fc2ブログ

ウマってる

柴又の公園でみかけた遊具、がウマッてる・・そういうダジャレで作ったのかなぁ
ウマってる01
ちなみに奥のライオンは自分のスマホカメラだとネコと判別されました

津軽の中里八幡宮

青森県五所川原を自転車で散策中にみかけた神社・・と思ったのですが改めて確認すると
正確な住所は北津軽郡中泊町(旧中里村)にあたる場所でみかけた「中里八幡宮
津軽の中里八幡宮01
道路に面した場所に鎮座していており歴史を感じる立派な木造の鳥居に目を引かれて参拝
津軽の中里八幡宮02
朱塗りの鳥居を複数くぐると正面に拝殿。両脇には狛犬以外にもなどが置かれています
津軽の中里八幡宮04 津軽の中里八幡宮05
とくに目を引いたのはこちらの鳥の石像。八幡宮なので鳩に由縁があるという話を
聞いたことがありますが、顔のあたりが剥げてしまいハトかもしれませんがフクロウにも?
津軽の中里八幡宮06 津軽の中里八幡宮07
参拝者もおらず、社務所などもありませんが、狛犬たちの前掛けなどから見てもわかるように
ちゃんと綺麗に掃除されており、神聖ですがすがしい気分になる境内でした
津軽の中里八幡宮03
後日知りましたが、すぐちかくの深郷田(ふこうだ)集落の人々が大切に守る地元の神社だそうで
「深郷田八幡宮」とも呼ばれていたそうです。こういう神社残ってほしいですね

午年なので馬事公苑

2014年は午年うまどし)ということで、都内で気軽にウマに出合えるといえば(?!)
世田谷区の「馬事公苑」(だけじゃないんですけど...)。なお撮影は2013年の年末
午年なので馬事公苑10 午年なので馬事公苑11
年末でしたがすでにお正月の門松や正月飾りなどが飾られていました
午年なので馬事公苑05
ちょうど苑内では実習生の方々でしょうか?メインアリーナで乗馬
練習をしており、ずらりとにまたがった姿は凛々しいものを感じました
午年なので馬事公苑07 午年なので馬事公苑06
となりの馬場でも一頭だけで、最初は緩めだったのを徐々に早めながら
走りの練習を行ってしました。それにしても正面からカメラでとらえると迫力あります
午年なので馬事公苑02
何度か訪れたことがある馬事公苑ですが、時間の関係でしょうか?
このような練習光景はみたことがなかったのでこの日は偶然でしたがラッキーでした
午年なので馬事公苑03
ほかにもビデオやカメラを構えている人、単に眺めている人など馬の走っている姿を
見に来てくる見物客の方は多いようです(たんなる近所の人が散歩にもきてますけど
午年なので馬事公苑08 午年なので馬事公苑09
こちらは馬舎。中に入ることはできませんが柵越しに馬たちの様子が観察できました
午年なので馬事公苑04
アリーナにいたサラブレッドとは違う品種のウマのようで、愛嬌ある姿をしたかわいらしいです
すぐ近くにも撮影しづらいところにいたのは見た目すぐにポニーとわかる子もいたのですが
午年なので馬事公苑15 午年なので馬事公苑14
ちなみに施設内には実際のウマいがいにも馬をかたどったモニュメントなどを見かけます
午年なので馬事公苑01
植木や水飲み場もウマの形。こんな標識もほかでは見ることはありませんね
午年なので馬事公苑13 午年なので馬事公苑12
春は桜の花でも有名な馬事公苑ですが冬の時期は茶色く色づいた
葉っぱがや葉っぱも残っていない枝でいささか寂しい気もしますが、
これはこれでまた風情があり、この中でもいろいろ見かけることができましたし

馬事公苑ホームページ - JRA
http://www.jra.go.jp/bajikouen/

松が谷の矢先稲荷神社

台東区浅草上野の中間くらいの台東区松が谷を12月半ばに散策していると
まだ真っ黄色なイチョウの木をみつけて近寄ってみると「矢先稲荷神社」という神社にたどり着きました
矢先稲荷神社01 矢先稲荷神社02
鳥居をくぐると一本だけですがみごとな銀杏の木が植えられています。
矢先稲荷神社07
それほど広くない境内には黄色い葉っぱが散乱。この時期掃いても掃いても落ちてくるのでしょう
端っこのほうにすでに集めたイチョウの葉っぱが袋詰めにされていました
矢先稲荷神社03 矢先稲荷神社04
自分は撮影目的で偶然立ち寄った場所でしたが、本殿前には熱心に参拝される方がいました

本殿脇には鎮座370年の幟(のぼり)が見えます。こちらの矢先神社は江戸時代、
徳川家光公が武道の練成のために江戸浅草のこの地に三十三間堂を建立。
矢先稲荷神社08
この三十三間堂では弓の射技練成が行われて武士や町人に人気がでていたとのこと、
その守護神として稲荷大明神を勧請した際の逸話が「矢先」の由来になったそうです
ただ後年、浅草の大火で焼失してしまい移転したそうです。それでも浅草三十三間堂があったとは意外です
矢先稲荷神社05 矢先稲荷神社06
また拝殿の格天井には「日本乗史」が奉納されてるそうで、入口には「公開中」の張り紙がありました
矢先稲荷神社09
本殿内部で撮影するのはマズイとおもったのでわかりづらいですが、天井に貴重な絵が飾られています
偶然立ち寄った神社でしたがその歴史の深さに大変驚かされました

矢先稲荷神社
http://www.asakusa7.jp/yasaki.html

【青春18きっぷの旅】金刀比羅宮の境内

期間限定でJR普通列車乗り放題の「青春18きっぷ」を利用して訪れた
四国・香川県仲多度郡琴平町の讃岐の金刀比羅宮(ことひらぐう)、こんぴらさま境内でみつけたモノ

境内では神事の際に使われる神として厩(うまや)が設けられており
実際のが飼育されていましたが、なかなかこちらを向いてくれません
馬 うま
参拝者のなかには、どうにか撮影しようとずっとそこを動かない人もいましたけど撮影できたのかな

の飼養小屋のすぐ近くには巨大なプロペラがありました。
巨大なプロペラ
海上交通の守り神として船の安全を図るためでしょうか?ちなみにこの日、
海上自衛隊の方々でしょうか?制服に身を包んだ青年達が参拝していました

こちらはウマの銅像(銅)。絵殿(絵馬堂)には宇宙船?いえ航海安全祈願のためにソーラー自動車(だったかな?)が奉納されています
ウマの銅像 宇宙船?
またゾウの銅像なんてのもありました
ゾウ

旭社の建物も横からみると、○に”金”の文字が描かれています
旭社の屋根 旭社 
さらによく見ると屋根の裏にもうずまき模様のようなものが描かれていました
文様


金刀比羅宮
http://www.konpira.or.jp