fc2ブログ

嵐の日に

2019年10月12日、関東地方を通過し各地に大きな被害をだした台風19号
嵐の日に01
この日、午前中は比較的風雨がそれほど強くなかったので食事ついでに最寄りちかくまで出かけた時にみかけた光景(撮影は安全を確保したうえで実施)
嵐の日に02 嵐の日に03
破損したビニル傘やどこからか飛んできた大道芸で使う黄色い細長い風船、養生テープで目張りしたラーメン屋さん...この時点ではまだのどかささえ感じる風景にも見えましたが見かけた場所に大きな被害がなかったことを願いたいです


山形の余目八幡神社

東北地方を旅行中、電車の乗り換え時間の合間に立ち寄った山形県新庄市の余目
余目の八幡神社01 余目の八幡神社02
から観光スポットらしい場所を探し、徒歩10~15分の場所に鎮座した「余目八幡神社
余目の八幡神社07
余目郷の総鎮守として養老三年(719年)に大分県の宇佐八幡宮より勧請された神社だそうです
余目の八幡神社08
その長い歴史の間にはこの地を治めた為政者が拠り所とするほど深く信仰されていた模様
余目の八幡神社05 余目の八幡神社06
特に目を引いたのは社殿に施された(失礼ですがおせじにも賑やかとは言い難い地方の町の小さな神社とは思えぬほど)立派な数々の彫刻、また狛犬の形もすこし独特が姿をしています
余目の八幡神社03 余目の八幡神社04
これらを含め現在は建物などが町指定文化財に指定されているそうで、秋祭りなども行われる地域の御社として大切に守られているようです

余目八幡神社
http://www.navishonai.jp/spot/18.html

横浜の「鉄道の日」イベント

10月14日は「鉄道の日」、横浜に行った帰りにに立ち寄るとイベントが開催されていました
横浜の鉄道の日イベント01
撮影したのは10月13日、横浜新市民ホールの一角に設けられていたブースには多くの人
横浜の鉄道の日イベント02
イベント参加者以外にも多くのを利用する人、買い物客がいたので邪魔にならぬように撮影は控えめに。また、方面に向かう途中の商業施設でも関東圏の各鉄道会社の物販が行われていました
横浜の鉄道の日イベント03
鉄道会社さんのブースには少なからず人もいたので一社ずつの写真はなし
かわりに鉄道会社さんとコラボした横浜の崎陽軒のお弁当の看板を撮影
横浜の鉄道の日イベント04
あとはプラレール、好きな方にはたまらないようでかじりついてみている方もいるくらい。こちらのイベント会場も近くなのでイベント参加の鉄道ファン以外にも多くの人がいたので写真は控えめ

ツバメの子、大きくなりました

まだサクラの花が咲いていた頃、ツバメが巣をつくって飛び回っていた近くの軒先
ツバメの子達01
5月下旬ごろに眺めてみたらずいぶん大きなツバメの子供のたちの姿をみかけました
ツバメの子達02
ノドのあたりが赤く、胸のあたりが白い模様もはっきりとしてちゃんとつばめ)らしい姿
ツバメの子達03
親鳥は飛び去ってしまったあとだったのですがしきりとキョロキョロとあたりを見まわしてます
いまにも飛び立てそうな雰囲気ですけど、この子達ももうすぐ巣立つのでしょうかね?

ベンチの下ニャ

とある、あまり人のいないプラットホーム、電車待ちのためベンチに座っているとどこからか
ネコの声が聞こえます。振り返ってみると、に隣接する駐輪場からネコが一匹やってきました
ベンチの下ニャ03 ベンチの下ニャ05
こちらをじっと見ていて、あまり人間を恐れていない様子。を利用する人になれている野良猫?と
思いつつ、カメラを取り出して撮影してみました。ただ、ここで疑問。このコは鳴いていないのに、
ネコの声はしています。辺りを見渡してもおらず、もしやと思い、座っている真下を覗き込むと
ベンチの下ニャ01
一匹のネコがいました。自分の方がビックリして思わずシャッターを切ったらドアップの写真に
ベンチの下ニャ04 ベンチの下ニャ06
いつからいたのかわかりませんけど、ベンチに人間が座った下で少なくとも数分は鳴いていた
ので、人を恐れないにもほどがあるというのでしょうか。カメラを向けてもすぐには逃げませんし
ベンチの下ニャ02
できれば2匹そろったところを狙いましたがやはり野生?の生き物、しばらくしたら走り去って
しまいました。できればもう少し撮影したかったのですけど、偶然の出会いに感謝