fc2ブログ

ヒドリガモ御一行

冬場、川沿いの歩道を散策していると川べりに数羽の野鳥たちを発見
ヒドリガモ御一行01
後日確認し頭が茶色く白い模様からヒドリガモという冬鳥として日本に飛来する鳥ですかね
ヒドリガモ御一行02 ヒドリガモ御一行03
別の模様をしているのはメスだと思われます。みんなツガイ?御夫婦といったところかな
ヒドリガモ御一行05 ヒドリガモ御一行04
ここでも一羽だけちょっと足を延ばしていますけど、おおむね、みなさん川のほうを見つめて
います。水面まではちょっと深さのある川だし、あのまま降りるつもりだったのか
ヒドリガモ御一行06
それにしても冬鳥といわれると、なんだか海外などからきた団体旅行で家族やってきた
観光客のみなさんを思い出してしまいました。どこ行こうか眺めている表情あたりにも

ツバメの住宅争奪戦

奥多摩駅ちかくの建物の軒先に数羽のツバメを発見したのでカメラを構えて観察。撮影は4月上旬
ツバメの住宅争奪戦04 ツバメの住宅争奪戦05
地域によって飛来が減少しているといわれる野鳥ツバメ「この辺りにもいるんだなぁ」
と眺めていると、どうもそんなのんきなことも言ってられないように慌しく飛び回っていました
ツバメの住宅争奪戦01
数羽がいったりきたりして一ところににとどまると追い立てるようにしたりと物々しさがあります
ツバメの住宅争奪戦06 ツバメの住宅争奪戦07
専門家ではないので見ている限り、まだ巣もなくどうも場所取りでもしているのでしょうかね
ツバメの住宅争奪戦02
人間にはどこでも同じように見える軒先でも自分たちの住みやすい場所で巣をつくるというのは
平穏で安全、安定感のある居住環境を確保するという意味でツバメにしても死活問題かも
ツバメの住宅争奪戦08 ツバメの住宅争奪戦09
でもどう考えても巣をドロやワラ、木の枝でつくるにしてもヘリが交わったてっぺんや不安定な
場所につくるのは困難なのではないのでしょうかね?ツバメではないのでわかりませんけど
ツバメの住宅争奪戦03
少し離れた建物でもどこに巣をつくろうかあたりを見まわしているツバメも見かけました。
とにかくよい場所に巣をつくって元気に子育てをしてほしいですね