雪とツグミ

まだ残る公園芝生、一羽の野鳥の後ろ姿
残雪とツグミ01
大きさ、模様からツグミですね、冬にだけあえる野鳥さん
残雪とツグミ02 残雪とツグミ03
写真には残せませんでしたけど時折、残雪ある芝生をつついたりエサを探していた模様
残雪とツグミ04
鳥たちにとって雪はどう見えるのでしょう、ちょっと気になったりしもします


雪玉生まれる

東京のの降った日の朝、看板の支柱にちょこんと積もった
雪玉生まれる01 雪玉生まれる02
うまく積もって丸く大福もち、雪玉のような状態、自然が形成した妖精とか
雪玉生まれる03
昼間になってしまうとあっという間に溶けてしまうのでしょうね

心字池の鏡面世界

何度も訪れている日比谷公園、冬のとある日に心字池の近くを通ると吊されたの植木を含めて風景が鏡のように水面に映しこまれていました
心字池の鏡面世界01
逆さ富士などいった珍しい光景というほどではありませんがちょっと興味深く
心字池の鏡面世界02
それにしてもこの時は、『本格的なの降らない東京では装飾程度のつり』
心字池の鏡面世界03 心字池の鏡面世界04
と思っていましたが、1月初旬に都内としてはまとまったが降ったのでこの吊も活躍したのかな
心字池の鏡面世界05
ちなみに植木の下には光の加減でわかりづらくなってしまいましたが、カモなどの野鳥や池に住み着いたカメがいましたけど、彼らも鏡面世界の住人になってました