fc2ブログ

倉吉の大岳院

鳥取県の倉吉、白壁土蔵群から少し離れた場所に鎮座する古刹・大岳院(だいがくいん)
倉吉の大岳院01
1605年に創建された寺院、木造の山門から歴史を感じさせてくれます
倉吉の大岳院03 倉吉の大岳院04
本殿は改修したのでしょうか?新しい建物のようで古さは感じません
倉吉の大岳院02
このお寺には江戸時代の曲亭馬琴の小説「南総里見八犬伝」のモデルとなった里見安房守忠義公と八人の家臣の墓があります
倉吉の大岳院05 倉吉の大岳院06
千葉県の房総半島、安房の地から国替えを幕府から命ぜられ、はるばる鳥取・伯耆倉吉の地で最期をとげたと思うと感傷的になります。おや?ワンコ・・・神犬・八房(やつふさ)もいました


若桜駅と小鬼たち

鳥取県八頭郡若桜町にある若桜鉄道の終着駅、若桜駅(わかさえき)
若桜駅と小鬼たち01
前記事などでも紹介した智頭急行から鳥取に向かう途中にある若桜鉄道
若桜駅と小鬼たち02 若桜駅と小鬼たち03
こじんまりとした駅舎に立派な駅看板、いまではちょっと珍しくなった電話ボックス
若桜駅と小鬼たち04
すぐ近くには駅周辺の地図が設置されています。よく見てみると小さいたちの姿
若桜駅と小鬼たち05 若桜駅と小鬼たち06
若桜町には若桜鬼ヶ城があり、町内では『鬼っこまつり』というお祭りもあるそうなのでそれかな?ほかにも観光場所があるようで掲示されている史跡などがありましたが、時間の関係上めぐることはできませんでした

若桜鉄道株式会社
http://www.infosakyu.ne.jp/~wakatetu/


雪中雀

場所を示す特徴的なものはありませんが鳥取境港の町を散策中にみかけた風景
雪中雀03 雪中雀05
の降り積もった駐車場とその近くの道路に数羽の野鳥たちが飛び回っていました
雪中雀04
カメラを構えて撮影してみましたが、距離もありよく映っていませんが(暗くてスミマセン)
鳥取だから変わったトリということはありませんけどどこにでもいる野鳥、スズメです
雪中雀02 雪中雀06
とはいえ、この雪の降り積もった中をみんなで飛び回って遊んでいる?野生の動物
なのでそんなことはないとは思いますけど、エサでも探しているのかな
雪中雀01
実際(自分の写真じゃワカリヅライですけど)雪をくわえている雀も、うーん見ていて
冷たくないのでしょうかね?見慣れた野鳥もこういう光景みると興味深く

雪の境港の「おさかなロード」

鳥取県境港市、人気観光地「水木しげるロード」の先に行くと「おさかなロード」なる場所に到着
境港のおさかなロード01
数年前に訪れた時はなかったような気がしますが、新しくできたのかな?
境港のおさかなロード07 境港のおさかなロード05
海の幸豊富な境港を盛り上げるためか?水木しげるロードのように魚のオブジェが展示
境港のおさかなロード02
ゲゲゲの鬼太郎の漫画チックな銅像のあとにみるとなんともリアルな魚介類たち
境港のおさかなロード06 境港のおさかなロード04
ただ、いかんせんこの時、大の影響で観光客はおらずオブジェにはが積もっていました
境港のおさかなロード03
なかには完全にに埋もれてしまって何の銅像なのかわからないものも(ちなみこれは松葉カニ)
なんだかサカナの冷凍室にでもいるような気分でした。きっと晴れていれば人もいたかも

境港市観光協会
http://www.sakaiminato.net/


山陰本線の車窓から【餘部駅付近】

10月に訪れた島根県鳥取県、山陰方面の旅行。
観光も終わって帰る途中に利用したJR西日本山陰本線
旅に出る前に知ったのですが鳥取から豊岡を結ぶ快速「山陰海岸ジオライナー」という列車が
今年(2011年)から期間限定(?)で運行されている情報を得ていたので
停車にこだわるわけではないのでコチラを利用して鳥取を出発。

途中、難しい漢字の名を見かけたので思わず撮影してしまいました(餘部(あまるべ)というそうです)
餘部駅 入り江の町
その付近では日本海に面した入り江の町が鉄道、駅の下のほうに広がっている風景もみえます
思わず、不謹慎とは思いつつも東日本大震災で津波被害のあった東北地方を思い出してしまいました

個人的に車窓からの風景をなんでも撮影するというわけではありませんし、
地元の方にとってみれば、いつものごく当たり前の風景なので珍しがってはしゃいで撮影することは控えているのですが
日本海
それまで山野、森林に覆われていた風景から一転して高台から見えた日本海の光景は目が覚めるようです

かなり高い場所を列車が走っているおり、見渡せる日本海と入り組んだ地形。
西日本山陰本線
写真ではわかりづらいのですが日本海の水の色がとても綺麗です。
もっと鮮やかにコバルトブルーに染まった箇所もあったのですが、見とれているうちに通りすぎてしまいました
車窓から
ちなみに後日知ったのですが餘部駅(あまるべえき)は近畿の駅百選に数えられた駅で
知る人ぞ知る秘境駅のひとつにも数えられている駅なのだそうです

現在は駅は改築され、自分が通過したときは昔の面影はアリマセンでしたが
以前は秘境駅の名前にふさわしいひなびた雰囲気があり、餘部駅~鎧駅の
余部峡谷には日本最大級の鉄道橋梁、余部鉄橋が鉄道ファンの方には人気があったそうです
実際「餘部駅」に下車したわけではアリマセンのでこのくらいに・・